[かぶ] 【PR】Fenda BLADE W30 Bluetoothスピーカーレビュー。このコンパクトさで5Wが魅力。ただ気になる点も。

[かぶ] 【PR】Fenda BLADE W30 Bluetoothスピーカーレビュー。このコンパクトさで5Wが魅力。ただ気になる点も。

スポンサーリンク

前回に続いて、OMAKER社提供によるBluetoothスピーカーのレビューです。当初はこれからの時期に合わせて前回のM5とW4のレビューを依頼されたのですが、私の場合既にW4は購入して日々愛用していることもあり(レビュー済)、そこで今回は同じくOMAKER社取扱商品の一つであり、以前から気になっていたスピーカーのレビューとなりました。それが、Fenda社のBLADE W30です。

Fenda Technology

Fenda 薄型Bluetooth4.0スピーカー マイクロSDカード挿入可能ポータブルスピーカー【5Wデュアルドライバー/NFC対応/マイク内臓/SDカード挿入可能】ブラック

今回提供頂いた商品はこちら。

私自身がもともと黒x赤の組み合わせが好きなこともありますし、OMAKER社の現行のスピーカーはM4、M5を筆頭に防水防塵などアウトドアを意識したものが多いので、少し雰囲気の違うものを試してみたい、というのがきっかけです。

pr-fenda-blade-w30-03

OMAKER社現行商品の隙間を埋める、少し雰囲気の異なるポータブルスピーカー。

価格帯としてはM4とM5のちょうど中間。出力も同じく中間です。

夏といえば海に山に草原に、とアウトドアの季節です。正直暑い。7月初めで35度超えとか、都心のアスファルトの照り返し直撃を受け続けるよりも海に山に草原に出かけましょう。 そんな中、Bluetoot...

同じOMAKER社のW4とは違ったコンパクトさで、イメージ画像ではジーンズの尻ポケットに入りそうな雰囲気です。サイズ的には入りますが、

pr-fenda-blade-w30-04

隣の5.2インチスマートフォン、Huawei P9と違って厚みがそこそこあるので、余程ゆったり目でポケット大きめでないと入らないと思います。まぁこれくらいの大きさのチェーン付き長財布入れてる人もいるので、それに比べれば薄いので入るといえば入りますが、あまり格好良くはないと思います。

眺めてみると、低価格からW4→M4→W30→M5と綺麗に並びます。ちょうど穴を埋める形でFenda社のこのスピーカーが入ります。商品展開としても良いバランスだと思います。

電源は独立。Bluetooth-AUX-TFモードの切り替えが可能・・あれっ?

pr-fenda-blade-w30-08

電源ボタンは充電端子とともに向かって右側面にあります。

pr-fenda-blade-w30-05

上部は左から「Bluetooth」「音源モード切替」「曲戻し/音量ダウン」「曲送り/音量アップ」「一時停止/音楽再生」「通話」と並びます。音源モード切替ボタンにより、BluetoothモードとMicroSD(TF)モード、有線モードの3つのモードの切替が出来ます・・って、あれ?どこかであったな、このパターン。

最近Bluetoothスピーカーは私の生活に欠かせないモノの一つになっています。わざわざオーディオ機器やPCの前に行かなくても、ちょっと何か音楽を流したいとき、家の中で場所を選ばず流しっぱなしに出来る...

SoundPEATS-Dream-Speaker-06

前面部分。それぞれの操作ボタンが独立しているのは非常に好印象です。左端のMはモード。Bluetoothだけでなく、「TFカードモード」「AUXモード」に切り替えることが出来ます。「TFカードモード」は聞き慣れない言葉ですが、microSDカード再生モードです。microSDカードを背面部分に挿すことで、カード内の音楽ファイルを再生することが出来ます。これはこの価格のスピーカーとしては面白いですね。

起動時、モード切り替え時のガイド音声がうるさいお馴染みのパターンだった。

いえ、別にオリジナルな独特の操作方法というわけではないのですが、過去色々なBluetoothイヤホンやスピーカーを試してきた中で、メーカーが違ってもある程度パターンのようなものがあることに気付き始めておりまして・・。

このタイプのスピーカーだと、恐らく・・

Power On….Connected.

やはり同じ英語のガイド音声ですか。しかも無駄に大きい。このタイプ、ペアリングしても音楽再生しないで放置してると、突然ガイド音声が流れる(しかも同じく大きい)んです。夜中に聴くのに躊躇われるんですよ、ガイド音声大きいと。

早速光ってくれます。ただ、Bluetoothスピーカーはこれが3つめですが、電源ON時の「Power On」やモード「Bluetooth Mode Connected」など音声で知らせてくれるのですが、この音量が大きすぎます。夜静かな場所で使うには、ちょっと突然音声が流れると驚きます。妻が寝ている時間に電源を入れてうるさい、と既に数回不機嫌にさせてしまいました。

今まで幾つかのBluetoothスピーカーを使ってきましたが、色々な理由があるのでしょうが、無駄にガイド音声大きいのが意外とあるんです。これ、広い部屋やアウトドアを想定しているからでしょうか。我が家のような狭い部屋で夜に聴くには毎回嫌がらせでしかないんですが。

向こうでは、日本の場合のスマホのシャッター音とスクショ音と同じように何か自主規制か規制でもあるんでしょうか。電源ON時にある程度の音量でガイドをしないと犯罪に繋がる、みたいな。

あくまでOMAKER社ではなく、OMAKER社取扱のFenda社のスピーカーです。

pr-fenda-blade-w30-01

今回のモデルはOMAKERではなく、OMAKER社取扱のFenda社のスピーカーということもあるのでしょうが、音のイメージとしては他のOMAKER社のスピーカーと少し印象が違います。悪いわけではなく、傾向の違い、かな。どちらかと言えばSoundPEATS社で出しているスピーカーに近い気がします。どちらも好きなんですけどね。ガイド音だけが惜しいです。

MicroSD(TF)モードなど、OMAKER社のM4やM5には無い機能もありますし、これは好みの問題でもあります。

pr-fenda-blade-w30-06

背面部分の手触りなど、この価格で考えるとサイズやデザインも含めて良好ですし、音も悪くありません。出力5Wのデュアルドライバーはやはりそれなりに良い音を流してくれます。使っていく上でスピーカーもこなれてくるでしょう。もともと気になっていただけあり、私は結構好きなんです、このスピーカー。

ただ、電源ON時やモード切り替えにはガイド音声が耳障りにならないよう、若干周りに配慮しましょう。(大音声ではありません。あくまで無駄に耳障りなだけで、人によっては全く気にしない場合もあります。)

鞄に入れて持ち歩くにもこのコンパクトさはかさばらなくて良いと思います。スマートフォンとほぼ変わらない大きさで一緒に持ち歩けるワイヤレススピーカーとして、アウトドアとはまた違った用途で探している方には価格を考えても充分にお薦め出来るモデルです。

Blade(W30) Slim Portable Bluetooth Speaker | Fenda Technology

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。