[かぶ] 【PR】EC Technology Bluetoothスピーカー S1021001レビュー。アルミニウム合金の本体は予想以上の良音を聴かせてくれます。

[かぶ] 【PR】EC Technology Bluetoothスピーカー S1021001レビュー。アルミニウム合金の本体は予想以上の良音を聴かせてくれます。

スポンサーリンク

前回に引き続き、EC Technology社のBluetoothスピーカーのレビューです。今回も商品を提供頂いた上でレビューをしております。

EC Technology社は昨年モバイルバッテリーを幾つか提供頂いたメーカーです。大きさと容量のバランスが良く持ち歩きにも便利なため、それぞれに気に入っておりました。 その頃から気になっていた...

今回のスピーカーは非常に好印象です。こちらを先に聴いてしまったこともあり、「あれ、同じメーカーでもだいぶ音が違うんだなぁ」と気付かされました。前回のS10-BT001も決して悪くはないスピーカーですが、個人的な好みを挙げるのであれば今回のS1021001です。商品名が長い。そして本当にこれで良いのか不安になりますが、ペアリング時にもこの名前で出るので、今回はこれで統一したいと思います。

Bluetooth スピーカー EC Technology ワイヤレススピーカー 12-15時間連続使用 アルミニウム合金素材 高音質 ミニポータブルスピーカースペースグレー

今回ご提供頂いた商品はこちら。

ここ最近EC Technology社のスピーカーのチェックをしていなかったこともあり、私の中でのこのメーカーのスピーカーといえば前回のS10-BT001だったのですが、質感、シンプルさで全くの別物になっています。進化や進歩とはちょっと違う感じです。実際に電源ON時の音も全く違うので。

pr-ec-technology-s1021001-01

アルミニウム合金素材のシンプルな本体はなかなかの好印象です。

pr-ec-technology-s1021001-02

付属品など基本的な部分は同じですが、本体は非常にシンプル。S10-BT001がツヤありの黒い本体だったのに対して、今回のS1021001はアルミニウム合金素材を使ったつや消しのシルバーです。

pr-ec-technology-s1021001-03

ロゴがさり気なく付いているだけ。底面部分は使用時には青く光りますが、決して強い光ではなく仄かな感じです。

pr-ec-technology-s1021001-04

背面(どの部分を背面とするのか分かりませんが)にMicroUSB端子が一つあるのみ。至ってシンプルです。

pr-ec-technology-s1021001-05

操作は全て底面で行います。といっても大した機能があるわけではないのですが。

電源ONとOFF、ペアリング時の音は控えめ。

前回も触れましたが、ここ最近の私の中でのBluetoothスピーカーの評価基準の第一にあるのが「電源ONとOFF、ペアリング時の音の大きさ」です。

Bluetoothスピーカーはメーカー毎ではなくモデル毎にこの音がバラバラで、明らかに日本の狭い部屋での夜の使用は想定していないのではないか、と思われるくらい嫌がらせのように大きい音を出してくれるモデルも結構あります。それ、音質以前の問題です。使わなくなっちゃうんです。だって私は主に夜しっとりと聴きたい時に使うからです。

メーカー毎ではなく、モデル毎と書いたのは、この音と操作性がある程度幾つかのパターンに分かれていまして、「あれ、このガイダンス音、どこかで聴いたな。操作方法も同じだ・・。」と思って手元の幾つかのスピーカーを起動してみると他社で全く同じモノがあったりします。中身のプログラムはある程度OEMで共有されているのかもしれません。

全く同じプログラムでも本体の構造やモデルによって若干音量に違いはあるのですが、この辺り折角手元にそれなりにBluetoothスピーカーがあるので、パターン毎に分類してみたいな、とも思っています。(簡単なようでいて意外と面倒で後回しになってしまう)

今回のS1021001も以前に聴いたことのある音ではあるのですが、比較的耳障りではありません。控えめ。この点は前回のS10-BT001と違います。あれはちょっと大きい

単に音量だけでなく、音の種類が耳障りかどうか、というのも好みがある程度出てきそうなので、電源を入れた途端に(音楽を流す前に)イメージ出来てしまうのは分かりやすいかもしれません。

音は悪くない。むしろラップトップPCの横に置いて使っても良いくらい。

pr-ec-technology-s1021001-06

音楽を流してみると、これがなかなか良い。実売3千円台でこれだけ出るなら充分だなぁ、といった印象です。使っていて細かい傷が入ってくると分かりませんが、外観の雰囲気も安っぽくないので、ラップトップPCの横に置いて常用しようかな、と思えるくらいです。

実際に私のラップトップPCの横は今このスピーカーを使っています。

出力は5Wなのですが、パッシブ型サブウーファーを搭載しているようで、その辺りも音の印象に影響しているのかもしれません。

重さ自体は外見から受ける印象ほどには「詰まっていない」、意外と軽いのですが、その割にしっかり音が出てくれるのは面白いです。

また、バッテリー容量が1300mAhと、S10-BT001の倍近い(S10-BT001は800mAh)こともあり、80%の音量で12-15時間連続使用可能なのも(実際そこまで長く聴くかどうかは別としても)強みです。

シンプルな外観、予想以上の良音は幅広い用途に使えそうです。

pr-ec-technology-s1021001-03

提供頂いてから既に1週間以上経っていますが、この期間ラップトップPCはじめこのスピーカーを使っている時間が多くなりました。枕元にはFendaのBLADE W30を置いているのですが(スマホを若干厚みを持たせたくらいの大きさ)普段使いであれば非常に使い勝手の良いスピーカーです。

細かい操作をする、となれば底面に僅かに3つだけある操作ボタンで行う分、多少面倒ではあるのですがそもそもスピーカーで操作することってほとんど無いので。電源ONとOFFくらいでしょうか。

アウトドア向けであればOMAKERのM5など別の選択肢も出てきますが、普通に使う分には幅広い用途に使えて音もしっかり出てくれる、ということで気がつけば使う機会が増えています。

もしデザインが気に入ったのであれば手元に置いておいて損は無いスピーカー。そうしたスピーカーほど使用頻度は高くなりますし、結果としてお気に入りになると思います。そんな一台としてこれからも使っていきたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。