[0108-201103] 私の災害用非常袋の中身(4)

[0108-201103] 私の災害用非常袋の中身(4)

スポンサーリンク

大分非常袋(リュック)が重くなりました。
今日注文していたLEDライトや固形燃料等が届いたのですが、それらも入れた上で背負ってみたら、結構な重さにビックリ。まだスペースはありますが、昨日長々と書いたように、春夏と秋冬では中に入れるものも違ってきますし、例えば今持ち出さなければならないとしたら、リュックの中には防寒具は全く入っていません。
また非常食も後で家に取りに帰ってくることが出来るのであればアルファ米と2リットルのペットボトル水がある程度多めに備蓄してありますが、この水不足の中、リュックの中に水は入れていません。
そんなこんなで、ここから先は中身を見直しながら、ある程度ベースとなる物をひとまとめにしたり、多いものを少し減らしたり、反対に必要なものを整理したり、といったことが必要になってくるかなぁ、と思っています。
その前に、まだ取り上げていなかった、品薄状態が相変わらず続いている携帯用ライトとラジオについて書いてみたいと思います。

品薄状態が相変わらず続いている携帯用ライトとラジオ

LEDライト

LED LENSER(レッドレンザー) P6 OPT-8406 [日本正規品]
LED LENSER P6 OPT 8406 LEDライト
●ライトに関しては、ランタンタイプのものと、携帯出来るライト(もしくはヘッドライトなど)と色々考えられるのですが、ひとまず妻の持っている物とのバランスで考えました。勿論これも個人的にはLEATHERMAN同様大分個人的な好みが入っています。
妻が電池不要の振って発電するタイプのライトを持っているので、私はライターにZIPPOを選んだ時と同様、反対に電池で使える物を選びました。困った時に夫婦のどちらかの持っている物が使えるほうが良いと思ったことがあります。
ちなみに携帯ラジオも妻はハンドルを回して動かすタイプなので、次に挙げますが、こちらも電池でも動く物を考えています。そして、電池もあまり単1~単4、その他まで幅広く分散すると予備を持っておくのが困るので、なるべく一つに絞りたいと思い、単3電池で動くもの、ということを選択基準に。
LED LENSER P6 OPT 8406 LEDライト
なぜLED LENSERにしたかというのは、今回購入を決めて初めてLEDライトという存在を知ったというくらい日がまだ浅いので、単純にネットで幾つか見ている内に、印象で気に入った、というだけの理由です。
これも拘ればそれぞれに長所短所もあるでしょうし、災害時にはもっと適したものもあるとは思うのですが、私にとってはまず「気に入って普段もわざわざ使う『目的』を探してしまう」ことが大切だったので、気に入っています。

携帯ラジオ

セイコークロック 防災アナログ目ざまし時計 手回し充電 ラジオ LEDライト 非常用ブザー 携帯電話充電 KR885N
購入候補 NEC KR870N
●これは今日の時点(3月26日)ではまだ購入できていません。携帯ラジオは店頭でもネットでも品切れが多く、またオークションでも定価以上で落札されることが多いので、価格とのバランスを見ながら様子を少し見ているところです。ただ、幾つか調べた中ではこれが気に入ったので、こちらを買いたいとは思っています。近日購入予定です。
現時点で何故このモデルにしようと思ったかを書いてみたいと思います。リュックに入れることを考えるとすると、正直な所、少し大きいです。既に私の非常袋はかなり重くなっていて、単純に大きさや重さだけを考えるのであれば他にもっと良いモデルがあると思います。
一番の理由は、普段から枕元において愛用したいと思っていることがあります。
私は「携帯電話があるから腕時計は要らない」という意見に反発してしまう腕時計好きですが、何故か目覚ましだけは未だに携帯のバイブ機能を使っています。目覚まし時計のアラームが苦手で、以前愛用していた物が壊れてしまってからは、何となく買わずにいました。
ただ、基本的にはやはりこうした時計を枕元に置いておきたい人間です。その点で、こちらのモデルは普段使いを考えて作られています。

  • 電池駆動だと短いが、アナログ時計(KR870N)がある。
  • より正確に、また曜日や日付も知りたければデジタルの電波時計(SQ692W)もある。
  • 普段使い用に別売ACアダプター(ZZ260A 税込1,575円)を使用すれば電池無しでも使える。

私の性格からして、非常時だけのために専用の携帯ラジオを買ってもそれ以外では全く使わなくなってしまってとても勿体ないと思っています。それが普段は目覚まし時計として、またラジオとして常時使用できるというのはとても嬉しいです。
あとは基本的な非常用ラジオとしての機能(手動発電機搭載・ライト・非常用ブザー・携帯電話充電用コネクター等々)も比較的充実していますし、電池で駆動させる場合は上のLEDライトと同じ単3電池が使えるということも理由の一つです。
アナログ時計とデジタル電波時計に関してですが、元々アナログ時計のほうが好きなこともあるのですが、今回日本の電波局2局の東側をカバーしていた福島局が止まってしまったことなどもあり、そうした場合(単純な月差時計になるだけですが)のことも考え、目覚まし時計にまで電波は求めていない、ということがあります。

明日辺りにまた少し(といいつつまたまとまりなく長くなりそうな気もしますが)触れようかなぁ、と思っているのですが、状況によって必要な物も変わってきますし、常に携帯しておいたほうが良いものも中にはあると思います。その辺りも考えていきたいと思います。
#この文章は私の以前のブログ「毎月一品♪土屋鞄生活」で当時書いたものです。
こちらに移行するにあたって、元のブログより「土屋鞄」とは関係のない話題で書いた内容を徐々に移行しています。元記事は重複を避け、時期を見て削除しようと思っています。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。