[道具] 「だけ出来る」は「何でも出来る」より時には魅力的だということを知ってほしいので、愛用しているKindle Paperwhiteを例に挙げてみるよ。

[道具] 「だけ出来る」は「何でも出来る」より時には魅力的だということを知ってほしいので、愛用しているKindle Paperwhiteを例に挙げてみるよ。

スポンサーリンク

電子機器にはスペックがあります。そして技術の進歩とコスト削減により、どんどん高性能のモノが安く手に入るようになっています。さらに日本という国はあるときから「全部詰め」「何でも出来る」ことが素晴らしい、とばかりにそれらの機器に多くの機能を詰め込んできました。
お財布の代わりになります。スケジュールも確認できます。住所録の代わりになります。ネットも見られます。自宅の家電を外からチェックできます。などなど。昔ありましたね。私の小学生の頃。電子手帳なるものが。懐かしい方いらっしゃると思いますが。
一瞬とても便利なのかもしれませんが、そして夢の機械のような気がするのですが、ふと冷静になって考えた時、とても疲れてしまっている自分がいることに時々気が付きます。

もっともっとを求めるあまり。

次から次へと欲望や、ハッキリしていないのにとりあえず便利だと思われることに、もっともっとと求めて行ってしまうんですね。
あれも出来る。これも出来る。これひとつあれば何でも出来る。
けれど最近思うんです。私が本当に意識を向けられることなんて、大した量じゃないんですよ。
私の中には器があって、その中に収まりきらなくなると途端に苦しくなってしまうんです。

機能の全部のせは確かに便利だけれど。

今私が愛用しているZenfone 5。これもなかなか優れたやつでして、その中でも私が特に便利だと感じる機能がKindleです。本が読めるんです。便利ですね。これは認めます。
0717-201503_Zenfone5 03
あまり荷物を持ちたくない時には助かります。Zenfone一台でほぼ用足りますから。これは以前のiPhone 6 Plusの時も同じでした。
ただ、時々Kindleで読みたくなる時があるんです。それはアプリではなく、Kindle端末で、です。我が家にあるのはPaperwhiteの2013年版です。

[kanren postid=”3516″]


これ、なぜだろう、と考えた時に、以前も書いたことがありますが「だけ出来る」というのがすごく気持ちを楽にしてくれるんです。
「だけ出来る」は他は何も出来ないんですよ。これ、同じく愛用しているKING JIMのポメラも同じです。


スマホで本を読んでいると。

時々本の世界に入り込めなくなります。あ、あれ忘れてた。これ調べないと。メール来てるかな。注意力が散漫です。なぜなら、それらが同じ端末上で気軽に切り替えられるから。タップ一つで簡単に他のことが出来てしまう。
本を読んでいると、時には浸っている時もあれば、そこから新たな刺激が生まれることもある。それらを確かに掬い上げることも必要なのだけれど、あれも出来てこれも出来てしまうと、落ち着かなくなってしまうんです。

画面の切り替えがフワッとしているから。

これ、よくマイナスポイントとして挙げられることが多いですが、悪く無いですよ。E-Inkの切り替えの関係で、すぐに切り替わらず、画面がフワッと次のページに切り替わる。でも、のんびり浸る読書のスピードにはこれくらいがちょうど良いんです。そして、スマホの画面を見ていると、いつもの他の作業とまったく同じ画面を見ているわけで気持ちの切り替えがあまりないのですが、Kindle Paperwhiteを見つめている間は、明らかに本を読んでいるんですね。

勿論使い勝手の悪さも無くはないです。

気になった語句や文章をハイライトさせたい時、反応が悪かったり、なかなかうまくいかないこともある。そして、Paperwhiteだとハイライトした部分全てを保存しきれません。ファイル容量の関係なのかな。
0488-201501_Kindle02
けれど、そうした細かい使い勝手は別とすれば、バッテリーは持つし、目の負担は軽いし、大きさは手頃だし、何よりこれだけ持って出歩けば、紙の本を数冊持って出かける時と同じ気分なんですね。そしてやはりスマホで延々と読んでいる姿は、本人は本を読んでいても周りからいるとスマホ依存症みたいなもんです。Kindle端末であれば、まったく興味のない人にとっては同じですが、少なくともスマホほどスマホ感がありません。

「だけ出来る」で生き残っているのは凄いこと。

slooProImg_20141219165520.jpg
どれだけ技術が進んでも、「だけ出来る」の分野で生き残れているというのは凄いことだと思います。それはその機能に特化させたものを欲しい層が必ずいるから。そしてそうした層にしっかり揉まれてブラッシュアップされながらも、基本的なスタンスを崩すことはないから。それが定番の強みにもなってきます。一般的な意味での定番とは少し位置づけが違いますが。
できる事を絞るというのは勇気の要ることだけれど、その分とても心も身体も軽くなります。今もKindle Paperwhiteは私の愛用ツールの一つです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。