[かぶ] 【PR】 OMAKER リバーシブルLightningケーブル レビュー。特色の出しにくい商品ほど、自分の中で安心出来るメーカーがあると助かります。

[かぶ] 【PR】 OMAKER リバーシブルLightningケーブル レビュー。特色の出しにくい商品ほど、自分の中で安心出来るメーカーがあると助かります。

スポンサーリンク

先日iPhone SEを購入して以来、プライベート用として日々使っていますが、ここ最近はすっかりAndroid(ASUS ZenFoneシリーズ)ばかり使っていたため、手元にLightningケーブルがあまりない状態でした。

その数少ないLightningケーブルを使い回しするため、抜き挿しの頻度が多くなってきたのですが、その度に大したことではないのだけれど数重なるとストレスになることがありました。それが、USB端子の向きです。

特にデスクトップパソコンやその横に置いてある6ポートの充電器に抜き挿しする際には作業をしながら何気なく挿そうとして向きが逆で挿さらなかったり。あとはパソコン背面など若干手の届きにくい場所にある端子に繋ぐ場合です。これ、たまになら良いのですが、一日に何回かあると非常に不便(単にケーブルを増やせ、というご意見もあるとは思いますが。)

そんな中、昨年より色々と商品を提供頂いているOMAKERよりリバーシブルLightningケーブルのレビュー依頼を頂きました。絶妙なタイミングです。本当にありがたい。

この商品は昨年9月に発売されたものの、その後在庫切れになった関係で一時販売が停止していました。今回復活ということで、早速使わせて頂きました。

Omaker リバーシブルlightningケーブル Apple MFI認証済み(裏表なし両面挿し/ナイロン編み高耐久性/高速充電とデータ伝送可)ライトニングケーブル(リルバー)1m LAT100

1259-201605_OMAKER Reversible Lightning_01

今回提供頂いた商品はこちら。

ここ最近はリバーシブルタイプのケーブルは他社も含め出ていますが、OMAKERでも認証済みのケーブルは昨年夏より出していました。

高耐久性のナイロン編みアルミコーティングのケーブル。

1259-201605_OMAKER Reversible Lightning_02

純正のLightningケーブルでも良くあるのが、使っている内にケーブル表面のコーティングが剥がれてきたり、断線してしまうこと。これらは危険なだけでなく、iPhone等を繋いだ際にエラーが出てしまうなど、実際に起こってみるとかなり不便です。でいて、純正のケーブルって高い。

そうした中各社から様々な高耐久性のケーブルが出ていますが、今回のOMAKER製のケーブルも同様の高耐久性ナイロン編みアルミコーティング(長い)のケーブルです。OMAKERによると「5000回折り曲げても問題なく使える」とのこと。

一番の魅力は裏表なし両面挿しが可能なUSB端子。

1259-201605_OMAKER Reversible Lightning_05

USBの宿命というか何というか、冒頭でも触れたように、Lightning端子側は問題ないのですが、USB端子側は向きがあります。MicroUSB等でも同じですが。これが意外と不便。

「そんなの毎回向き確認して挿せば良いだけでしょ」

と思われるでしょうが、確認しなくて良いならその方が楽なことに代わりはありません。

そして、こうしたちょっとした手間が、度重なると意外と面倒になってしまいます。靴磨きが面倒だと感じる方が、靴磨きセットと称するものを大層な箱に入れて大事に届きにくい場所に保管しているから取り出すのが面倒になってお手入れしなくなるのと同じです。使うのが面倒になっちゃうのです。

靴磨きに限らず、歯磨きでも風呂でもトイレでも、習慣になっている人にとっては何でもないことが、習慣になっていない人にとっては難しいということがあります。 靴磨きも同じです。靴好きや、慣れちゃった人にとっ...

今回のこのリバーシブルタイプのケーブルの魅力は単純にこの点のみ。「のみ」と書きましたが、これだけで充分に次から買い足す時はこのタイプに全てしよう、と思いたくなるだけの魅力があります。

1259-201605_OMAKER Reversible Lightning_03

人間の動機なんて所詮その程度なのですが、そうした痒いところに手が届くような部分が大きなビジネスチャンスでもあります。

1259-201605_OMAKER Reversible Lightning_04

どちらでもサクッと挿せるのは大変便利です。

勿論急速充電も同期も問題なし。ケーブルを買い足す際の選択肢の一つとしてお薦め出来ます。

もちろん他社でも同様のケーブルがあります。OMAKERのこのケーブルだけではありません。

もし既にお気に入りのメーカーがあるのであれば、そちらで全く構わないと思います。

ただ、ケーブルは頻繁に抜き挿しするもの、使用頻度の高いものです。毎晩の充電にも使うでしょう。であれば、単純な価格だけで判断せずに、耐久性や安心感、保証なども考えた上で選んで欲しいな、と思います。

OMAKERの場合は3ヶ月以内であれば新品と交換が可能です。また、私にとってはOMAKERは昨年以来モバイルバッテリーやワイヤレススピーカーなど色々な商品を使ってきて、派手さはないけれど安定して安心して使える部分をとても信頼しています。

スピーカーは音の良し悪しも勿論大切ですが、それ以上に影響するのが「聴き慣れた音か」ということだと思います。 今までどんな音楽を聴いてきたか、ということ以上に、どんなスピーカーで聴いてきたかが大き...

もちろん今回も「提供レビュー」ということで、その辺りの信頼感は差し引いて考えて頂いて構いませんが、自分の中で安心出来るメーカーを幾つか持っていると、こうしたものを選ぶ際にとても助かります。

Lightningケーブルという特色の出しにくい商品なだけに、きちんと作られている商品を見つけられるかどうか、というのは大切なことなのではないかなぁ、と改めて思いました。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。