[かぶ] 【PR】Omaker Bluetooth スポーツイヤホン OMA2210レビュー。フック部分が売りですが、耳の形との相性も出やすいので注意が必要です。

[かぶ] 【PR】Omaker Bluetooth スポーツイヤホン OMA2210レビュー。フック部分が売りですが、耳の形との相性も出やすいので注意が必要です。

スポンサーリンク

最近になって久しぶりにランニングを始めました。きっかけはdocomoの提供するdヘルスケアパックです。

https://lifestyleimage.jp/?p=17418

今まで多くのワイヤレスイヤホンを提供頂いたのですが、折角のスポーティな雰囲気も、普段使いを前提に考えると本来の活躍の場を与えられていないようで申し訳ないなぁ、という気がしていました。そこでここ最近はあまりに手元にワイヤレスイヤホンが増えてしまったこともあり、レビュー依頼を頂いてもお断りすることも多くなってしまいました。

そんな中、今回のランニング再開で、ワイヤレスイヤホンなどフィットネス関連のアイテムが非常に気になり始めました。今回久しぶりにOMAKER社よりワイヤレスイヤホンをご提供頂きましたので、改めてレビューしてみたいと思います。

【技適認証済】Omaker Bluetooth スポーツイヤホン フィット感抜群なワイヤレスイヤホン【IPX6防水/柔軟な耳かけフック/マイク付き/ノイズキャンセリング】(ブッラク+イエロ)

今回提供頂いた商品はこちら。

ランニング中に気になることの一つが、イヤホンが外れそうな気がして折角のエクササイズに集中できない、ということ。そのため各社様々な工夫をしていますが、今回のこの商品の場合は耳に掛けるタイプのようです。

pr-omaker-oma2210-02

付属品は大きさの異なるイヤーピースやケーブルを束ねるバックル、充電用のUSBケーブルと日本語と英語で書かれた取扱い説明書です。ポーチ等は特に付属されていません。

操作は全て右耳側本体で行います。

pr-omaker-oma2210-04

右耳側本体の上部二つのボタンがボリュームボタン。こちらを短く押すか長く押すかで音量調整と曲送り、戻しの機能を使い分けるのは一般的なワイヤレスイヤホンと同じです。

また、一瞬マークに見えるのですが、側面ロゴ横の黄色い丸印の部分がMFB(マルチファンクションボタン)。こちらで電源ONとOFF、ペアリングと、電話を受ける、切るといった操作が可能です。短く2回押すとリダイヤル、音楽の再生停止が1回なので、この辺り注意が必要です。

このブログでは度々触れているのですが、このリダイヤル機能が個人的には「非常に」不要でして、私元々使用中に電話も受ける気はありませんし、それ以上にリダイヤルをする気もありません。勿論本体Bluetooth側で機能を切ってしまえば良いのですが(Android)、iPhoneだと若干面倒だったりするので、個人的には電話自体全く触れたくありません。

以前真夜中に誤って触れてしまって、実家の母にリダイヤルしてしまったことがあるんです。既に0時を廻っていたのですが、まだ家族だったから良かったものの、これが取引先だったら、と思うと冷や汗ものです。気になる方は予め通話機能自体を切っておきましょう。(スマホ本体のBluetoothの設定画面より)

あまり需要はないかもしれないけれど、同時に2台に接続可能なマルチポイント機能付。

pr-omaker-oma2210-03

今回説明書を眺めていて気がついたのですが、このモデル、2台まで同時に接続可能なマルチポイント機能に対応しています。

分かりにくいのですが、例えば仕事用とプライベート用の2台スマホを持っている方の場合、両方の端末にペアリングしてあれば、どちらに着信があっても受け取ることが可能です。また、どちらの端末に入っている音楽を聴くことも可能になります。これ、私のような複数台持ちには非常に便利です。

最近は日本でもようやくDSDS(デュアルSIM デュアルスタンバイ)対応で2枚の音声SIMを1台のスマートフォンに入れて同時待受が出来る端末も出てきていますが、まだまだごく僅かですし、(エクササイズ中に2台持ち歩くかは別としても)いちいちペアリングし直さなくても良いのは意外と便利だと思います。

肝心の着け心地。私の大きめの耳の穴にはイマイチ。耳に掛けるフック部分が弱い。

pr-omaker-oma2210-07

今回のモデルは、この柔らかい耳掛けフックがポイントになります。

pr-omaker-oma2210-06

耳に上から掛けるタイプなので、しっかりハマればこれはズレることもなく、ランニング中も良いのではないかと期待しました。

pr-omaker-oma2210-08

何度か角度を変えたり、イヤーピースを取り替えたり(私は耳の穴が大きめ)したのですが、この時点では問題は無さそうでした。

ところが、走り始めた途端に動き始めて、落ちはしないもののイマイチ安定しない状態が続いてしまいました。その都度角度を変えたり、動かしたりしたのですが、変わらず。結局走行中落ちることはありませんでしたが、耳が気になってしまって、ランニング中盤以降外してポケットに入れて走ってしまいました。

これは商品の欠陥というよりも、単純に私との相性だと思うのですが、期待していただけに少々残念です。

自分に合ったスポーツ用イヤホンを見つけるのはなかなか手強いな、と改めて感じました。

pr-omaker-oma2210-03

Amazonでのレビューを見る限りでは、「抜群のフィット感」と書かれている方もいますので、こればかりは相性だと思うのですが、私には惜しい使い勝手のイヤホンになってしまいました。

それ以外には今のところ気になる点はないので、もう少し遣い続けてみたいと思います。もし変化があるようであれば、改めて追記したいと思います。

フィットネス用のワイヤレスイヤホン、となると、本来のフィットネス、エクササイズの邪魔をするものであっては使えません。どうしても激しく動くものであるだけに、それが一番難しいところではあるのですが。だからこそ、これだけ頻繁に、各社こぞって様々なモデルを出し続けているのですね。

引き続き私にとって良いものを探してみたいと思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。