[かぶ] 【PR】典型的な小心者に果たしてBluetoothスピーカーは使いこなせるのか。OMAKER M4 レビュー(導入篇)

[かぶ] 【PR】典型的な小心者に果たしてBluetoothスピーカーは使いこなせるのか。OMAKER M4 レビュー(導入篇)

スポンサーリンク

私、典型的な小心者です。内弁慶です。なので、私の好きなBOSEの動画なんかにある、外で友達とBluetoothのスピーカーをガンガン鳴らしてそれに合わせて踊っちゃったりノッちゃったり出来ません。

同様にオープンカーで爆音でEXILE流しながら運転することも出来ません。(その前に免許持ってないが)

そんな私は情けないことに内弁慶どころか、我が家のお風呂の中で大声で歌を歌うことも音楽を流すことも出来ません。

そんな私は先日、OMAKERの営業担当の木村さん(当時女性)にトンデモないことを言ってしまいました。

「弊社ではほかの製品を販売しております、例えば:カーチャージャーやiphoneケースやbluetoothスピーカーなどです。もしも、ご興味がありましたら、ぜひ教えて下さい。」

でもiPhoneのケースはRADIUSがあるし、車は免許も持ってないし、使うとしたらbluetoothスピーカーかなぁ。

さすが仕事の早い木村さん(当時女性)。その日の内に手配して下さり、翌日にはなぜか普通に我が家にOMAKERのBluetoothスピーカーが届いていました。

この3日間、何度もメールをやり取りさせていただく中で、それなりに信頼感が芽生えてきたと勝手に感じておりましたOmaker 木村さん(女性)。日本語がちょっと怪しいけれど、一生懸命お返事を下さり、これか...

OMAKERが目指すのは、消費者の生活(特に外出活動)をもっと便利にさせること。

pr-omaker-m4-01

木村さん(現在男性)はメールで教えてくれました。「弊社のモバイルバッテリーにせよ、Bluetoothスピーカーにせよ、消費者の生活(特に、外出活動)をもっと便利にさせるために、開発されました。弊社の製品が鈴木さんと奥さんの生活を快適にさせると、弊社の全員はすごく楽しいです。」

その目指す姿のために作られたのは防水、耐震のBluetoothスピーカー

IPX4とのことなので、正確には水の中に落としたらちょっと危ないのですが、ちょっとG-SHOCKみたいな、外でアクティブに使っても安心な雰囲気を充分に漂わせています。

pr-omaker-m4-02

確かにOMAKERの品は耐震などアクティブに外出活動を楽しめるような製品が多いですね。

ペアリングもあっさり。iPhoneもChromebookも簡単に繋がった。

Bluetoothに不安感を持っていたのは、先日のMicrosoft Designer Bluetooth Mouseの時にも触れましたが、今回も今までの不安はなんだったのか、というくらいあっさり繋がりました。

pr-omaker-m4-12

iPhoneは当然のこと、

pr-omaker-m4-14

Chromebookも一瞬戸惑いましたが、既にDesigner Mouseもペアリングされていたのもあったかもしれません。結局ほとんど時間もかからずサラリとペアリング。

充電はMicroUSB。3〜4時間で充電完了だそうです。

充電はこの部分のキャップを開けて

pr-omaker-m4-05

INPUT部分にMicroUSB端子を挿すと(付属されていたケーブル使おうよ)

pr-omaker-m4-09

充電中の赤ランプがかすかに灯ります。(よく見ないとわからない)

pr-omaker-m4-10

コンパクトで厚みはもちろんあるものの、持ち歩くにもそれほど苦じゃないよ。軽いし。

大きさもマウスと同じくらいの手のひらサイズ。

pr-omaker-m4-08

厚みはもちろんありますが、

pr-omaker-m4-07

軽いんですよ。Amazonの表記スペックでは159gとなっていますが、ほんとそんな感じ。重さは全く気になりません。

で、スピーカーといえば肝心なことは音でしょう。

いきなり外でオープンカーで爆音でEXILEは私にはまだ勇気がありませんでしたので、夜にお部屋でボリューム下げてChromebookで私の大好きClassicFMを流してみました。

[0558-201501] Tivoli Audio Model OneとClassic FMは相変わらず私の生活に欠かせない組み合わせ。

pr-omaker-m4-11

この組み合わせは今までTivoli Audio Model Oneが不動でした。こちらはBluetooth対応タイプのほうではないので、有線で繋いでいますが、ステレオではなくモノラルです。ただ、音の良し悪しはステレオだモノラルだ、ということだけが大切なわけではない、という当たり前のことに気づかせてくれた素晴らしいモデルです。

妻が一言、「悪くないじゃん」。

うん、私も悪くないと思う。「悪くない」と「良い」は区別が難しいけれど、私の中では思った以上に綺麗に鳴ってる、流れてる。

pr-omaker-m4-13

iPhoneに入れていた幾つかのジャンルの音楽も、普通に鳴ってるよ。音が割れたり、耳障りだったり、ということもないし。

って、すごいね、私のスピーカーの判断基準。でもこの普通っていうのが一般小心庶民には結構大事だったりする。

私、BOSEのBluetoothスピーカーずっと気になってたんですよ。

コンパクトだし、お店で聴いたら予想以上に良い具合に鳴ってたし。この外観から来るイメージを覆す感じが溜まりませんでした。

ただ、自宅ではそれなりに音響システムしょぼいなりにも整えていましたし、追加でBOSE Wave Music Systemも持っていたので、出番がないので優先順位が低かったのです。私、オープンカーでEXILEしないし(しつこい)

3千円弱で私の外出活動が便利になるかもしれないと漠然と考えていたとき、

3千円でこれだけ普通に鳴ってくれて、軽いし充電楽だし持ち歩きも苦にならないなら、意外と気付かなかった思わぬ外出活動を豊かにする使い方が出来るかもしれないなぁ、などと漠然と考えていたとき、妻が言いました。

私、お風呂で使うよ。

そうでした。妻は小心者の私と違って、風呂場にiPhone持っていって、iPhoneのスピーカーから音楽流して聴きながら入ることが時々あるんです。

水滴や湯気大丈夫か、と心配しながらも今のところ普通に動いているので放置していたのですが、そうか、それなら妻にとってはお風呂での活動が豊かになるではないですか。

free-image-01

ということで、当面は妻のお風呂用スピーカーとしてとても有効に活躍しそうな雰囲気です。早速昨夜使ってくれるかと思ったら、イベント直後で疲れててお風呂入らずに寝ちゃったけど。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。