[0534-201501] 米原万里「オリガ・モリソヴナの反語法」(集英社文庫)を読み始めたら止まらなくなった。

[0534-201501] 米原万里「オリガ・モリソヴナの反語法」(集英社文庫)を読み始めたら止まらなくなった。

スポンサーリンク

これは・・1月にして私の今年の最高の一冊になってしまうかもしれません。静かに興奮しています。

決して新作ではなく、米原万里さんの第13回 Bunkamuraドゥマゴ文学賞 受賞作品にして、唯一の長編小説です。

まだ読み始めたばかりなのですが、落ち着きません。続きが気になってしまう。早く読み進めていきたい気持ちでいっぱいです。

「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」は私の昨年のお気に入りでしたが。

米原万里さんは恥ずかしながら私は昨年知りまして、まだ「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」しか読んでおりません。これもたまたまKindle版が安くなっていて、評価が高いようなので読んでみるか、と買ってみたら面白かった。

これについてはその頃一度書いていますが、今回「オリガ・モリソヴナの反語法」を読みながら、この本の話と重ね合わせている自分がいます。

[0312-201408] 妻がチェルノブイリに関わりながら、ほとんど旧ソ連の国々について知らなかった私が最初に読み始めた本を挙げてみる。

読み終えたらもう一度「嘘つきアーニャ」は読み返してみようと思います。というか、この二冊は折に触れて読み返したくなる作品だと思います。

チェコ、東欧、共産圏。旧ソ連。ほとんど知らない冷戦時代。

妻がチェルノブイリ関連のNGOにいる関係で、付かず離れずの常に心の何処かに引っかかりながらも、深く入らなかった世界。それが旧ソ連の国々、共産圏、社会主義圏の世界です。

私のようにまだ30代中盤の人間は、ソ連崩壊はまだ学生時代、小学生から中学生の頃です。当時の日本における状況も含めて、基本的に小説の世界でしか触れることの出来ないくらい昭和は遠くなりにけりです。

今これだけ世界が近く感じられても、実際になかなか世界に触れる、世界を動き回るような生活をしている人はまだまだ少数です。

kindle_20140814_1

かえって気軽に情報が入ってしまう分、海外に対する憧れというのは、想いというのは薄くなってしまっているのではないか、と感じることがあります。

こうした小説に触れることで、想像がどんどん膨らむとともに、自分の知らない昭和の日本というものを疑似体験しているような部分もあると思います。

閉ざされた空間、閉ざされた情報というのは、かえって人の気持ちを刺激しやすい、想像を膨らませやすいのかもしれませんね。

それは旧共産圏だけでなく、先日たまたま見たバチカンの内部の映像に関しても同じことが言えます。

[0366-201411] カトリックではない私にとって、素晴らしい刺激の連続でした。- バチカン〜秘められた神秘の世界(Vatican : Life Within) | Life Style Image

slooProImg_20141125104201.jpg

こうして振り返ると、私は昭和に、20世紀に何か憧れを抱いているのかもしれない。

最近思うんです。SEIKO 5CASIO STANDARD DIGITALはじめ、どうも昭和であったり、当時の世界全般に私は何か強い憧れを持っているのではないか、と。

昔は良かった以前に、その昔を知りませんから、生まれてきていませんから、という状態ですが。

例えば今のコンピュータを取り巻く状況よりも、黎明期のストーリーに興味を持ったり。SFに関しても、その頃にイメージされた宇宙であったり未来であったり、にワクワクしたり。
例えば「星を継ぐもの」なんて、当時から見た宇宙や未来を思う存分に書いている訳ですよね。

[0413-201412] ジェイムズ・P・ホーガン「星を継ぐもの」がKindle版で発売されたので、大変に嬉しくて全米が泣いた。

実際もし今その時代に飛ばされたら、私は一日と保たない気がしますが。

遠すぎず、けれど今目の前にあるほど近くはない、そんな少し前の世の中の出来事であったり、生活であったり。そんなものに時々逃避したくなる自分がいるようです。

ということで、また続きに戻りたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。