[0291-201407] 久しぶりに夫婦共用のお財布について考えてみる。

[0291-201407] 久しぶりに夫婦共用のお財布について考えてみる。

スポンサーリンク

昨夜土屋鞄のメルマガを眺めた後、布団に入る前に一日の生活費の精算をしました。
[kanren postid=”1947″]
私たち夫婦は結婚前から共用のお財布を一つ使っています。結婚前は遊びに行った後など、よく私が妻を家まで送っていたので、毎回交通費がかかるのではないか、と心配してくれた妻がせめて送った後、家に帰るまでの交通費くらい出したい、と行ってくれたのが始まりです。それから徐々に、二人でいるときのお互いの食費や小さな出費をこのお財布から出すようにしました。
BREE 夫婦共用のお財布
妻とは10年弱付き合ってから結婚したので、もうこのお財布も10年近くになると思います。最初は無印良品のヌメ革の折財布を使っていたのですが、革が固かったのと、若干使いづらかったこともあって、途中からBREEの折財布にしました。さすがに当時と同じお財布は既にBREEでは販売していませんが、ちょうどLund 109とTimes 107 Natureを合わせたような三つ折り財布です。
BREE 夫婦共用のお財布

ヌメ革三つ折り財布「Times 107 Nature」 | BREE公式オンラインショップ
10年近く、その間水没や幾多の試練を乗り越えたお財布は、それでも傷みも少なく、まだまだ充分に使い続けられると思います。非常に気に入っていますし、これからも使い続けたいと思っているのですが、カードが入る部分の縫製と接着が弱くなってしまって、カードの抜き差しに引っかかりが出て若干使いにくい部分も出てきました。
そこで、買い換えたい、というよりもは、今探すとどんなお財布があるかな、というくらいの気分で昨夜精算後にいつも通りの土屋鞄を覗いてみました。

コードバン 二折りパース

土屋鞄 コードバン 二折りパース
コードバン 二折りパース \30500-(税込)
http://item.rakuten.co.jp/takuminowaza/cd2424/
2014.07.30時点 売り切れ
コードバン、何だかんだ言いつつも、良いなぁと思うものの一つです。独特の艶と、実際はどうかは別としても牛革に比べて丈夫そうなイメージ。革のダイヤモンドと言われるのも分かる気がします。そうした点ではもし買い換えるのであれば、これくらい奮発しても良いのかな、と思ってしまいます。
[kanren postid=”1490″]
ただ、夫婦共用、となると、若干このお財布のイメージが男性的かな、と思ってしまう部分も。勿論ユニセックスではあると思うのですが。

ニッティング メッシュハンドパース

土屋鞄 ニッティング メッシュハンドパース
ニッティング メッシュハンドパース \30,000-(税込)
http://item.rakuten.co.jp/takuminowaza/kn1713/
2014.07.30時点 最終販売中 ブラックのみ(△残り僅か)
これは綺麗。素敵だなぁ、と思います。ニッティングは前から気にはなっていたのもの、元々メッシュ自体ORTHODOXEEの長財布とほぼ日手帳用カバーで愛用していたので、敢えて土屋鞄で選ぶ必要はないかな、と思って自分用には考えてはいませんでした。
ただ、夫婦共用と考えると、こういう選択肢もいいなぁ、と思います。残念なのは今日の時点で色が黒のみ、しかも最終販売のため追加はなさそうということ。夫婦で使うのであれば、ダークブラウンやボルドーブラウンが良かったかなぁ、と思います。
それと、最近夫婦の生活スタイルの中で、ほとんどポイントカードを持ち歩かない(し貰わない)ため、それ程色々付いている必要はないところが少し用途とズレてしまうかな、とは思いました。最低限のカード(クレジットやキャッシュカードを合計数枚程度)だけ入れて、あとは小銭とお札。となると、少しこのお財布だとオーバースペックな気もします。勿体ないかも。

コンフィオ ヌメ革二折財布

土屋鞄 コンフィオ ヌメ革二折財布
コンフィオ ヌメ革二折財布 \15,000-(税込)
http://item.rakuten.co.jp/takuminowaza/co6113
2014.07.30時点 売り切れ
ここ最近、Lファスナーのおかげで少しだけ印象が変わってきた土屋鞄のヌメ革。マウスパッドも夫婦揃って使っていますし、シンプル。値段も上二つに比べると半分程度。これが土屋鞄の中では一番私たち夫婦らしいかな、という気もします。
今使っているBREEのヌメ革に比べれば変化は大きくはないのだけれど、変わっていくのを少しずつだけれど楽しみながら、長く使えそうな気もします。比較的丈夫に作られている印象も自分の中ではあるので。ただ、それならば敢えて今長く慣れ親しんだBREEから替える必要があるのか、という問題はありますが。

お財布は人それぞれ、種類もたくさん。たまには眺めてみるのも面白いと思います。

土屋鞄 二つ折り財布
お財布って、それぞれの生活スタイルだったり、考え方が表れやすいもの。お金というもの自体が欠かせないものである以上、それを収めるものとして、自分のスタイルを考えながら色々眺めてみるのも面白いと改めて思います。例えば私であれば、今回は共用のお財布であって、自分の好みだけを前面に押し出せば良いわけではないし、二人の生活の形も想像する必要が出てきます。それを楽しめるかどうか。そして、楽しめるのであれば、お財布というのは土屋鞄に限らずもの凄くたくさんの選択肢があります。
たまにはふと立ち止まって、自分の今使っているお財布についてちょっと考えてみると面白いなぁ、と改めて思いました。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。