[0367-201411] ラギッドシューズに興味を持ったあなたへ。三交製靴を訪れる際に気をつけたい5つのこと。

[0367-201411] ラギッドシューズに興味を持ったあなたへ。三交製靴を訪れる際に気をつけたい5つのこと。

スポンサーリンク


今年の5月以来、半年振りに浅草の三交製靴を訪問しました。お願いしていた三足目のラギッドシューズの受け取りです。
三交製靴と、ラギッドシューズ(旧丸善マナスルシューズ)については、過去二回の内容をお読みください。
[0203-201405] 続けていくことの素晴らしさと苦悩。 – 三交製靴株式会社 ラギッドシューズ – | Life Style Image
[0206-201405] 私の二足のラギッドシューズ -三交製靴株式会社 ラギッドシューズ- | Life Style Image

私なりに考えた、より満足出来るためのポイント。


型押し牛革紳士ラギッドシューズ:黒 | 三交製靴楽天市場店 \20,520-
今回受け取った一足に関しては、後で写真をあげたいと思いますが、今回の訪問でも松田さんの人柄に触れた素敵な時間でした。
いつも色々言いまして申し訳ありません。
ありがたいことにこのブログを見て三交製靴に伺った方も実際にいらっしゃるようで、少しでもお役に立てたのであれば嬉しいです。
そんな中で、お話を伺いながら私なりに感じたこと(ポイント)をいくつか挙げてみたいと思います。
このあたりちょっと気に留めておいて頂けると、より三交製靴とラギッドシューズを楽しめる、満足出来るのではないかなぁ、と思います。

訪問時は予め電話かメールで連絡をしましょう。

三交製靴は実店舗はありません。販売は本サイトと楽天市場店の2店舗だけです。基本はネットで購入しましょう。
熟練の職人が手縫いで作り上げた、頑固な紳士靴ラギッドシューズ(旧マナスルシューズ) – ラギッドシューズ(マナスルシューズ) 三交製靴株式会社
【楽天市場】浅草の靴屋です、手縫いで靴を作り続けて90余年:三交製靴楽天市場店
とは言え、履いたことすらない靴をネットで買う、というのは合うかどうかの不安もありますし、雰囲気が気に入るかどうかという問題もあります。私も基本的にはおすすめしません。好みの分かれる靴です。
そのあたりは三交製靴の松田さんも充分に分かっていまして、実際に三交製靴まで来て下さるのは歓迎だそうです。

(左) 牛革プレーンタイプ紳士ラギッドシューズ:ブラウン | 三交製靴楽天市場店 \21,600-
(中) 牛革プレーンタイプ紳士ラギッドシューズ:黒 | 三交製靴楽天市場店 \21,600-
(右) 型押し牛革紳士ラギッドシューズ:黒 | 三交製靴楽天市場店 \20,520-
ただ、ここでポイント。
店舗ではなく、事務所兼工房です。
靴屋さんに求めるような接客を期待してはいけません。あ、松田さんは素敵な方で、大変楽しい時間を過ごせることは保証しますが、そういう意味ではなく、お店じゃありません、ということ。
なので、突然訪れるのではなく、あらかじめメールでも良いので訪問日時を相談しましょう。
松田さんとしては、せっかく来ていただいたのに、希望のモデルとサイズが用意出来ない場合があることを、大変気にされていました。予め連絡頂ければ、それに合わせて試し履きが出来るように準備も出来るかもしれません。

あくまで、2〜3万円の靴ということを忘れない。

私はこのブログで三交製靴を絶賛していますが、全ての方にお勧めできるか、満足できるか、と言われれば別です。
特に、革マニアであったり、傷しわ一つない綺麗な靴を望む方には、過度な期待をされないことをお勧めします。

牛革プレーンタイプ紳士ラギッドシューズ:ブラウン | 三交製靴楽天市場店 \21,600-
三交製靴のメインのお客さんは丸善時代に格安で、時としてセールで叩き売られた際に買った方です。あなたが靴マニアだとしたら、そもそも人種が違います(あなたが特殊)。
その方たちにとっては、2〜3万円でも高級靴であって、そもそもこの値段で手縫いでこれだけのものを提供していること自体が特殊です。

牛革プレーンタイプ紳士ラギッドシューズ:ブラウン | 三交製靴楽天市場店 \21,600-
高級靴のように、トラや血管、しわなどが出ないよう、革を厳選して裁断していたらこの値段ではできません。そういうコストはかけられません。なので、神経質な方や革ガー、とうるさい方はやめておいた方が無難です。
革が悪い訳ではなく、革ガー、という人の要求に応えられる訳ではないということです。
ちなみに、革を持ち込んでの注文も出来ませんので、そういう方は他の職人さんのところでお願いします。

