[かぶ] 【PR】 SoundPEATS Bluetoothスピーカー P2 レビュー。出力5W、IP65の防塵防水と耐衝撃は私たち夫婦の入浴時の定番になるか。

[かぶ] 【PR】 SoundPEATS Bluetoothスピーカー P2 レビュー。出力5W、IP65の防塵防水と耐衝撃は私たち夫婦の入浴時の定番になるか。

スポンサーリンク

ありがたいことに昨年から様々なメーカーより多くの商品を提供頂いておりますが、その中でも使用頻度(普段使い)が高く、重宝しているモノの一つがBluetoothスピーカーです。据え置き型から手のひらサイズまで、既に全てを挙げてしまうと長くなってしまうので折に触れて取り上げることしか出来ないものの、大変役立っています。

現在特に使用頻度の高いのが、手のひらサイズのスピーカー2種。

スピーカーは音の良し悪しも勿論大切ですが、それ以上に影響するのが「聴き慣れた音か」ということだと思います。 今までどんな音楽を聴いてきたか、ということ以上に、どんなスピーカーで聴いてきたかが大き...

嵩張らず、場所も取らず、スマホのスピーカーでは少々物足りないけれど、かといって大音量や高音質を求めている訳ではない夜長などに気軽に使うのに最適です。手元に一つあると重宝します。私は用途に応じて、端末によって上記2つを使い分けています。

そしてもう一つが入浴時にも使えるスピーカー。主に妻が愛用しています。

今朝のiOSアップデートで8.4になり、Apple Musicも本日から始動ですね。私はそこまで普段音楽を聴かないので3ヶ月の無料期間云々以前に恐らく使うことは現状ではなさそうなのですが、そんな私が何...

これが意外と便利ながらわが家では昨年夏からはほぼOMAKERのM4の独壇場でした。OMAKERは先ほどの手のひらサイズのスピーカーも含め、個人的に好みの音を出してくれます。

そんなこんなで手元のBluetoothスピーカーの中ではここ1年弱不動の位置にいたM4を脅かす存在が今回現れました。昨年後半から精力的に依頼を頂いていたSoundPEATS社の防塵防水耐衝撃仕様のスピーカーP2です。今回久しぶりに提供レビュー依頼を頂きましたので、ご紹介したいと思います。

SoundPEATS 【メーカー直販/1年保証付】 Bluetoothスピーカー 防水防塵仕様 耐衝撃 ポータブルスピーカー マイク搭載通話可能 10時間連続再生 P2 (ブラック・グリーン)

1261-201605_SoundPEATS P2 01

今回提供頂いた商品がこちら。

SoundPEATS社のスピーカーは以前に5色の発光モードを搭載したDREAM SPEAKERをレビューしたことがありますが、その印象が強かったので今回の防塵防水耐衝撃は新鮮でした。

今回のP2と同じタイプとして、同じ出力5Wながらデュアルドライバ(5W x2)を搭載したP3というモデルもあるようです。

付属品は至ってシンプル。説明書が日本語でないのは少々惜しいところ。

1261-201605_SoundPEATS P2 03

充電してペアリングして普通に聴く分にはほとんど読むこともないので問題はないのですが、例えばハンズフリー通話をしたい、とか細かい部分の仕様を確認したい、となると若干不便です。その分SoundPEATSの製品は基本的には説明書よりもむしろAmazonの商品ページの説明の方が詳しかったりするので、そちらを参照するのも手です。

ただ、今回はちょっと説明が少ない気も。

見た目からして重厚。286gとそれなりに詰まってます。

1261-201605_SoundPEATS P2 04

色の組み合わせからして(黒+蛍光色)アウトドア、タフなイメージを与えてくれますが、実際に持った印象も重さもあって存在感があります。

1261-201605_SoundPEATS P2 06

正面向かって左側のこの部分を開けるとケーブル用の端子があります。

1261-201605_SoundPEATS P2 07

わが家の入浴時の定番、OMAKER M4と比べてみる。

ここで敢えて他社製、わが家の入浴時の定番でもあるOMAKERのM4と比べてみたいと思います。

1261-201605_SoundPEATS P2 08

実売価格は数百円程度の差です。素直な音が魅力です。

1261-201605_SoundPEATS P2 09

こうやって並べて撮ってみる限りでは大きさに大した違いはないように見えるのですが、

1261-201605_SoundPEATS P2 10

このサイズのスピーカーではわずかな厚みの違いだけでもかなり見た目の印象も変わります。OMAKERのM4自体が優しいグレーとオレンジの組み合わせであることも、印象の違いを生んでいるのかな、と思います。

1261-201605_SoundPEATS P2 11

こうして見るとP4のほうが厚みがありますね。

それぞれの特徴を表で並べて比較してみました(主に防塵防水について)

