[0346-201411] 気がついたら夜で、明日から本気出すことが多い人には朝風呂がオススメです。

[0346-201411] 気がついたら夜で、明日から本気出すことが多い人には朝風呂がオススメです。

スポンサーリンク

slooProImg_20140701175328.jpg
ここしばらく、朝風呂にハマっています。
シャワーではなく、しっかりお風呂に入ります。これが最高です。幸せです。
昔から朝起きるのは苦手でしたが、朝掃除をするようになってから、とりあえず比較的朝型が続くようになったのは以前書いた通りです。
[かぶ] 靴屋だった私が今も何とか朝型の生活を続けられている理由について考えてみた。 | おふぃすかぶ.jp
ただ、それでも気分が乗らない時があるんです。乗らない日はなかなか大変で、気がつくと夕方くらいまでほとんど何も生産的なことはしなかった日も多々あります。

夜面倒だったのと、ミドル脂臭が気になったのがきっかけでした。

もともと朝お風呂に入ろうと思ったのは、単に夜面倒だったのと、起きた時何となく汗っぽくて、ちょうどミドル脂臭も気にし始めたのが理由です。
ミドル脂臭に興味を持ったので、ルシードの薬用スカルプデオシャンプーを買ってみた。
朝すっきりしてから仕事しようかな、と思った程度だったのですが、これが意外と気持ち良い。
頭がスッキリするので、お風呂に入ることで切り替えがしやすくなりました。
で、その気持ちよさにハマって、気がついたらここしばらくほぼ朝風呂なのですが、たまたま昨日読んだこちらの本で、なるほど、と思いました。

起床直後の朝は、脳をはじめ体内の諸臓器が十分に覚醒して折らず、また、体温も低いため、気分はうつ傾向にあるものだ。

健康な人でも、概して起床時から1~2時間は体が重かったり、ボーッとしていたり、気分が沈みがちになったりなどと、何となく調子が出ないものだ。
低血圧の人やうつ病の人は、それがさらに顕著になる。しかし、午後になるとだんだん調子が出てきて、暗くなる頃からますます元気になり、よいっぱりという人も多い。
こうした現象は、すべて体温の変化が大きく関係している。明け方に最も低くなった体温は、午後5時頃まで徐々に上昇し続けるからである。
ふつう、午後2時から8時頃までが体温が一番高くなる。一日の最低体温と最高体温の差は、1℃くらいにもなるのである。


私は朝が弱いです。朝の状態によっては一日気分が上がりません。
そのため起床後どれだけ早く自分を良い状態に持っていく(上げていく)かがずっと課題でした。
20代の半ばで一度うつになったことがあるのですが、その時最も効いたのが薬ではなく食事を変えることでした。当時心と身体は密接に繋がっているんだなぁ、と実感したのを覚えています。
当時は体温まではあまり気にしたことがなかったのですが、子どもの頃は平均体温は36.5度でした(体温って誰でも36.5度が普通だと思っていました。)。
大学から一人暮らしを始めて以降、あまり生活を考えたことがなく、手足の冷えを感じるようになったのもこの辺りから。
結婚してから少しずつ食生活と共に冷えも気を付けるようにはしていたのですが、それでもついつい身体を冷やすようなことも結構あります。

「時間管理」より「状態管理」が大切だと改めて思う。

よく、なかなか仕事や勉強が捗らない人にとって大切なことは「時間管理」ではなく「状態管理」だ、と言われますが、自分の身体の状態をちゃんと意識することが大切だと改めて感じます。
身体が温まると、活動する気になる。これ、当たり前のことのようですが、それでいて結構日常で身体を冷やしてしまうようなこと、結構やっているんですよね。
第一、今回朝風呂に切り替えたのは夏の終わりです。冬に始めようと思ったら、何となく寒いし湯冷めをしそうだから、とやらなかった気がします。
私のような痩身冷え性気味の人は、そもそも目覚めたときの体温も低い。
ということで、単純なことですが、個人的にとてもオススメです。
ただ、これ、おじいちゃんがよくやって、そのまま心臓発作で亡くなっちゃったりするので、ちょっと朝風呂にしようかな、と思った方はそうした点では充分に気を付けて下さい。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。