オーダー靴ではありません。余計なデザイン希望をしないようにしましょう。


牛革のせモカタイプ紳士ラギッドシューズ:黒 | 三交製靴楽天市場店 \23,760-
靴好きはつい、あれ出来るか、こんなデザインで、とスペックマニアだったり面倒なことを言いがちです。
でも、改めて言います。あくまでマナスルシューズです。高くて3万円台で、職人さん一人がこつこつ地味に縫っています。
オーダー靴ではありませんから。カスタムメイドでもありません。
松田さんを困らせないで下さいね。

牛革プレーンタイプ紳士ラギッドシューズ:ブラウン | 三交製靴楽天市場店 \21,600-
なんて偉そうに言いながら、お前は注文しているじゃないか、と誤解を受けると申し訳ないので予め書いておくと、私がお願いしているのは、ウィズの変更です。
ウィズの変更は誰でも可能です。どうしても昔からある木型ですので、全体的に厚くてぽってりした、ボリュームのある靴です。
私のように幅は多少あっても足自体が薄かったり、甲が低い人だと、甲で合わせると標準の3Eだと長さが足りなくなると思います。
逆の方もいると思いますし、そういう場合は2Eや4Eの選択肢もありますよ、ということです。
ただ、標準展開している訳ではないので、いきなりネットで2Eを注文するのではなく、試し履きしたうえで判断しましょう。
その場合はそこから作るので、その場では手に入りません。
個人的には余程不自由しないかぎり、まずは3Eで試してみるのが良いのではないかと思います。

牛革プレーンタイプ紳士ラギッドシューズ:黒 | 三交製靴楽天市場店 \21,600-

昔履いていたあのマナスルシューズが欲しい、という時は。

場合によって可能です。ただ、その場合はその一足分だけ別途で作るので、その分追加料金がかかります。実際に今も以前丸善時代に出していた外羽根のストレートチップで注文される方が時々いらっしゃるそうです。
このあたりは都度、松田さんにご相談。
ただ、今、三交製靴として出しているデザインが、丸善時代もよく売れていたものだそうです。
木型も昭和からの、昔からの形なので、どうしてもぽってりしている分、今出ているものがデザインのバランスが取れているそうです。
まずは定番から履いてみて、気に入ってからそのあたりどうしても、ということであれは、その時で良いのではないでしょうか。

私も一足定番のペッカリー茶を履いて気に入った後で、ポスターにもあったショートブーツタイプをお願いしましたので。

常連ぶらない。知ったかをしない。

これは私自身が最も気を付けなければならないことなのですが、常連ぶらない、ということですね。親しき仲にも礼儀ありです。
ついつい何足も買ってしまうと、無意識に色々求めてしまったり、期待してしまったり、思った反応が返ってこないことに感情的になってしまうことがあると思います。
また、常連ぶった態度が、そんなつもりはなくとも滲み出てきてしまって、何となく他の人にとって不快なものになってしまうことがあると思います。
あ、別に今日、松田さんと喧嘩した、とか揉めたとか、そういうわけじゃないです。全く今まで通りです。
いや、だからこそ、そうなってしまわないように、気を付けなければいけないな、と浅草駅までの帰り道に感じたのです。

これからも細く長く続いてください。


こういう靴メーカーが、日本にはたくさんあったのだと思います。今も細々と続いているところもあるでしょう。
全国にもきっと私が知らないだけで、こうしたメーカーがあると思います。
けれどなかなか今の時代に続けていくことは難しい。
松田さんも、「食べていける程度に何とかやっていければいいんですよ。」と言われていましたが、それもなかなか大変なことです。
ちょっとした不具合にも誠実にすぐ対応されている松田さんを見ていると、こういうメーカーがこれからも続いていって欲しいし、私たち靴マニア、靴オタク(一緒にするなと言われそうですが。)がもしかしたら国内産業を潰しているんじゃないか、と思うこともしばし。
だから、このブログがよい意味で何らかのお役に立てたのであれば、嬉しいのですが。

表札の前に電灯と自販機が出来てしまって、よく見ないとここが三交製靴だと分からないことが悩みでしたが、あまりに迷ってしまう方がいるようで、最近になってドアにちゃんと「三交製靴」と付けたそうです。
こんな地味な改善もまた、三交製靴。
熟練の職人が手縫いで作り上げた、頑固な紳士靴ラギッドシューズ(旧マナスルシューズ) – ラギッドシューズ(マナスルシューズ) 三交製靴株式会社

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。