SoundPEATS P2 OMAKER M4
サイズ 98mm x 90mm x 50mm 81mm x 81mm x 46mm
重量 286g 159g
充電時間 3~4時間 3~4時間
連続再生時間 8~10時間 12時間
防塵と防水の等級 IP65(防塵等級6級/防水等級5級) IPX4(防塵等級未試験/防水等級4級)
出力 5W 3W
Bluetooth Bluetooth 3.0 (A2DP) Bluetooth 4.0 + EDR (A2DP)

折角なので両者を珍しく比較してみたのですが、この中でも防塵防水の等級については今まで分かっていたようでいい加減に理解していた部分もあったので、調べてみました。

 「IP」とは「IEC(国際電気標準会議)」によって定められている防水・防塵の保護規格。IPに続く2ケタの数字の左側が「防塵等級」を、右側が「防水等級」を表している。例えば「IP56」という表記がある場合には、左側の“5”は防塵等級が“5級”を、右側の“6”は防水等級“6級”をクリアしているということを示している。

 IP規格で防水規格のみを表すときには、「IPX6」のように表記する。“X”は“防塵のテストをしていない”という意味で、つまりIPX6は“防水のみ6級”を表していることになる。

まず最初に防塵等級については、SoundPEATSが6級で「粉塵が内部に侵入しない」、OMAKERはこの部分がXのため、未試験(無保護というわけではない)となるようです。

保護等級・IP | 防水・防塵性能の基準と選定方法

防水に関してはSoundPEATSのP2が5級で「防噴流形 – あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」。OMAKERのM4が4級なので「防沫形 – あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない」ということになります。

3分で分かる、「防水機能」の基礎知識 – 日経トレンディネット

まぁこの辺り、あくまで製品出荷時の段階での等級なので、使っている内に落ちてはきますし、また厳密な使い分けを私たちがするわけではないので、ひとまず防水に関しては入浴時に普通に使う分にはまぁ問題ないかな、というレベルだと思います。アウトドアで防塵も気にしたいのであれば、一応テストもされているP2のほうが安心と言えます。

出力5WのスピーカーはSoundPEATSのスピーカーとしてはバランス良く、味気なくもなく。

「味気なくもなく」という何とも歯切れの悪い表現になってしまうのですが、以前提供頂いた(先ほども挙げた)DREAM SPEAKER。こちらは5W+5W、更に見た目も派手ながら、私の中では色々な点で惜しい部分のあるスピーカーでした。LEDのイルミネーションにどれだけ価値を見いだせるか(予想外に妻が気に入った)、という部分も大きい、悪くはないけれど少々物足りなさも感じるスピーカーでした。

SoundSOUL(SoundPEATS)のスピーカーはその印象があったのですが、今回のP2は非常にバランスが良い。でいながら、味気なくもない。はい、そうした意味での「味気なくもない」です。

実売価格で半額で特徴もあって(防塵防水耐衝撃)、音も決して味気なくもない。そうした全体としてのバランスの良さがこのスピーカーの魅力かな、と思います。

3千円でこれだけのスピーカーが使えるのであれば充分です。いや、昔は3千円なんて大したスピーカー買えなかったイメージがあったのですが。

どんな場所でも安心な高耐久スピーカーとしてもっと活躍の場を広げてあげたい。

1261-201605_SoundPEATS P2 12

結論としては、わが家では入浴時の防水スピーカーとしてはOMAKERのM4のまま落ち着くかもしれません。

ここまでP2を褒めてきておいて意外に思われるかもしれませんが、このスピーカー、賃貸アパートでもあるわが家の狭い浴室では音が豪華すぎて使うのに躊躇ってしまいそうなんです。私、小心者ですから。浴室で重低音効かせて(というほど重低音が響くスピーカーではないものの)聴くことが出来ないんです。けれど、このスピーカーだと小音量でしっとりと聴くというよりも、折角ならもう少しボリューム上げたい。

となると、折角の防塵防水耐衝撃。もっと活躍の場を広げて外にも持ち出してあげたいくらいなのです。ただ、私は外でもスピーカーを使えない臆病者ですが。

それくらい、この価格としてはしっかり鳴ってくれるので、これは見た目の重厚さ(高耐久、タフなイメージ)に囚われず、普段からどんどん使っていくほうが向いているのではないか、と思いました。

となると、デュアルドライバ(5W x2)を搭載したP3が更に惹かれますが、

P2でさえタフさを売りにそれなりの重さ(286g)があるので、もし普段から気軽に持ち歩くのであれば私の場合は冒頭の手のひらサイズのスピーカー一つカラビナに付けて持っていく、くらいがちょうど良いかもしれません。

ということで、それくらい用途に悩む(良い意味で)スピーカーであることは確か。価格的にも実売3千円を切っていますし、見た目のゴツい感じが受け入れられるのであればお薦めのスピーカーです。私、好きですよ、こういう感じ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。