[0863-201507] 普段このブログでは取り上げないけれど、一般的には何故か必需品と思われている2つのお手入れ用品。でも実は梅雨時のカビ対策には強い味方だよ。

[0863-201507] 普段このブログでは取り上げないけれど、一般的には何故か必需品と思われている2つのお手入れ用品。でも実は梅雨時のカビ対策には強い味方だよ。

スポンサーリンク

梅雨ですね。ホント梅雨。この時期革靴好きに限らず嫌なのがカビです。革靴好きには天敵。
PAK96_suieiboudanshi20140726500
なんて言いつつ、私ここ5年以上、カビに全く悩まされていないので、あまり共感できなくてごめんなさい。
何かコツや秘密がある訳ではなく、単に運が良かっただけです。
そんなこともあって、このブログでは革靴とカビについては全くと言ってよいほど書いてきませんでしたが、結構切実な問題だと思いますので、これからは時々書いてみたいな、と思います。

いきなり結論。確実な対策方法はありません。

OK76_iphone6hikusugi20141221141320500
正直、カビの絶対的な対策方法は無いと思います。いや、あっても多分それ面倒か面白くないかで普及しません
ただ、実は当ブログ的には「違った」用途で定番品として受け入れられている2つのお手入れ用品が結構この時期役に立ちますので、ちょっと珍しくこの2つを取り上げてみたいと思います。
ちなみにお手入れ好きな方には今更な話なので、この時点で読むのやめても特に影響はありません。
ということで、今回挙げたい2つの一般的なお手入れの定番品。それは「ミンクオイル」と「チューブ型クリーナー」です。

何故か靴のお手入れといえばこれだと思われている「ミンクオイル」

お店にいた頃、お手入れ全くやったことの無い若者から、何故か仕事で忙しいからと夫の靴を買いに越させられた奥様まで、一様に思い込んでいるお手入れ、クリームの定番。それがミンクオイルです。


ミンクオイル、皆さん好きですね。なんかケア用品コーナーの前で固まってるかと思ったら、必ず最初に手に取るのがミンクオイルです。
ブーツでもない限り、通常の革靴ではミンクオイルは普段のお手入れには使いません。
けれど。

ミンクオイルを水の侵入口に最もなりやすいつま先周りの縫い目に多めに塗り込む。

この時期だとこれが結構使えます。もし以前に間違って買っちゃって、使う機会もなく残っていたら、雨のこの時期はマメに綿棒か何かで靴底と上の革の合わさっている部分(コバ周りや縫い目付近)に少し多めに塗り込んでおくんです。
slooProImg_20140523084751.jpg
普段からお手入れの際にも埃が溜まりやすいので毎回ブラシを特に念入りにしておきましょうね、とお伝えしているこのコバ周りと縫い目。雨がまず染み込んでくるとしたら、大抵ここからです。


撥水スプレーをマメにかけていても、この隙間部分にまで撥水の成分が届いていないことが多いんです。あとは届いていても最も水の圧力のかかるところなので、ちょっとした撥水効果なんて突破して侵入します。これをミンクオイルである程度までは防げます。
特につま先周りが浸水しやすいので、この辺りで気になるところはコバ周りの縫い目に限らず少し擦り込んでおきましょう。
ただし、幾らミンクオイルが良いと言っても靴全体に塗り込むと後でベトついたり面倒ですので、靴全体には撥水スプレーを頼ってくださいね。

[0233-201406] 梅雨と言えば防水スプレー、革は水に弱いから防水スプレー、に思うこと。

靴磨きといえばチューブのクリーナーだろ、というあなたへ。

普段の靴磨きにチューブ型のクリーナーは一切要りませんが、このカビの季節には活躍してくれます。


単純に古いクリームや汚れを落とすだけでなく、中には防カビ剤が含まれているモノも結構あるんです。それを有効に使いましょう。濡れてしまった靴を一通り汚れを拭った後に、敢えてこのクリーナーで全体の汚れを落としてしまうんです。
落とすこと以上に、クリーナーに含まれている防カビ成分にも頼るようなイメージです。
もちろんすべてのクリーナーに含まれているわけではないので、一応確認だけはしておきましょう。
とはいえ、このクリーナー、靴の長期保管をする際にも便利です。しまう前に靴全体をクリーナーですべてクリームなどを落としてしまうんです。その状態で保管。古いクリームなどが靴を痛めてしまうこともありますので、一度落としてしまうんです。スッピンの状態にしてしまう。結構効果的です。
また、この時にも含まれている防カビ成分が役に立ってくれるかもしれません。

たくさん靴を持っている人のところには隙を突いて、少ない人のところには当たり前のような顔してやってきます。

shinbashi-itaria20140921192652500
カビについては一回で書ききれることではないので、今回はミンクオイルとクリーナーに絞って書いてみましたが、結局一番大切なことは、自分の靴を常に意識してあげられるかどうか、ということかな、と思います。
カビって幾ら環境が良い状態で保管しているつもりでもいきなり発生しているんです。でもそういう時って振り返ってみるとここ少しの間、この靴見てなかったな、履いてなかったな、ということが多い。
これは靴好きに多い傾向です。
反対に靴に興味がない人の場合、そもそも汚れすら落としていないことが多いんですね。とりあえず新聞紙だーと中途半端に新聞紙を突っ込んで、そのままもうそれ以上吸水出来ない状態のままの新聞紙を入れたまま、湿度の高い玄関先に放置してしまう、とか。
それ、カビに生えて下さいと言っているようなモノです。
PAK78_amenosibuya20141220150640500
私もここ5年以上カビにやられていませんが、それでも毎年気にしています。一応毎日見るようにしています。埃が付いていたら払いますし、その靴の存在を忘れないようにはしています。その時についでにその靴の周りの環境に意識しています。ちょっとこの辺り湿度高くないか?やけに埃溜まってきたな、などなど。
[0811-201506] とりあえずこれだけしておきましょう。雨の日の帰宅後の革靴のお手入れのポイントをまとめてみます。
でもね、それでもカビって生えるときは生えますから。なので、あまり落ち込まずに、ネットでカビで検索してみてください。たくさんの靴好きの阿鼻叫喚の図が覗けますので、それらを眺めながら自分を慰めてあげて下さい。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。