[かぶ] 【PR】EC Technology Bluetooth 4.0スピーカー S10-BT001レビュー。昨年から気になっていたスピーカーは指紋と動作音を除けばそれなりの良品です。

[かぶ] 【PR】EC Technology Bluetooth 4.0スピーカー S10-BT001レビュー。昨年から気になっていたスピーカーは指紋と動作音を除けばそれなりの良品です。

スポンサーリンク

EC Technology社は昨年モバイルバッテリーを幾つか提供頂いたメーカーです。大きさと容量のバランスが良く持ち歩きにも便利なため、それぞれに気に入っておりました。

その頃から気になっていたモノの一つが今回提供頂きましたBluetoothスピーカー S10-BT001です。当時Bluetoothスピーカーは幾つか手元にあったものの、どれもアウトドア向けの若干ゴツいタイプでした。そんな中見かけたEC Technology社のこのスピーカーは何となくスタイリッシュでラップトップPCの横にでも置いておきたいな、と思っていました。

久しぶりにご提案頂きまして今回のレビューとなります。感想としては、思っていた以上におとなしめの音。音量調整次第でそれなりに良好な音が出るコンパクトなスピーカーといった印象です。

EC Technology Bluetooth4.0スピーカー ポータブルミニ 5W 省電力設計 ブラック

今回提供頂いた商品はこちら。

手のひらサイズのコンパクトスピーカーです。EC Technology社のロゴはそれなりに大きさがある割に主張し過ぎていないところが好印象です。ロゴは大切かもしれませんが、本体のデザインを損なうようでは商品そのものの魅力が落ちてしまうと思っています。

pr-ec-technology-ec01-01

ツヤのある表面に青いラインが入っているのが印象的。若干指紋が目立ちます。

pr-ec-technology-ec01-02

先ほどの写真では分かりにくいのですが、本体はツヤのある黒。顔が映りますし、持った時に若干指紋が残ってしまう(目立つ)のは好みの分かれるところです。

pr-ec-technology-ec01-04

端子、操作ボタン等は背面にまとめられています。(電源/受話ボタンのみ上部)

pr-ec-technology-ec01-03

どうしてBluetoothスピーカーって一つ一つの動作音が大きいんでしょうか?

pr-ec-technology-ec01-06

充電中は赤く点灯するのですが、電源を入れてペアリングを開始すると青く点灯します。私、いつも思うのですが、

どうしてBluetoothスピーカーって一つ一つの動作音が大きいんでしょうか?

電源一つ入れるだけでも本体に似合わず大きめの音が出ます。これ、夜中に使うには少々躊躇してしまうんです。何故ならわが家は狭い部屋に妻と二人暮らし。妻は朝早く仕事に出るので寝る時間が早いのですが、私が夜、ちょっとスピーカーを使おうとする度に静かな部屋内に電源ONだペアリングだの度に大きめの音がするので、気がつくと使用頻度が減ってきてしまいます。

もちろん全てのBluetoothスピーカーがそう、という訳でもなく、比較的耳障りではない静かな音で鳴ってくれるのもあるのですが、スピーカーの評価基準の第一が音質ではなく動作音やガイダンス音の大小になってしまうのが残念なところです。

このEC Technologyのスピーカーも大きめです。

音楽の流しはじめの印象は・・あれっ?意外とおとなしめだな。

肝心の音質自体は、流し始めたばかりの印象としては「あれっ?思ったよりもおとなしめだな」といったところ。何となく物足りなさを感じました。

この後回を改めてレビューしたいと思いますが、EC Technology社からはもう一台、別のBluetoothスピーカーを提供頂いています。そちらのスピーカーが低音も効いていて「あ、悪くないね、これ」と思えるものだったので、つい比較してしまった部分もあるかもしれません。

ただ、音量を上げるとそれなりに良い音を聴かせてくれたので、初期設定状態の音量が小さめなのか、ペアリングしたスマホのボリュームが小さかったのもあるかもしれません。

先ほども挙げた背面部分のボタンで音量の上げ下げが出来るのですが、スマホ本体のスピーカーとの連動がいまいちよく分からず、別のスマートフォンにペアリングし直した途端に大音量で音楽が流れ始めたので、ちょっとボリューム回りはチェックが必要です。

ツヤのある黒はペアリングする端末や身の回りのモノと色を合わせたい。

pr-ec-technology-ec01-03

デザインは悪くないのですが、操作ボタンが背面にあるので、手に取る度に本体に指紋がベタベタと付いてしまうのが気になるところです。雰囲気は悪くないので、身の回りにツヤあり黒のモノが多い方は色を合わせてみるとなかなか相性も良いと思います。

私の場合はOMAKER社のLEDデスクライトが同じような色合いなので、そのそばにチョコンと置いておくと、LEDの灯りに照らされてなかなか良い具合です。

使い勝手によっては大きく環境が改善するにも関わらず、つい後回しになってしまうもの。今の環境に大きな不便を感じない限り、滅多に買い換えないもの。そうした物の一つがデスクライトだと思います。 とりあ...

実売価格2千円台ということを考えると、メインスピーカーとしては勿論物足りなさはあるものの、インテリアの一つとしても悪くないですし、私のようにデスク回りは黒で合わせたい、という方にはツヤありの黒はなかなか魅力的です。

Bluetoothスピーカーは用途がある程度イメージ出来ないとなかなか選びにくいもの。音の好みも考えるといきなりこれ、というものに出会えないのも悩ましいところです。

今回のEC Technology社のこのスピーカーは、私の中では若干の物足りなさはあるものの、それでも手元に置いておきたいな、と思わせる小ぶりで綺麗なデザインが魅力。意外とこの価格帯のスピーカーは音質以上にこうした「何となく置いておきたい」といった気持ちが使用頻度に繋がってくるのかもしれないなぁ、と感じています。

電源ONとOFF、ガイド音はもう少し音量を下げてほしいのですが・・。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。