[0891-201507] ふんどしが大変気に入りましたので、麻福(ASAFUKU)で来週辺りに追加注文しようと思います。

[0891-201507] ふんどしが大変気に入りましたので、麻福(ASAFUKU)で来週辺りに追加注文しようと思います。

スポンサーリンク

先週サプライズで妻から贈られた麻福のふんどし。早速使ってみましたが、やっぱり素晴らしいです。
0881-201507_Asafuku 03
今日は天気が良かったので、気持ちよく手洗いをして外に干したんですが、途中で強風に煽られて、ベランダの縁に幸運にも引っかかってくれなかったら、あと一歩で世田谷の青空高く舞うところでした。本当に冷や汗かきました。ふんどし追いかけるのはちょっと後に心に傷跡を残しそうで。ネタにはなるでしょうが。
[0881-201507] ようやく私もふんどしデビュー。妻からASAFUKU(麻福)のふんどしを貰いました。

私が戸惑ったように、世に褌は溢れておりますが。

ありがたいことに、前回褌について投稿した途端にASAFUKU(麻福)代表の北村 隆匡さんからリツイート及びメッセージまで頂いてしまいまして。


今まで大麻というものにあまり関心を持ったことがなかったのですが、サイトの方も時々読ませてもらっております。
麻福ヘンプ情報局 | 麻(ヘンプ)の恵で 健康快適なくらしを

選択肢がありすぎることは、「どーでも良い」人を除いて結構悩ませる。

たかが褌かもしれませんが、されど、なんです。素材も色々。イケダハヤトさんはバンブーコットンのふんどしの快適さについて語られております。
「バンブーコットンのふんどし」の快適さがヤバい。もうパンツが履けない…。 #移住日記 vol.17
私も今まで選択肢がありすぎて、いつもの通りオーガニックコットンとかそのへんで何かちょっと思い入れの持てる、応援したいと思えるメーカーのふんどしを探そうかな、と考えながら今日まで来てしまったわけです。ホント人の縁って不思議で難しい。

今回、妻がなぜこのメーカーを選んだのかはまだ聞いていないのだけれど。

妻から贈ってもらった、というただそれだけでもきっかけにもなれば、愛用する理由にもなるんです。単純です。ただ、それには実際に使ってみて快適でなければ難しいですが。幾ら贈られたものでも、明らかに快適でなかったり使いにくかったら、贈ってもらったものは愛情で使い続けられても、常用は他のメーカーを探すかもしれません。
けれど、今回の麻福の大麻ふんどしは良かった。
0881-201507_Asafuku 02

履き心地は他と比べていないので何とも言えませんが。

良いです。脱ぎたくありませんでしたから。翌日も履き続けようと思いました。
あとは麻自体の魅力ですね。特に大麻。麻は私結構チクチクするのが時折気になって、リネンシャツもモノを選ぶのですが、大麻はそういうこともありませんでした。そして、地球環境にも優しく、もちろん身体にも優しい。もう言うことありません。
ASAFUKUのものづくりー原料 大麻 | 麻福ヘンプ情報局
あとは人との縁。すぐにTwitterで反応してメッセージまでくださるなんて、ありがたいじゃないですか。通常リツイートまではよく頂きますが、メッセージまで頂くことは少なかったので。

とりあえず、メンズは3色あるので、各1〜2で揃える予定です。

今回妻が贈ってくれた色が、この古色(グレー)。

なので、来週辺りにあと2色、代謝色(ベージュ)と

蘇芳色(レンガ)を1〜2つずつ購入して、毎日ふんどし生活ができたらいいな、と計画中です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。