[かぶ] 「素直に」良いケーブル。OMAKER Lightning to USB Cableを買ってみた。

[かぶ] 「素直に」良いケーブル。OMAKER Lightning to USB Cableを買ってみた。

スポンサーリンク

ここ最近お気に入りで注目しているメーカー、OMAKER。幾つかの商品をご提供いただき当ブログでもレビューしましたが、気に入ってしまい、例えば5200mAhモバイルバッテリー S-X3は妻と私で計2台使っています。

今日は一日降ったり止んだりですね。一時期おさまったかと思いきや、また強く降り始めました。 妻が仕事が休みでしたので、かねてから妻が行きたがっていた渋谷のキリン一番搾りガーデンと楽天カフェにお散歩がて...

そんな中、今回満を持して発売されたのがLightningケーブル。特に高耐久ナイロンとか何かを謳っているわけではないのですが、先日OMAKERの木村さんに伺ったところ、「お客さんに最高なケーブルを提供するように、弊社は何度もテストしまして、問題点と見つけて、改善します。なので、出品が遅れました。」とのお返事でしたので、地味に発売を楽しみにしていました。

今回のAmazon Prime Dayで結局ケーブルを一本も買わなかった私は、ここでAnkerの高耐久ナイロンLightningケーブルあたりを追加購入するのは何となく負けた気がしていたのですが、そんな中嬉しいことにOMAKERのこちらのケーブルが発売されましたので、昨夜注文、先ほど受け取りました。

日本人よ、これがOMAKERだ。

注文した後、Amazonを介してメールが来ました。評価のお願いとともに、補足の説明が記載されていました。

なお、このケーブルにつきまして、ご不満、ご要望などがありましたら、ぜひ当社へメール、電話でお問い合わせてください。

また、このケーブルについて、もっと詳しく説明したいことがあります。
Apple認証ケーブルですが、Apple認証番号は115561?0288です。Appleのサイトで、このケーブルが認証したかどうかを探すことができます。
そして、ご存知のように、力強くUSBケーブルを伸ばすと、USBケーブルが壊れやすいんです。(純正ケーブルもそうです)なので、無理に伸ばさないでください。

ご使用中、何か不明なところがあれば、弊社に連絡してください。
ちなみに、弊社の製品はぜんぶ三ヶ月間に新品と交換できます。万が一、このケーブルが死んでしまったら、ご注文番号をメールで教えてください。

いつもどおりのOMAKERの丁寧な保証態勢です。この点は撤退でもしない限りちょっと安心かな、といつも思っています。もともとケーブル自体が使い方によって寿命に大きく差が出ますし、個体差も出てしまうものなので、余程購入直後に断線でもしない限り気にすることはないのですが、このサポートは大変ありがたいと思います。

どんなおっちょこちょいでも買い間違いのない、優しい心配りが特徴です。

0918-201507_Omaker Lightning Cable 01

外箱です。普段開封の儀なんて全くやらない私ですが、今回は敢えて外観を撮ってます。なぜならOMAKERだからです。この「充電・データ伝送用ケーブル」と丁寧に日本向けに書いてくれているところがOMAKERの良さだと思います。

0918-201507_Omaker Lightning Cable 02

でも、表面なんて見ないで買っちゃったり開けちゃったりする人も世の中にはいますからね。このせわしない世の中ですと。なので側面にもしっかりと「急速充電とデータ伝送可能なUSBケーブル」と日本語で書いてくれています。これがOMAKERです。側面にも書いておけば、どんなおっちょこちょいな日本人でも間違いません。

中身はシンプルに、エコにも配慮しています。

0918-201507_Omaker Lightning Cable 03

この袋、どこも破る必要なく、上から開きますので、普段これに入れて持ち歩いてもOKです。捨てる必要のないところが素晴らしい。モバイルバッテリーに付いてきたOMAKERのポーチも絶妙な大きさで、妻が使わないので私が2個とも使っているのですが、ちょうどGRD3やiPhone 6がすっぽり入ってくれる大きさなので重宝しています。

カードは今回は黄色です。あとでAmazonのほうにもレビューをちゃんと投稿したいな、と思います。

どこにもひねりのない、普通に純正ケーブルを強化したような素直なケーブルです。

0918-201507_Omaker Lightning Cable 04

折角なので、私が現在使っている、高耐久ナイロンではない通常のLightningケーブルを3つ並べてみました。

左から「純正」「Anker」「OMAKER」です。Ankerも急速充電可能なタイプです。

今は、iPhoneのLightning Dockとこのケーブルを繋いでいます。持ち歩いたりするのには何となく高耐久ナイロンのほうが気持ち的に安心な気がしてしまったので。決して弱いわけではないのですが。

iPhone 6に戻ってきてから、出費が続いています。シンプルに、家族間のコミュニケーション専用のつもりで復活させたのですが、デスク周りの環境整備と合わせて、良い機会とばかりにこちらも揃えてしまってい...

こうして写真で見てもほとんど違いが分かりません。

0918-201507_Omaker Lightning Cable 05

USB側なんて、ますますわからないと思います。ちなみにこの写真だと真ん中が純正ケーブルです。

試しに横でウダウダしている妻にどれが丈夫そう?って訊いてみた。

今日一日動き回っていましたからね、妻もちょっとお疲れモードでウダウダ横になっています。そこでこの3本を何も言わずに渡して、どれが丈夫そう?って訊いてみました。

ちょうどiPhoneをいじっていたところで若干面倒くさそうだったのですが、それでも優しい妻は一本一本軽く曲げたり触ったりしながらしばし比べて、「これ」と一本選んでくれました。なんかこの展開で出来レースのように聞こえるかもしれませんが、今回購入したOMAKERのケーブルでした。

曲げた時の感触、太さなど感覚的な部分に過ぎないけれど。

何だこの「〜な感じ」レビューは。

でもケーブルって本当に違いが見つけにくくて、どれでも同じといえば同じようなものです。相性も大きいですし、良いと思って買ってみたらあっさりと切れたり、充電できない、なんてこともありますから。

なのでつい予備も含めて少し多めに欲しくなってしまうのですが、これは「高耐久ナイロン」みたいな何か大きな特徴があるわけではないのですが、何もない格安ケーブルを買うのであれば、それよりもこのOMAKERのを買おうかな、と思わせる、「マイナーアップデート」されたような、全体的にちょっとだけ強くなったような、そんな安心感があります。

ちゃんと急速充電にも対応してくれていますしね。

参考価格は置いておいて、もし今少し補充しておきたいならオススメです。

特に何かコダワリがないのであれば、普通にこれオススメします。私がOMAKER製品を幾つも持っているというバイアスはかかっているとしても、普通に良いケーブルですよ。この「普通に」とか「素直に」良い、というモノって、意外と探すとないのではないかと思うのです。

そりゃ、金額が上がればそれなりに色々な付加価値が付いたモノも手に入りますが、全てそれで揃えるのはなかなか大変ですよね。それよりも「特に欠点の見当たらない」こういうケーブルって重宝すると思うのです。Lightningケーブルとしては現時点では800円を切っていますし。

Amazonでの評価も今のところ良好のようですしね。私も同感です。まだ今日届いたばかりですが、気になる点が出てくれば改めてご報告したいと思いますが、なんかこのまま何もなく、普通に私の常用ケーブルとして気負わず収まっていそうな気がします。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。