[かぶ] 【PR】SoundPEATS 完全ワイヤレスBluetoothイヤホン Q16レビュー。完全ワイヤレスはやっぱり楽。若干の手間を除けば非常に面白い製品です。

[かぶ] 【PR】SoundPEATS 完全ワイヤレスBluetoothイヤホン Q16レビュー。完全ワイヤレスはやっぱり楽。若干の手間を除けば非常に面白い製品です。

スポンサーリンク

SoundPEATS社といえば私の中では次から次へとワイヤレスイヤホンを世に出しているメーカーという印象です。その分日々改良され様々な用途、耳の形に合わせてバリエーションも豊富なため、選ぶのは大変ですが何かしら相性の良い手頃な価格のイヤホンが見つかるのではないか、という点は魅力でもあると思います。

そんなSoundPEATS社から再びワイヤレスイヤホンの製品提供レビューの依頼を頂きました。日本語対応など最近は何かしら特徴がないとなかなか受けにくい(違いも見つけにくいため)のですが、今回は製品画像を見た瞬間から面白そうだと感じましたので、即受けさせてもらいました。

実売5000円以下で購入出来る完全ワイヤレスのBluetoothイヤホンです。早速見ていきたいと思います。

【完全ワイヤレス】SoundPEATS Bluetooth イヤホン 高音質[メーカー直販/1年保証付]AAC コーデック対応 Bluetooth 4.2採用 防汗防滴 スポーツ仕様 Bluetooth ヘッドホン ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング 外れにくい ワイヤレス イヤホン Q16 ブラック

今回提供頂いた商品はこちら。

今回の製品の一番の特徴は「完全ワイヤレス」である、という点。要は左右を繋ぐコードすらない、ということですが、最近ではAppleが発表したAirPodsが話題です。ただ、あれは価格もそこそこしますし、片方を落とした時などのダメージが大きそうです。また一番の懸念は耳へのフィット感。私の耳、iPhoneに付属のイヤホンまったく合わないんです。すぐ落ちてきてしまうのです。

その点、今回のSoundPEATS社のイヤホンは耳にかけるフック部分もあって、ひとまず大丈夫そうです。

付属品と外観

シンプルな黒い箱に入った今回の製品。SoundPEATS社のワイヤレスイヤホンは最近2つの傾向があって、それぞれに箱が違います。

勝手な印象としては、今回のようなシンプルな黒のタイプの方が少し上質な印象。

まぁ、開けてみれば別にいつもと変わらないSoundPEATS社のワイヤレスイヤホン一式が入っている訳ですが、今回は比較的中身もシンプルかな、と思います。説明書は英語オンリー。これはちょっとだけ惜しい。特に今回は完全ワイヤレスということで、ペアリングや使いはじめに若干戸惑ったので、出来れば最近少しずつ日本語化した製品も出してきているだけに、これも改善して欲しい点です。

この中で特徴的なものが、この二股に分かれたMicroUSBケーブル。今回のイヤホンは左右それぞれ充電が必要なので、こうした形になっています。一本で済むのは助かりますが、両方を繋いで充電するのは多少面倒です。仕方ないのですが。

1~2時間の充電で約6時間使えるようです。

噂の「技適マーク」も左右それぞれにしっかり貼ってあります。

本体ですが、左右を繋ぐコードすらないのはシンプルで良いですね。一度ワイヤレスに慣れると、この左右を繋ぐコード部分すら、髪や服に擦れたときの音が気になったり、ねじれが気になったり、とユーザーは我が儘になるものです。

こちらが右側。といっても、上部の三つのボタンの色が左右で違う(右は赤、左は黒)だけで、他は特に違いはありません。

ペアリングは、右側のイヤホンで行います。ペアリングは3つあるボタンの内の中央、マルチファンクションボタンを8~9秒長押しすることで行います。電源ONとOFFは数秒長押しです。ちなみに、普段使う際は左右それぞれのマルチファンクションボタンを長押しして電源を入れる必要があります。左右ともに電源を入れると勝手に左右が繋がります。

操作方法は仕方ないとはいえ若干複雑。

左右それぞれに3つのボタンが付いていますが、電源ONとOFFを除けば別に左右それぞれに独立している訳ではありません。右耳側の音量ボタンを押したからといって、右耳だけ大きく(小さく)なる、ということではないのでその点は安心です

但し、下記に表にしてみましたが、電話着信の応答等に関しては全て右側のイヤホンのみ行えます。個人的にはこれは助かります。何故なら、個人的には電話応答系は不要だと思っているくらいで、間違ってボタンを押してしまったときに最後に電話した相手に勝手にリダイヤルがかかってしまうのではないか、という不安がなくなるからです。要は左耳側のボタンだけ使えば電話系は一切機能しない、とも言えます。

また個人的に音量操作と曲送り、曲戻しが同じボタンの一回押しか長押しかで分かれるのはあまり好きではないのですが、好みではあるものの一回押しが音量の上げ下げなのはありがたいです。

操作 状況 音量(+) MFB 音量(-)
スタンバイ時 数秒押す 電源オンとオフ
1回押す 音楽再生/ポーズ
2回押す リダイヤル(右耳側のみ)
8~9秒押す ペアリングモード
音楽再生時 短く押す 音量調整(+) 再生/一時停止 音量調整(-)
1秒押す 次の曲 前の曲
電話着信中 短く押す 着信応答(右耳側のみ)
2秒押す 着信拒否(右耳側のみ)
通話中 短く押す 通話を切る

若干複雑ではあるものの、ボタンは一つ一つ独立していて、見えなくても指の感触で分かるので、冷静に押せば間違えることはなさそうなことは好印象でした。(この3つのボタンがそれぞれ独立して突起していないものも多いので。)

音も良好。完全ワイヤレスならではの利点と多少の手間を考えても充分にお薦め出来ます。

耳へのフィット感は私の場合は悪くありませんでした。音も良好。この辺りは数多くのモデルを展開しているSoundPEATS社ならでは。安心して選べる、というのはありがたいことです。

気になる点は先ほども挙げた英語オンリーの説明書くらい。操作方法に慣れてしまえば問題はなさそうですが、最初は少し戸惑うかもしれません。

あとは完全ワイヤレスなので仕方ないのですが、左右ともに充電しなければならない点、使用時にはそれぞれに電源を入れなければならない点が若干手間ではあります。ただ、完全ワイヤレスならではの手軽さ、ストレスのなさと引き替えだと考えれば悪くないかな、と思います。

ワイヤレスイヤホンといっても、基本的には左右はコードで繋がっていて、それが意外と絡んだりねじれたり、と使用時だけでなく収納時にも小さな手間になることがあります。その点をしっかり解消させつつ、操作方法も極端に複雑にならなかったところは流石だな、と思います。

個人的には非常に面白い、もしワイヤレスイヤホンの購入を検討されるのであれば是非選択肢の一つに入れて欲しい製品です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。