[0828-201506] 「暇だし靴墨でも買うか」と思ってスマホで調べたら、たまたまこのブログにたどり着いたあなたに捧げる、正しい靴墨の選び方。

[0828-201506] 「暇だし靴墨でも買うか」と思ってスマホで調べたら、たまたまこのブログにたどり着いたあなたに捧げる、正しい靴墨の選び方。

スポンサーリンク

はじめまして。このブログを見つけて下さり、ありがとうございます。いま、あなたは靴墨でも買うかな、と思われて偶然このブログを見つけられたかと思います。当ブログは靴のお手入れについて散々書いてきましたので、幸か不幸か検索で上位に出てきちゃったんですね。もし良かったらこれからも時々遊びに来てください。
OZP85_iPhonjidori500
さて、恐らく出先からスマホで調べているところだと思いますので、ご自身に当てはまりそうなところだけサラッとつまみ読みしてください。

とりあえずスポンジは買っちゃダメです。

手汚れるの嫌だから、とか楽だから、とか安いから、とか安易な理由でスポンジが先に付いた、なんか黒い液体の入った靴墨を買おうと思ったあなた。


とりあえず単なるスポンジだけのものは、論外です。説明するのも面倒ですが、買うだけお金の無駄ですから何も聞かずにやめてください。ここでは液体タイプで先にスポンジが付いたものを挙げます。

表面で固まりやすいので、よほどマメでないと使いこなせません。

何で?ササッと塗れて楽じゃん?って思いませんでした?確かにササッと塗れますしね。塗った時は光ります。
液体のタイプは伸びも良いのですが、厚塗りされやすく、また固まりやすいので、光ればいいくらいのつもりで塗ってると、表面が固まってヒビが入りやすいんです。
あと、カチカチに固まって、靴表面がパキパキになってしまうこともあります。
このタイプはこまめにクリーナー使う必要があります。結構面倒なんですよ。クリーナーも買う気ありますか?


靴墨という呼び名の、まさに「墨」みたいなもんだと思っていただけるとわかりやすいかと思います。

あ、缶を手に取りました?それもひとまずやめときましょう。


靴墨っていえば、これだろ!と缶のタイプを手に取ったあなた。まだ早いのでやめましょう。それをうまく使いこなすにはそれなりに靴磨きに慣れてないと無理です。

用途が少々違うので、またの機会にしましょう。

それ、確かに光るんですが、使い方間違えるとパキパキにひび割れします。さっきからひび割ればかり言ってますが、一般的な靴墨のイメージってさっきのスポンジ液体タイプかこの缶タイプのどちらかが多いんですよ。
缶のタイプって主にポリッシュと呼ばれるタイプです。靴好きですと一通り靴を磨いた後に仕上げにつま先とかかと周りを中心に(屈曲しない部分)顔が映るくらいに光らせるために使います。
でもこれコツがいるんです。光らせ方も、磨き方も。だから、ひとまずもう少し靴に興味が出るまでやめておいてください。

ミンクオイル?靴、ベトベトのふにゃふにゃにしたいですか?


あ、お持ちの靴がブーツなら別です。そのままミンクオイルでも構いません。でもその感覚で、靴にはオイルを塗るものだと思ってミンクオイルを手に取った方、それ、また元あった場所に戻しておきましょう

オイルを多く含んだブーツなどでもない限り、油多すぎです。

表面がベタつくだけでなく、艶も消えます。元々オイルを含んだ革ではないので、オイルが入っていかないんです。表面に残ってしまう。指紋は残るわ埃は付着するわ革自体オイルで柔らかくなるわで、二度と靴墨なんて買う気無くなっちゃうかもしれません。だから、やめておきましょう。

瓶に入ったクリームを買いましょう。


それが一番簡単です。メーカーなんてどこでもいいですよ。気に入ったデザインのところ選んで良いと思います。それほど大差ありません。
その際に、一つだけやりがちなことがあるので、そこだけ念のため補足しておきますね。

墨だと思ってると誤解しやすいクリームの効果。

よくたくさんある靴クリームを前に、ものすごく真剣な表情で悩んでいる方がいるんです。
自分の靴と全く同じ色のクリームがない
と。靴を持ってきて、これと全く同じ色のクリームをください。という人も結構います。
無駄です
恐らく、色付きのクリームって、塗った瞬間その色が付いてしまって取れない、シミになってしまう、違う色になってしまう、と心配されているのだと思いますが、そんなことありません

墨じゃありませんから。絵の具じゃないんです。

靴墨って言葉のイメージから、そう思われている方が結構多いのですが、実際塗ってもブラシしたり磨いている内にほとんど色が付いていないことが分かります。
rakugakisaretagardtoblock-thumb-1000xauto-14097
一応色つくんです。でも一発でやり直しが効かないスプレーじゃないんですから、何度も塗っている内に、その色に近くなる程度です。
傷が入ったから、その部分黒くしたいんだ、って人がいますけど、黒の靴墨買っても、その傷は消せません。それを考えても墨じゃないこと、分かりますよね?
ただ、ベターっと厚塗りしまくると、その部分だけ量が多すぎてシミになって、それで色が変わった、って思う人がいるんですが、それはクリームの色とは別問題です。

靴墨買うつもりできてイメージと違って申し訳ないですが


無色の靴クリーム買ってきません?効果はほとんど同じで、手元のどの色の靴にも使えます。そしてクリームによっては靴以外の革小物にも使えます。失敗も比較的少ない。

それでいて、大切な栄養と艶は変わらず出ます。
実際、たまには靴墨買うか、くらいでそれほど靴にも靴磨きにも興味がない方には色付きの靴クリーム要らないと思うんです。失敗や無駄が多いんです。であれば、そもそも靴墨はとりあえず要りませんから、もっと必要なものが他にありますよ、というのが当ブログで一貫して主張していることです。
でもとりあえず、今シューケア用品売り場でスマホ見ながら悩んでいるかと思いますので、交通費も勿体無いですし、ひとまず無色の靴クリームだけ買って帰りましょう。

細かいお手入れの仕方は、当ブログでも繰り返し書いてますが、同じように調べるといくらでも出てきますので、是非試してみてください。無色ならとりあえず失敗も少ないと思います。
PAK86_kunekune20141221140445500
もし今回の記事が少しでもお役に立ちましたら、またいらしてください。他にもあなたのお役に立てる文章が少しは見つかると思います。
読んでくださって、本当にありがとうございます。またお会いしましょう。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。