[かぶ] Samsung Chromebook Proの28日発売が正式に発表されたけれど、発売よりも日本でも話題になっていることのほうがニュースです。

[かぶ] Samsung Chromebook Proの28日発売が正式に発表されたけれど、発売よりも日本でも話題になっていることのほうがニュースです。

スポンサーリンク

Samsungが正式にChromebook Proの28日の発売を発表しました。

https://news.samsung.com/us/samsung-chromebook-pro-available-online-may-28/

これに伴って、日本の各ネットメディアでも結構取り上げられているのですが、凄いですね、流石Samsungです。日本ではほぼ忘れ去られた「終わった」と思われているChromebookの、更に現時点では米国での販売のみを想定したモデルが、日本のメディアで取り上げられて、更に話題になるのですから。Chromebook界隈では恐らくProの発売以上にそちらのほうがニュースです。

Plus発売時も、またその前のリーク情報時にも、ネットではそれなりに話題になりました。

現地日時2017年2月10日、2日後に新作Chromebook、Plusの発売を控えたSamsungがサンプルを貸し出した(と思われる)Chromebook Proのレビューが様々なネットメディアで同...

米AmazonでPre-orderが開始され、あっという間に発売当日分が無くなり、一時は2〜3ヶ月待ちになりました。普段Chromebookに全く興味のなかった層の方々がネット上でこのモデルを話題にし始めました。お互いにお互いを馬鹿にする不毛な争いも繰り広げられました(現在も継続中)。

そして今回のProです。

今回も米AmazonのPre-orderは即日で姿を消し、現在では他の大手ショッピングサイトでも姿形もありません。ただ、Samsung自身が発表していることですし、28日の発売日当日には少なくともSamsungの米国のサイトからは注文できるようになるのでしょう。

なんかChromebookじゃないみたいです、この空気。

ちなみに、Plus発売に際しては、日本の技適マークはおろか、EU圏のCEマークも付いていない、保証も完全に米国内のみの出荷を想定したモデルでした。(内部バッテリーにはCEマークは付いていましたが)

今回は流石にそれは無いとは思いますが、日本には・・入ってこない(個人輸入は別としても)と思うんですよね。もちろん個人的にはChromebook界隈が「パーッと明るくなるような打ち上げ花火」を期待してはいるのですが。

今日突然入ってきたSamsung Chromebook Proの5月28日リリース予定の情報。実は今日から数日間帰省しておりまして、前回の文章は家を出る前に急いで仕上げたものでした。 Sams...

今回も戦略通りに世界的に話題になっているSamsung Chromebook Pro。私、米AmazonでPre-order迷っているうちに逃してしまいましたが(結局発売日には日本にいないので受け取れないのですが)、引き続き楽しみに情報を追っていきたいと思っています。

なんかちょっとお祭りみたいな感じですね。

発売が遅れていたSamsung Chromebook Proが米AmazonでようやくPre-orderになりました。 最短で到着するAmazonGlobal Priority ...

スペック自体はPlusとはCPUの違いしかないので、よほどのサプライズがない限り、個人的には(Plusの例があるので)まだまだ不安要素の残るモデルです。楽しいですけどね、Chromebook好きとしては。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。