[0825-201506] 私の母艦の中のポーチ – 白は身だしなみ。グルーミングキットなど。

[0825-201506] 私の母艦の中のポーチ – 白は身だしなみ。グルーミングキットなど。

スポンサーリンク

私の日常生活の母艦でもある鞄から最も取り出す頻度も持ち歩く回数も多いもの。それがこの白のポーチです。
0825-201506_My Goods White 01
朝晩の洗顔からふとした時まで、カテゴリとしては「身だしなみ」。消耗品も多くなりますし、足りなくなったら補充しつつ、また良い物があれば入れ替えつつ、最もよく使っているかな、という気もしています。
[0823-201506] 私の災害用非常袋は、旅行かばんでもあり、日常の母艦です。

ここはまだまだ未完成ですが。

0825-201506_My Goods White 02
写してみると結構シンプルですが、種類を全部挙げるとかなり長くなってしまうのでなるべくポイントだけにします。

化粧品はほとんど使わないけれど、使うものは機内持ち込みサイズに詰め替えておく。

それほど海外に行くことが多いわけではないのですが、基本的な生活のパターンをどこでもすぐに行ける状態にしておきたい、と考えた場合に、化粧品などの容量はなるべく「機内持ち込みサイズ」にしておきたいと思いました。
それが例えば左下のクリニーク エクスフォリエーティングトニック。元々は200mlの物です。

[0764-201505] ステインリムーバー派の靴好きのあなたへ。自分の皮のお手入れにはCLINIQUEがオススメです。
紫外線や光に当ててしまうことでの中の品質の変化や劣化などは確かに心配ですが、そもそも大切に保管しておくものではなく毎日どんどん使うものなので、気にせず小分けにしています。
私は基本的に湯シャンだったりと洗剤は使わないのですが、小分けに出来る石鹸や乳液等はこれに加えたいな、と思っています。
[0786-201505] ようやくミドル脂臭対策のシャンプーが切れたので、思い切って湯シャンに変えました。

ハンドクリームは今もイソップのレスレクション ハンドバーム。

日々もっとも使う手を労りたい、という気持ちから昨年から愛用しているハンドクリーム。今も変わらず、イソップ レスレクション ハンドバーム トラベルサイズ 75mlを愛用しています。

[0352-201411] 手を意識して労わることが何よりのスマホ腱鞘炎対策でした。 – Aesop イソップ レスレクションハントバーム | Life Style Image
あ、上の記事、商品名間違えてるじゃないか、、後で修正しておこう。

ひげ剃りも変わらずブラウン シェーバー モバイルシェーブ M-90

コンビニでも売っているお手頃ひげ剃り。けれど水洗いも出来て、バッテリーは乾電池なので、乾電池さえ手に入る地域であればどこでも困らない。唯一の欠点は刃が交換できないので、その内まるごと買い換えなければならない、ということ。

[0286-201407] 週末は数年ぶりの家族旅行。伊豆行きに持っていくもの、いきたいもの。
コンパクトで充電一式が特に要らないというのが便利なんです。乾電池も必要になったら都度買い足せば良いですし。

右上の革のポーチは爪切りやリップクリームなど小さなもの。

何故かその下に小林製薬の糸ようじがありますが、そうした細々としたものをこの革のポーチに入れています。常備薬などは基本的にはピンクのポーチ(非常用グッズ等)に入れています。


まだまだグルーミングキットや化粧品その他は改善の余地が大いにあるモノなのですが、とりあえずここ数回の帰省や宿泊には問題なく対応できています。宿泊に限らず、ちょっと遠出した時にも意外と使いたくなる時があるんですよ。
歯ブラシがないのは、ちょっと今狙っているものがあるので。意外と衛生面考えると持ち運びが悩ましいのが歯ブラシなんですよね。

グルーミングキット、歯ブラシなどは欲しい時に限って手元にないことが多いので。

ついつい近場だと持ち歩かないこともあったのですが、意外と欲しい時に限って手元にないことが多いのがこのポーチです。なので、意識して持ち歩くようにした結果、朝から晩まで最も頻度の高いカテゴリになってしまいました。女性の化粧ポーチの感覚が少しわかった気がします。
まだまだこの分野は私の中ではバランスが取れずにいるのですが、単純に削減したり、反対に増やしすぎるのではなく、これもこのポーチ内に収まりきれる範囲で(ソニッケアーは難しいですが)自分なりの良い組み合わせを見つけていきたいな、と思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。