[0500-201501] 今年は「当たり前」のことを着実にこなしていける年にしたい。

[0500-201501] 今年は「当たり前」のことを着実にこなしていける年にしたい。

スポンサーリンク

何とも曖昧な年初の目標のようですが、ここ最近ずっと感じていることです。
物事がうまくいっていない、もしくはいっていないと感じる時というのは、当たり前のことがきちんと出来ていないな、と思うのです。
当たり前のこと。
それは例えば毎日の掃除であったり、片付けであったり、皿洗いであったり。
更に言えば、髭を剃る、風呂に入る、髪を洗う、歯を磨く、といったことでもあります。
部屋の状態を見ると、まさにその時の自分の精神状況や、仕事やプライベートの状態を表しているなぁ、と思います。
部屋がごちゃごちゃし始めると、たいていうまくいってないんですよね。
で、部屋がごちゃごちゃしているから、ますます気分が晴れずに、家にいるのが億劫になってしまったり。
家にいるのが億劫になると、ますます部屋が片付かなくなって、ごちゃごちゃしていく。悪循環。
[0279-201407] 狭い我が家の大量の写真と本を今更ながらデジタルデータにして改めて見えてきたもの。
[0393-201412] ベストを求めて動かないよりは現状よりベターを選択する。単にダスキンの話です。
lgf01a201311261300
朝起きた時、私は基本的に鬱です。体温低いんでしょうね。で、そのまま何もしないで寝ていたくなる。
でも寝ても気分も何も解消しないわけです。
そんな時に、歯を磨いたり、髭を剃ったり、そんな当たり前のことが出来ていないと、一日それが影響します。
もう気分上がらない、何となく一日何をしたというわけでもなくダラダラ過ごしてしまった。
ダラダラ過ごしてしまったことでますます落ち込む。また悪循環。
これは最近は朝風呂でだいぶ解消されて少なくなりましたが。
[0415-201412] 朝起きるのが辛いのは、体温が低いから。一日何も出来ないのは、冷えた状態をそのままにしておくから。
仕事の捗り具合も、そんな当たり前のことが出来ているかいないかが大きく作用しています。
仕事がうまくいっていない時って、つい新しい何かをしなければ、あれをしなければ、これをしなければ、となりがちですが、それよりまず、顔洗え、と。
あ、これは自分自身に言ってます。
自分にとって本当に好きな仕事なのであれば状態管理もモチベーション管理も必要ない、という方も勿論いると思います。
けれど、私にとっては、好きなことでも、いや、好きだからこそ、気分優れないまま乗らずに仕事に入れなかった時ほど辛いものはありません。
そうならないためには、自分の状態をなるべく良い状態にしておきたい。
slooProImg_20140522161812.jpg
[0200-201405] Tivoli Audio Model OneでClassic FMを流しながら過ごす休日 | Life Style Image
[0266-201406] Forest Notesが自然に自分の日常の中にある生活。意識して流さないこと。
[0354-201411] BBC WorldNewsを24時間観たいなら、ひかりTVだと思います。
勿論誰でも波はあることは当たり前だとしても、敢えて気分下がる状態を自分から作る必要はないわけです。
仕事だけでなく、プライベートでも、つい新しいこと、新しいモノに手を出してしまうあまり、目の前にいる大切な人や友人、大切なモノへの意識を忘れてしまう。
誰でも大なり小なりやってしまうことですが、その結果、新しいことも中途半端、つい疎かにしていた目の前にいる人、モノを失ってしまうこともあります。
だから、今年は新しいことにどんどん挑戦する前に、まずは当たり前のことを一つ一つ着実にこなせるようにしていきたいと思っています。
この当たり前のことが、一番難しいことは、どれだけこうした関連の書籍が出ているかを考えれば分かることなのですが、それを今年は意識していきたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。