[かぶ] Anker® 36W 4ポート USB 急速充電器とIMMEDIA 6ポートAC/USB急速充電器を比べてみた。

[かぶ] Anker® 36W 4ポート USB 急速充電器とIMMEDIA 6ポートAC/USB急速充電器を比べてみた。

スポンサーリンク

前回ご報告した、Anker® 36W 4ポート USB 急速充電器。使い勝手はもう少し経ってからで良いかな、と思っていたのですが、思わぬ魅力に気付きましたので、そのまま勢いで更新します。

元々細かい部分が色々違う2つではあるのですが、愛用中のIMMEDIA 6ポートAC/USB急速充電器 IMD-A251JSiconと、特に大きさの比較を中心に書いてみたいと思います。

0781-201505_Anker IMMEDIA 01

そもそも6ポート必要な方は、選択の必要もありません。

そりゃ、そうですよね。2ポート違えば充電できる数も違ってきます。それくらいUSBポートからの充電を必要としている人にとっては6ポート充電器は唯一無二です。それはIMMEDIAに限らず、Ankerでも出している同様のモデルで良いと思います。

最近帰省や小旅行などありまして。持ち運びを主に考える場合。

0781-201505_Anker IMMEDIA 02

ポート数が違うのに比べられても困る、というのは抜きにして下さい。取り敢えず大きさで比べてみるとこんな感じです。厚みはほぼ同じです。

0781-201505_Anker IMMEDIA 03

重ねてみると、プラグ部分を入れてもやはり4ポートの手軽さが分かります。

大は小を、多は少を兼ねると思っていましたが。

今まで、同じ買うならそれ程価格差が無いのであれば、より容量の多い方、ポート数の多い方などスペックで無意識に考えていた気がします。そりゃ、価格は単純に倍になりませんから、C.P.は良さそうに思えるんですね。

これが2ポートと6ポートでは用途が違ってきますので、明確に分けやすい。

のですが、4ポートや5ポートと6ポートでは、それ程大きさに違いがなければ多い方を選んでしまう気がするんです。けれど、4ポートのこのモデルにある利点(勿論弱点にもなりえますが)。それは

0781-201505_Anker IMMEDIA 04

プラグ直付けなんです。IMMEDIAの6ポートを持ち歩く際には、上のACケーブルも一緒に持っていかなければいけません。コンパクトにまとまりはするのですが、なるべくモノを少なくしたい時にはちょっと不便。あと、これだけケーブルが長いとコンセントから端末まで多少距離があっても安心ですが、テーブルの上や、すぐ手元にコンセントがある場合には直挿ししてしまったほうが楽です。

0781-201505_Anker IMMEDIA 05

最近愛用して用途ごとに結局4色とも買ってしまったELECOMのACアダプターポーチ。これにケーブルはケーブルだけ、充電器やバッテリーでもう一つに分けて入れているのですが、このケーブルが無くなるだけでだいぶコンパクトになります。

モバイルバッテリーも選択肢に入るので悩ましいですね。

コンセントの無いところであれば、いや、それ以前にほんの数日程度で酷使するのでもなければ、もしかしたら普段使っているモバイルバッテリーのほうが便利かもしれませんね。全てがUSBポートでまかなえるのであれば、また自宅で使うのであればこれらの急速充電器は非常に便利です。

実際旅先にこれらの急速充電器を持っていくシチュエーションばかりではないかもしれません。

ただ、コンセントさえあれば、どこででも安心してモバイルバッテリーも含めて充電できる安心感というのは大きい。

私もこの2タイプ、それぞれに大変気に入っています。また、両方手にしてみたから、それぞれの良さに気づいただけでなく、先程も挙げた、ついC.P.や大は小を兼ねるとばかりに選びがちなことを振り返る良い機会にもなりました。

価格自体どちらも2千円から4千円程度で買えてしまうので、一つ、と考えずに複数個揃えても良いかもしれません。

あまりありすぎても無駄で邪魔になるだけですが。

ということで、今回は大きさを中心に感想を書いてみました。

IMMEDIA 6ポートAC/USB急速充電器 IMD-A251JSicon
0732-201504_IMD-A251JS

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。