[かぶ] manfrotto KLYP+フォトグラフィックケース用レンズ クリエイティブセットを幸運にも入手出来ました。

[かぶ] manfrotto KLYP+フォトグラフィックケース用レンズ クリエイティブセットを幸運にも入手出来ました。

スポンサーリンク

ホント偶然でした。たまたま前回触れたフットレストを注文しようかなぁ、と何気なく一昨日の夜遅くにAmazonを眺めていたんです。ふと思い立って、このクリエイティブセット(1.5倍&ワイド/マクロ) MOKLYP6-WTを見てみたところ、「取り寄せ1〜2週間」のはずが「在庫1点有り」。しかもAmazonプライムで翌日には届くではないですか。

前回文章を書いた直後に「今僅かに在庫があるように思われるお店で急いで買うか」と書いていたお店を再度見てみたら、この更新をしている15分程度の間に売り切れていまして。これはイラクまでに入手は厳しいかなぁ、と半分以上諦めていました。

[0796-201505] 来月2日の妻のイラク渡航に合わせて、manfrotto KLYP+ フォトグラフィックケースを購入しました。 | Life Style Image

本当に感謝です。

manfrotto KLYP+フォトグラフィックケース用レンズ クリエイティブセット

0801-201505_KLYP Lens Kit 02

実物は意外に小さい、カバー(キャップ)と袋付きのレンズ2個セット。

持ち歩くにも、ポーチか何かの隙間に入れておけば大丈夫なこの大きさ。そして取り付け側、レンズ側ともにキャップも付いていますので安心です。

早速取り付けてみましたが、

0801-201505_KLYP Lens Kit 03

キャップを外すとこんな感じ。こちらは望遠1.5倍レンズのほうですね。

0801-201505_KLYP Lens Kit 04

実際に撮った写真を上げたいのですが、まだ妻がこのレンズをつけた状態で撮りたいものが出てこないので、撮ったら例として上げたいと思います。期待されていた方、ごめんなさい。ただ、覗いた感じでは、1.5倍だとそれなりに大きくなるな、というくらいの印象でした。

妻が好きな海外の遺跡の写真などを取る際には1.5倍よりもむしろ3倍のほうが魅力的かもしれません。

そうこうしている内に、こんどはこちらの3倍レンズまで入荷待ちになってしまいました。意外と需要があるのか、それとも元々流通量自体が少なく需要自体がそれほどないのか。気になる方はレンズはとりあえずキープしておいたほうが得策かもしれません。

ワイド&マクロはなかなか面白い。

こちらも撮った写真がなくてごめんなさい。昨夜取る場所がなかったんですよ。で、今日は妻はレンズ持ったままいつも通りお仕事行っちゃいましたし。

0801-201505_KLYP Lens Kit 05

厚みはこのくらいです。可愛らしいものです。付けっぱなしでも問題はないけれど、鞄にそのまま放り込むにはちょっとだけ心配かな。付け外しは結構簡単です。すべて専用のこのケース用にできていますので。

0801-201505_KLYP Lens Kit 06

この状態でワイドです。上半分を回して外すとマクロに変わります。最初どうやって切り替えるのか分からなくて数分戸惑いました。

マクロは本当にマクロです。手のひらの毛穴とか撮るのに(撮らないって)最適です。お、iPhoneでここまで接写出来るんだ、と感動しました。これがどの程度まで撮れるのかはこれからいろいろ妻に試して欲しいのですが、いろいろ楽しめそうな気がします。

そして、今回3倍望遠ではなく、このクリエイティブセットにした大きな理由がこのワイドレンズです。これで今回のイラクの難民キャンプや綺麗な風景、町並みなどを撮ってきてほしいな、と思ったのです。今回が遺跡巡りの観光だったら3倍望遠も捨てがたかったですが。

なるべく早めに何かわかりやすい写真を撮って上げるか、来月2日以降の妻のブログの写真を楽しみにお待ちいただけると助かります。

iPhoneでここまで楽しめるのであれば贅沢です。

いや、ほんと素直にそう思います。iPhoneのカメラの弱点の一つでもあるズームと接写をここまで解消してくれて、更に今回は選択肢に入れてはいませんでしたが、魚眼から、スーパーワイド、ポラライザーまでレンズを手軽に替えるだけで様々な撮り方が(アプリの効果ではなく)撮れるんですから。

そしてレンズ自体小さいので、先ほどのように持ち歩きもたいして苦にもなりません。却って鞄の中に入り込んでしまっていざという時にすぐに取り出せないんじゃないか、と心配になってしまうくらいです。

0801-201505_KLYP Lens Kit 07

他にも三脚やLEDライトが付けられるようになったりと、幅広く対応できるので、これがあればプロやよほどカメラが趣味でもない限り、iPhoneでますます充分になってしまうのではないかなぁ、と改めて感じてしまいました。この辺りは今後の妻の使い方で判断したいと思います。とりあえず喜んでくれているようなので良かったです。

興味を持たれた方は、レンズの前にiPhone用の専用ケースが必要になりますので、それだけ忘れないようにしましょうね。

[0796-201505] 来月2日の妻のイラク渡航に合わせて、manfrotto KLYP+ フォトグラフィックケースを購入しました。 | Life Style Image

こちらがiPhone 6用。

こちらがiPhone 6 Plus用です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。