[かぶ] 【PR】EC Technology 10000mAh ソーラーチャージャーバッテリーレビュー。耐衝撃耐水設計だけれど、普段からどんどん使いたい製品。

[かぶ] 【PR】EC Technology 10000mAh ソーラーチャージャーバッテリーレビュー。耐衝撃耐水設計だけれど、普段からどんどん使いたい製品。

スポンサーリンク

日本と地震は切り離せない関係です。そのため普段から非常時の備えというものは意識しておきたいもの。とはいえ、非常時だけしか使えない、使わない製品というのは結局非常時にも使えません。普段使いが面倒だったり使いにくいモノは非常時なんて益々使いたくないものです。

最近はソーラーチャージャータイプのモバイルバッテリーも数多く出てきました。一つくらいは手元に持っておきたいものです。とはいえ、こうしたバッテリーは消耗品でもあります。出来れば普段使いもどんどんしたいと思います。

アウトドアでもある程度安心して使えつつ、日常でもちょっとした光で蓄電してくれるモバイルバッテリー。でいながら、きちんと10000mAhという大容量で一軍として普段使いが出来る。そうした製品の一つが今回提供頂いたEC Technology社のモバイルバッテリーかな、と思います。

EC Technology 10000mAh 大容量 モバイルバッテリー ソーラーチャージャー ソーラーバッテリー ソーラーパネル防水設計 2USBポート 防災用(ソーラーで充電可)カラビナ付き iPhone/iPad/Android各種スマホ / タブレットなどに対応(ブラック)

今回提供頂いた商品はこちら。

モバイルバッテリーやソーラーバッテリーは多々ありますが、10000mAhのモノが実売2千円台で入手出来るとはありがたい世の中になったものです。早速試してみたいと思います。

付属品と製品仕様を確認。5V/2A入力、5V/2.1A出力可能な277gのバッテリー。

pr-ec-technology-solar-power-bank-01

付属品は日本語対応の説明書と充電用のMicroUSBケーブル、カラビナです。

型番 B3007801
容量 10000mAh/37Wh
MicroUSB入力 5V/2A(Max)
USB1出力 5V/2.1A
USB2出力 5V/2.1A(4A max)
サイズ 120 x 73 x 30mm
重さ 277g(記載は300g、Amazonでは273.5g)

EC Technology社の製品はマニュアルがシンプルながらも必要な情報が統一して記載されているので分かりやすいのが好印象。ただ、型番が今回のモデルであれば「B3007801」といった完全に記号なので、モバイルバッテリーであれば困らないものの、Bluetoothペアリングするようなスピーカーなどでは少々味気ない時があるのが惜しいところ。(大した問題ではありませんが)

気になったのはUSB2出力の「5V/2.1A(4A max)」という表記。5V4A出力が出来るような印象ですが、本体背面を見てみても

pr-ec-technology-solar-power-bank-03

「Input:5V/2A | Output:5V/4A」という表記しかされていないことから、それぞれ2.1Aで出力可能、2つの出力合わせて4Aという意味かな、と思います。

pr-ec-technology-solar-power-bank-06

サイズは男性の手のひらにギリギリ収まるサイズですが、277gという表記以上にズッシリときます。説明書では300g、Amazonの製品ページの仕様は273.5gとなっているので計ってみたところ、わが家では277gでした。

耐衝撃、耐水性のある本体はアウトドアでの利用でも安心か。

pr-ec-technology-solar-power-bank-04

外見からしてタフそうですが、実際耐衝撃性はありそうです。「安心か」と書いたのは、特に耐水性能などの規格に関しては表記は無いためです。安心感はあると思います。

pr-ec-technology-solar-power-bank-05

側面のキャップ部分を外すとMicroUSB端子が出てきます。

ソーラー発電はあくまで緊急時の保険として。

pr-ec-technology-solar-power-bank-02

このモバイルバッテリーの一つの魅力でもあるソーラーチャージャー。室内のLEDなどでも充電されます。ただ、

ソーラー充電:日光に当たって放置して、青いのライトは点滅しています。
ご注意:ソーラー充電は非常用なので、日光に当たる時間はなるべく短縮してください。

と説明書にも記載があるように、普段使いはMicroUSB端子から普通に充電してしまったほうが良いと思います。レビューでもソーラーでの充電は若干弱い、といったものが多く見られました。あくまで緊急時の保険として考えておくのが良いかな、と思います。

pr-ec-technology-solar-power-bank-07

実際室内に放置しておくだけでも光があると地味に蓄電されていきますので、普段から「あれ、まだ容量あるや」という安心感もあります。直射日光に当て続けるとかなり内部温度が上がりそうなので、その点はこのモバイルバッテリーに限らず注意が必要かな、と思います。

10000mAhという容量と外見からくるタフさはかなりの安心感。重さが気にならなければ普段からどんどん使いたいバッテリー。

pr-ec-technology-solar-power-bank-08

良いバッテリーだと思います。やはり外見から受けるタフそうな印象はかなりの安心感に繋がります。重さも300g弱ということで、重すぎるといった印象でもなく、ソーラーチャージャーだから、というよりも、耐衝撃カバーの影響が大きいかな、と思います。

普段使いとして気になる点としては、厚みが増すので、コンパクトに荷物をまとめたい方にとっては重さ以上に嵩張ることが挙げられます。カラビナが取り付けられるので、リュックなどであれば普段から付けっぱなしにしておいても良いかもしれません。

こうした製品はつい「非常用」や「アウトドア用」と考えてしまうあまり、普段使いを避けてしまうことがありますが、出来れば普段から使い込みたいモノ。非常時しか使わない製品は日常生活でも非常時でも使えません。使わずに放置しておくと外側のカバーに埃等が付着して、その内ボロボロになりそう(数ヶ月程度では問題ないとは思いますが)な印象もあるので、普段からどんどん使っていきたいバッテリーだと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。