[かぶ] iPhone Lightning Dockを購入。多少値段はするけれど、総合的に考えるとベストかな、と。

[かぶ] iPhone Lightning Dockを購入。多少値段はするけれど、総合的に考えるとベストかな、と。

スポンサーリンク

iPhone 6に戻ってきてから、出費が続いています。シンプルに、家族間のコミュニケーション専用のつもりで復活させたのですが、デスク周りの環境整備と合わせて、良い機会とばかりにこちらも揃えてしまっています。

今回は先日ようやく発売されたiPhone 6にも対応した、iPhone Lightning Dockを購入しましたのでご報告します。

iPhone Lightning Dock – Apple Store(日本)

信仰心を試されるとまで言われるこのLightning Dockですが、机周りをすっきりさせたかったこと、そしてちょうど何かしらDockは欲しいと思ってはいたところでしたので、ちょうど良いタイミングだったかな、と。
税別4,500円という金額に関しては高すぎる、という意見も多いですが、この辺りも承知の上での購入です。

売り切れているのかと思ったくらい、予想外に小さいパッケージ。

今回はApple Store 渋谷で購入しました。日曜日の午後。結構混んでました。2階に上がって一通り探すもすぐには見つけられず。意外と人気があって、店頭では売り切れてしまっているのか、と心配になりながら、そろそろスタッフに訊こうかと思った矢先に見つけました。小さいよ。

0818-201506_iPhone Lightning Dock 01

なんか0.5m程度のケーブルか変換コネクタでも入っているのかと思うくらいの小ささでした。

0818-201506_iPhone Lightning Dock 02

税別4,500円のDockということで、他社の商品同様それなりの大きさのパッケージを想像されていた方は店頭でご注意ください。

本当にシンプル。横幅はiPhone 6とほぼ同じくらい。

0818-201506_iPhone Lightning Dock 03

端子部分がはみ出ているだけのシンプルな作りです。安っぽくはありません。そこはまぁ、Apple純正、流石にショボいものは出せないでしょう。ケーブルの耐久性の無さは未だに印象的ですが。

結構心配されている、端子部分が折れてしまう、曲がってしまうのではないか、という点は、見た限り、挿してみた限りでは問題なさそうかな、と。それより、例えば(やるかは別として)iPad辺りを挿して、重さで前に倒れた時に液晶に傷が付いたりしないか、というほうが心配です。この部分が曲がったりすることは、、流石にAppleも考えてるでしょうし、大丈夫なのではないかと。

重さもそれなりにあります。

0818-201506_iPhone Lightning Dock 05

流石に純正だけあって、統一感は取れてるよね。

デザイン上の統一感はやはり純正だけあって取れてますね。いや、取れてなかったらApple、悲しいでしょう。この満足感のためだけに買う人もいると思いますし。

0818-201506_iPhone Lightning Dock 04

Dockなんて実は私久しぶりです。はるか昔にiPodで使ってたなぁ、という覚えはありますが、最近は全く気にせずケーブル直繋ぎで充電して普通に置いていましたから。Dockあったらいいなぁ、と思ってサードパーティ製のDockもいろいろ見てはきたのですが、今まで購入までには至りませんでした。

背面もシンプル。他の端子はオーディオポートくらい。

0818-201506_iPhone Lightning Dock 06

私、特にオーディオポートは使わないので、本当に純粋にiPhone立てになってます。そういう意味では信仰心試されてるような感じというのも頷けますが、ケーブルを机の上で余らせずに済むので、机周りはかなりスッキリします。意外とDockって便利なんですよね。やっぱり。

ほとんどiTunesと同期することも現時点ではないので、ケーブルをPCと繋いでしまうか、それとも左奥に見える6ポートの充電器に短いケーブル使って繋げて(充電専用)しまうか、いま検討中です。

何を求めるかによりますが、総合的に考えるとベストかな、と。

0818-201506_iPhone Lightning Dock 07

私の用途としては、座り作業でPCに向かっている時に、Googleの認証だったりで時折iPhoneを手に取る必要があるんです。その時にすぐ手の届く場所で(充電を気にせずに)置いておける状態を作りたかったので、それだけで満足です。

値段に関しては、正直安いとは思いません。それなりの価格でもDockなら入手できます。何か特別な機能でも付いているなら別ですが、そうした機能も特にありませんし。

ただ、見栄えであったり、安心感であったり、統一感であったり、を考えるとそれなりに値段が上がってきてしまうんですよね。そうした点では純正という安心感。シンプルな良さなども含めると、値段はするものの、気になる方は買ってしまっても良いのではないかと思います。

だって、iPhone買ってる時点で既に値段考えてないじゃないですか。10万円近いスマホですよ。

金額で悩んでいるなら買ったほうが良いです。金額以外の別の理由で悩んでいるなら、いくら安くてもやめましょう。

iPhone Lightning Dock – Apple Store(日本)

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。