[0521-201501] 一番手にはなれないけれど、靴好きなら一足は持っておきたい黒スエード。REGAL W12BCFは、国内大手REGALが出すから面白い。

[0521-201501] 一番手にはなれないけれど、靴好きなら一足は持っておきたい黒スエード。REGAL W12BCFは、国内大手REGALが出すから面白い。

スポンサーリンク

出たときから、気にはなっていたんです。
最近のREGAL SHOES専売モデルは既にお気に入りのW10BDJのように、面白くて、靴好きがグッとくる地味な本気モデルを時々出してくれるのです。
[0459-201412] Shoe*さんの2014年のThe Best BuyはREGAL W10BDJ。私にとってもこの靴はREGALの実力を再認識した一足です。
そんな今回のモデル、W12BCF。スエードのストレートチップは、思わず手を出してしまった素晴らしいモデルです。
W12BCF【REGAL SHOES ORIGINAL】リーガル スエードを甲革に使用した革底ストレートチップ: REGAL(紳)| シューズ・ストリート(靴・通販)

一番手にはなれないけれど、一足は持っておきたい靴。それがスエード。

一足あると非常に便利でありながら、ちょっとした誤解と、決してメインにはなれないので後回しにされたまま買わずじまいに終わる、お洒落靴の代名詞、スエード。
また、靴好きかどうか、足元を意識しているかどうかがハッキリ分かる靴でもあります。
それは、本来水や汚れに強いはずのこの素材。生かすも殺すも、毛並みの扱いに関わっているからです。
お手入れの基本中の基本である、ブラッシングをちゃんと行っているか、また、タブーであるつま先を持っていないか、それが毛並みの、表面の汚れ方に見事に現れてしまうからです。
[0386-201412] 革靴のつま先を持つあなたへ。赤ちゃんを抱っこするとき、頭を掴んで持ち上げますか?

その品の良さから、ケアの差まで、全てに関わるのが毛並み。

0521-201501_REGAL_W12BCF_02
スエードは起毛しています。毛が寝ていない限り、ちょっと水がかかろうが、汚れが付こうが、意外と影響を受けません。それは、散々弱いと思われているにも関わらず、なぜアウトドア用のブーツなどに積極的にスエード(もしくはヌバック)が使われるのかを思い出して頂けると分かるかと。
基本的な靴の扱い方をしている限り、かえって日頃のケアが簡単で、下手な革より丈夫で強く、品もある。それがスエードです。
では何故汚れが付きやすいのか。毛が押しつぶされてしまっているからです。つま先を中心に、ベタベタ触る。特につま先を持てば他の部分以上に指先に力が加わります。毛が押しつぶされてしまえば、表面が柔らかいので簡単に皮脂や汚れが付いてしまいます。
そもそも靴自体本来はベタベタ触るものではないのですが、普段靴のことなんて意識しないので、無意識に触ります。お店で汚れたスエードが多いのはそれが原因です。
だから、マメにブラシをして、毛を立たせてあげる。毛を元気にしてあげる。基本的なケアがこれほど効果的な素材は他にありません。
[0446-201412] クリスマス直前。贈るならシューケアセットではなく、上等なブラシ一本渡して、ブラシかけとけ、で充分です。

黒スエードこそストレートチップで履きたい。


その品の良さと温かく柔らかい印象、まさに紳士靴のスタンダード、ストレートチップでこそ履きたいと思います。
私、最近は靴も整理していて、ほぼ三交製靴のラギッドシューズとVibram fivefingersで完結してしまっていますが、それでもストレートチップだけは別。何足でも揃えてしまいます。
[0496-201501] 三交製靴ラギッドシューズとvibram fivefingers。今年はこれでいこうかと。
いや、だからこそ、ストレートチップのみにこだわりたいのかもしれません。正直ストレートチップだけでも奥が深すぎてまだまだ道のりは長いです。
[0178-201404] 靴屋だった以前に靴好きの私が新社会人のあなたにそれでもストレートチップを二足目として薦める理由。

直球で出してきてくれるところが素晴らしい。

0521-201501_REGAL_W12BCF_10
こういう靴を、スタンダードでひねらずに直球で出してきてくれるところがREGALの強さだと思います。
黒のスエードストレートチップなんて、クラシックなフォルムがまさに欲しいんです。変にデザインや機能に凝らなくて良いんです。凝ると大抵外します。
この辺りはW10BDJと同じです。
[0272-201407] 定番にはなれないのだけれど、時折見せるリーガルのこんな本気が嬉しい。 – REGAL W10BDJ | Life Style Image
涙出そうですよ、本気で。これはダークブラウンも欲しい。揃えたい。それだけで完結しそうな勢いです。
W10B同様、細く長く地味に続けて欲しいモデルです。
0521-201501_REGAL_W12BCF_07
[0522-201501] 主張し過ぎず、靴単体では目立たないけれど、履き主の魅力をじんわり出してくれる。そんなREGALの黒スエードのストチW12BCFについて改めて書いてみようと思う。
W12BCF【REGAL SHOES ORIGINAL】リーガル スエードを甲革に使用した革底ストレートチップ: REGAL(紳)| シューズ・ストリート(靴・通販)

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。