[0764-201505] ステインリムーバー派の靴好きのあなたへ。自分の皮のお手入れにはCLINIQUEがオススメです。

[0764-201505] ステインリムーバー派の靴好きのあなたへ。自分の皮のお手入れにはCLINIQUEがオススメです。

スポンサーリンク

靴のお手入れ好きには大きく分けて2種類の種族がいると思われます。あ、お手入れしない人は種族じゃありません。あっち行け、このやろう、とは言いませんが、是非お手入れして下さい。
ここで挙げる2つの種族は、「ステインリムーバー」というものを使うかどうかで分かれます。

クリームを塗る前に古いクリームや汚れを落とすかどうか。

OO85_skincare1209500
これはなかなか悩ましい問題で、明確な一つの答えが出ない分、お互いに干渉せずに今のところ平和に住み分けが出来ていますが、時々国境付近で鍔迫り合いは起きます。
使う人は使うし使わない人は使わない、と当たり前といえば当たり前ですが、使う人にとっては毎回使わないと落ち着かなくなります。
ちなみに私は基本使いません。ブラシかけとけ、としかこのブログでも言わない人間ですから。
[0446-201412] クリスマス直前。贈るならシューケアセットではなく、上等なブラシ一本渡して、ブラシかけとけ、で充分です。

ステインリムーバーを使う人には是非使って欲しいものがあるんですよ。

私、先々月の末に靴の革だけでなく自分の皮にもそろそろ気を使ったほうが良いのではないか、と思いまして、渋谷西武の化粧品コーナーに行きました。
[0725-201503] 牛の革には幾らでも出せるのに、自分の皮には一円も出せない私とあなたに男性用スキンケア用品の世界へのお誘い。
その際、とても親切にしてくださいましたメーカーがありまして、そちらがCLINIQUEだった、というだけの話なのですが、このメーカー、他社と同様に基本「3ステップ」を推奨しているのですが、角質ケアに重点を置いたケアということが特徴的でもあります。
[0726-201503] たまには牛の革だけでなく自分の皮にも興味を持とうと渋谷に行ったらCLINIQUEと相性が良かった話。
CLINIQUEでも乳液の前に化粧水のようなモノを使うのですが、目的が保水よりも「古い角質や洗顔で落としきれなかった汚れを落として、その後の乳液が浸透しやすい肌の状態を作る」ということに重きを置いています。

これって、ステインリムーバー好きには最適ではないですか。

それが、クリニークの「エクスフォリエーティングトニック」です。

これがハマると気持ちが良い。私は前回お試しサンプルを頂きまして、この1ヶ月毎日使っていたのですが、すっかり気に入ってしまいました。ブラシかけとけの私がです。
お試しサンプルがちょうど一昨日切れてしまいまして、何となく落ち着かなくなってしまった私は、昨日渋谷西武のCLINIQUEのコーナーを再訪しまして、結局購入してしまいました。

ステインリムーバーを使いたい人の気持ちが分かった気がした。

0764-201505_CLINIQUE
前回も書きましたが、CLINIQUEのお姉さん、うまいんですよ。見事に術中にはまりました。あの、左手の甲だけこのトニックで拭いた後に乳液を加えると浮き出ずにスーッと染みこむのに、トニックを使わなかった右手の甲は表面に脂浮きのように浮いてなかなか染みこんでいかない、例の販売商法です。
化粧品慣れしていないピュアな男の子である私はコロッとやられちゃいました。
乳液の前にこれ使わないと落ち着かなくなってしまったんですね。いやぁ、やられた。

洗顔フォームや乳液は他を愛用している方も一度試してみて。

勿論同じメーカー同士で合わせたほうが相性が良いのは分かるのですが、是非一度試してみて欲しいこのトニック。といっても要は化粧落としのようなものなんですが、それ言ったらクリーナーもステインリムーバーも同じなのに、ステインリムーバーのほうが良い、毎回使っても大丈夫、って熱く語るでしょ、派閥の方。
今回はちょうどトニックだけ切らしていたのでこちらだけ買い足しましたが、あとは順番に洗顔フォームとローションは同じCLINIQUEでいくか、ちょっと他の相性の合いそうなものも試してみるか、使いながら楽しんでいきたいと思います。
たまにはお手入れしたほうが良いですよ。靴だけでなくて、自分の皮も。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。