[かぶ] 【PR】Omaker USB-C&USB-Cケーブルレビュー(導入篇)2mという長さと高耐久、そして見た目の美しさを兼ね備えたこのケーブルはそれだけでも十分に魅力的。

[かぶ] 【PR】Omaker USB-C&USB-Cケーブルレビュー(導入篇)2mという長さと高耐久、そして見た目の美しさを兼ね備えたこのケーブルはそれだけでも十分に魅力的。

スポンサーリンク

これは私のミス。けれど使ってみたい気持ちに変わりは無いので、ただ今そのためのモノを物色中です。ということで、今回は導入編として到着後の外観等をご報告したいと思います。

1137-201601_Omaker Usb-type-C Cable

昨年多くの商品を提供頂いてのレビュー依頼を頂き、その魅力を知ったOmaker。今年に入り、久しぶりにOmakerの百合子さんから「現在、弊社はOmaker USB-C&USB-Cケーブルという新品を出品しましたよ。この商品に興味がありませんかと思いまして」とご連絡を頂きました。

USB-C!MacBookや高性能スマホとは無縁の生活を送っている私には全く縁のない規格だと思っていましたが、最近になってUSB-C(Type-C)を使える機種を使い始めました。それがASUSのTransBook T100HA-128Sです。

この機種の充電は基本はMicroUSBです。QuickCharge 2.0にも対応しているので急速充電は可能です。ただ、折角USB Type-Cが付いているのに全く試さないのは勿体ない。レビューもあまり見かけませんし。ということで、百合子さんからのご提案をありがたく受けさせて頂いたのでした。

出力が最大5V/3Aまでの急速充電が可能なUSB-Cケーブル。

このケーブルはOmakerの説明によると、「【急速充電可能】出力が最大5V/3Aまでです。MacBookとNexus 5XとXperia Z5などType-C対応機器にフルースピード充電できます。」とのこと。対応している、していないは別としても、試してみる価値はあります。

T100HA-128Sは充電が出来ない、という話もあるのですが、ASUSではZenPad S 8.0が既に確か同様にUSB-C端子を備えています。備えている以上、やはり自分の目で確かめてみたい。同じように「出来るのか出来ないのか」悩まれている方もきっといるに違いない。

商品はシンプル。出てきたのは単に丈夫なだけでなくとても綺麗なケーブル。

1137-201601_Omaker Usb-type-C Cable 01

いつも通りの箱(久しぶり)を開けると、中身は大変シンプルです。そりゃ、ケーブルですから、余計なモノは一切入っていません。

1137-201601_Omaker Usb-type-C Cable 02

ただ、一目見て気に入った点。それは勿論ケーブルの耐久性の高さもあるのですが、それ以上にケーブルが美しかったのです。

1137-201601_Omaker Usb-type-C Cable 04

表記上は「ブラック」なのですが、届いたケーブルはシルバーに近い。そして、何とも言えない輝きがあります。良いよ、これ。

1137-201601_Omaker Usb-type-C Cable 03

はい。裏表無しの両面挿しが出来るUSB-C。とともに、伝送速度480Mbpsでの高速データ転送が可能になります。更に私にとっては今回好印象で使いたい、と思った理由が、長さが2mある、ということです。持ち歩くには少々嵩張りますが、2m以上のケーブルはやはり手元にあるととても便利です。何故ならこれだけ長さがあればコンセントの場所、繋ぐ対象の場所から設置場所を制限されることが少なくなるからです。

[1103-201512] 【PR】ZeroLemon ライトニング USB ケーブル(3m)レビュー(導入篇)種類も多く違いも出しにくいLightningケーブルのレビュー依頼を今回受けた理由。

以前書いたこちらのレビューを受けた理由も同じでした。長さは時として正義になります。

さぁ、繋いだ!・・・で、どうやって使う?

1137-201601_Omaker Usb-type-C Cable 05

T100HA-128Sは向かって左側にUSB Type-C、右側にMicroUSB端子があります。いつも自宅では使う場所の左側にコンセントがあるので、さりげなく嬉しいのですが、例え右でも2mあれば安心です。

1137-201601_Omaker Usb-type-C Cable 06

どちら向きでも挿さるのですが、折角なのでOmakerロゴが見えるように挿してみました。

で、ここまできた時点で冒頭に書いた私のミス。さて、もう一方のUSB-Cには何を繋ごうか・・。

私はUSB-Cに使える端子を持ったモノが手元に無かったのです。完全に不覚。で、早速当初の目的の「充電」が出来るものを急いで物色したのですが・・。

USB-C端子の充電機器が予想以上に少ない。

元々搭載されているモデルが少ないことや、そうしたモデル自体にも端子数が少ないこともあって、あるのはUSB-CとUSBやMicroUSBとの変換アダプタやハブがほとんど。せめてACアダプターでもあれば、と探したものの、見つけたのはSoftbankセレクションのACアダプタだけでした。

SoftBank SELECTION USB Type-C 充電ACアダプタ通販|ソフトバンクセレクション

しかもこれで税込3,240円なら、いっそモバイルバッテリーを買ってしまった方が良いではないか、と思い始め、当初考えていたAnkerのPowerCore+ 20100 USB-Cを注文しようとしたところ・・

「在庫切れ」で「再入荷予定は立っておりません」とのこと。結局見つかったのは

RAVPowerのこちらのモバイルバッテリー、RP-PB043のみ。あまり需要がないのか・・それとも何か問題があるのか。

今月発売予定の6ポートUSB充電器(1ポートがType-C)に興味を持った。

そんなところでたまたま偶然見つけたのが、今月18日に発売予定で現在予約受付中のこちらの商品。

2mのケーブルだし、自宅で使うことを考えるとこちらのほうが実用的なのではないか・・価格も実売3千円台のようだし。と心が揺れはじめました。

変換アダプタも考えたのですが、折角OmakerがUSB-C&USB-Cとしてケーブルを出してきたのであれば、なるべくこのままの形で使いたい、使ってみたいと思ったので、現時点での候補はこの2つ(RAVPowerのモバイルバッテリーとiitrustの6ポートUSB充電器)に絞っています。

ということで、近日使用感をご報告したいと思います。(今回は導入編)

充電、そしてデータ転送と色々と用途を考えながら、その都度使用感をご報告していきたいと思います。

それは、単にレビュー依頼を頂いたから、だけではなく、このケーブル、質感が本当に良いんです。綺麗なんです。丈夫さと綺麗さが融合した形です。だからこそ、使いたい

USB-C&USB-Cケーブル自体は多々ありますが、2mという長さと高耐久、そして見た目の美しさを兼ね備えて実売1,299円という価格はそれだけでも十分に魅力的だと思います。あとは使い勝手。と言ってもケーブルですが。

ということで、近日使用感をご報告したいと思います。

今までにこのブログでレビューしたOmakerの商品はこちら

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。