[0788-201505] SKINSカーフタイツも届き、Vibram fivefinger愛用者には必須の五本指ソックスについても改めて検討してみる。

[0788-201505] SKINSカーフタイツも届き、Vibram fivefinger愛用者には必須の五本指ソックスについても改めて検討してみる。

スポンサーリンク

今日SKINSのカーフタイツが届き、早速履いているのですが、これがやはり素晴らしい。キツすぎず、けれど適度にふくらはぎに圧をかけてくれることで、夕方になっても足もふくらはぎも快適です。購入までだいぶかかりましたが、今回購入して正解でした。
[kanren postid=”6880″]
0785-201505_SKINS 01
これも当面は2組で廻す予定ですが、使い勝手によってはもう2組くらい追加で購入しても良いかな、と思いました。
とともに、私にとって必須なものが五本指のソックスです。

現在愛用しているのは無印良品のオーガニックコットン混足なり直角5本指靴下

0788-201505_fivefingers 02
オーガニックコットン混足なり直角5本指靴下 25~27cm・チャコールグレー 無印良品ネットストア
これ、Vibram fivefingersを購入した時に、ひとまず困って帰りに無印良品で購入しました。確かお試しか何かで20%くらいオフになっていた良い機会でしたので、結局6組購入して今も愛用しています。特に不便はありません。
若干カジュアルと言われればその通りなのですが、最近スーツ自体ほとんど着なくなってしまったので。ラギッドシューズの時にもこの五本指ソックスです。

五本指ソックスですべて揃えたいので。

私のスタイルは何度もこのブログで触れていますが、靴に関しては三交製靴のラギッドシューズとVibram fivefingersがメインです。となるとソックスも必然的に五本指になってきます。
これが快適なんです。一度慣れてしまうともう普通の靴下には戻れない。20代で一度五本指になったのですが、なぜまた普通に戻ってしまったのか。まぁ革靴が主体になると仕方がないことかもしれませんが。種類自体少ないんですよね。
[kanren postid=”6699″]
0766-201505_VibramFiveFingers 01

靴下専門オンラインストア Tabioの気になる五本指ソックスを見てみる。

そうした中、以前から気にはなっていながら、未だ買わずじまいなのが靴下専門オンラインストア Tabio(タビオ)です。
Tabio-order-03
前回興味を持って見に行った時には、ちょうど入れ替えの時期だったためか、品数があまりなく、どこかで揃えたいな、と思いながらも結局そのままブックマークに入れたままでした。
ところが今回改めて見に行ってみると、それなりに充実しているではないですか。例えばメンズ五本指だけでも55件もヒットします。
メンズ 五本指靴下・ソックス 通販 -Tabio(タビオ)
レディースなんて87件です。なかなかかわいいものもありますね。妻が履かないかな。五本指の良さを妻とも共有したい。
レディース 五本指靴下・ソックス 通販 -Tabio(タビオ)
そこで、今回良い機会なので改めて私がすべてのソックスを五本指に替えるとして、気になるものをチェックしてみました。

メンズ太ボーダー五本指ソックス


メンズ 太ボーダー5本指ソックス | Tabioオンラインストア
まずはこの辺りかな。色の組み合わせは何色かあります。ラギッドシューズをジーンズその他に合わせるとなると、なかなか靴下の選択が難しくなってきます。特に黒のプレーントゥやストレートチップなど。仕事用をそのまま休日も履きました、みたいになる恐れがあります。
靴下だけ多少替えるだけでも雰囲気が変わってきます。とはいえ、革靴。思い切り替えていくのは頑張り過ぎ。この辺りお洒落な方は上手く組み合わせるのでしょうが、私の場合はなるべく使い回しの効くスタンダードなものを選んでしまいます。悪く言えば平凡、変わり映えのしない、となりますが、それが良いんです。

メンズ スラブ引き揃えショート5本指ソックス


メンズ スラブ引き揃えショート5本指ソックス 通販 -Tabio(タビオ)
私、結構こういう柄好きなんですよね。どう合わせるかもありますが、ただ踝周りのショートというのがちょっとだけ気になります。何故なら内側にカーフタイツを履くからです。変でしょ、この柄に上にカーフタイツ。あ、でも登山なんかだとありそうなスタイルですか。女性だとかわいらしく履きこなすんですが。
追記 2016年8月30日 14:30 更新
流石に一年以上経ってしまうと、定番と思われている商品もマイナーチェンジや販売終了が出てきているようですね。この「スラブ引き揃えショート5本指ソックス」も既に全てのカラーが販売終了のようです。

TABIO SPORTS for ビジネス5本指ソックス


TABIO SPORTS for ビジネス5本指ソックス | Tabioオンラインストア
1,944円/25.0~27.0㎝
ビジネスですと王道。その中でもSPORTSと付いているのは、これ機能性のソックスなんですね。消臭やドライ機能などは五本指自体比較的蒸れにくいという特質は持っていますので、そもそも靴のフィッティングを重視して欲しいと思っているのですが、これ、土踏まずに圧をかけてくれたり、とよりSPORTSライクな機能をビジネスに持ってきた、という。
邪道といえば邪道ですが、五本指自体既にクラシックでも何でもないと言われれば私にはまだ返す言葉が見つかりませんので、気持ち良く履けるのであれば良いのかな、と思っています。最近この辺り弱くなってます。

小旅行や日常も含めて必要最低限で揃えておきたい。

0788-201505_fivefingers
靴下も気がつくとあっという間に増殖していって、よく見るとこれ1年近く履いてないでしょ、というくたびれてしまったものがチラホラ出てきてしまったりします。これは勿体ないです。モノは自分が気を留めてあげられる、意識してあげられる、要は自分の器に入りきる適度な量というのがあると思うのです。そうした点では靴下はあっという間に器から溢れることが多いと思います。
いろいろな柄があるとつい手を出したくなってしまいますが、気がつけば組み合わせに迷い数回履いただけであとは奥深くしまわれるくらいであれば、自分の気に入ったスタンダードなものを必要最低限で揃えておいて、しっかり履ききってあげるのが一番かな、といつも思っています。
最近五本指ソックス以外全く履かなくなってしまったので、通常のソックスがまったく履かれずに眠っています。捨てるのは忍びない。けれど、これも含めて気に留めてあげられる量をしっかり考えて整理していきたいと思います。
靴下専門オンラインストア Tabio(タビオ)
[kanren postid=”17916″]

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。