[かぶ] 今日はよく行くカフェでSamsung Chromebook Plus。唯一の懸念はバッテリーの減りが早いこと。

3日前に届いたSamsung Chromebook Plus。既にレビューはLife Style Imageで2回書いていますし、Twitter上でもしつこいくらいに呟いています。最近のTwitterでの私の一番の話題です。

[かぶ] Samsung Chromebook Plusレビュー。まずは最初の印象から。少々癖のある個性的なモデルです。
先日レビューをしたASUS Chromebook Flip C302CAと並んで、いや、それ以上に話題となっているChromebookが先日2017年2月12日に発売されたSamsung Chromebook Plusです。 現在米国市場でも品薄な状態が続いているようですが、今回Pre-Order受付を開始した比較的早めの段階で予約していたことが功を奏してか、昨日手元に届きました。 なお、このモデルについては先日、以下のような文章を書きました。 Samsung Chromebook Plus発売を前に、今回は実はかなり用意周到に準備されてきたのだな、とふと思いました。 | おふぃすかぶ.jp 今回実際に触ってみて、良くも悪くもこの戦略の影響が表れているな、と感じましたので、その辺りも含めて複数回に分けて書いてみたいと思います。 普段であればまずは外観からのレビューとなるのですが、既に海外では数多くのUnboxed(日本流に言えば開封の儀)の動画がアップされていますので、外装等については後回しにして、今回は使い始めて数時間の印象から書いてみたいと思います。 Samsung Chromebook Plus – XE513C24-K01 今回のこのモデル、正直な気持ち、どこから書き始めようか非常に迷いました。ASUS C302CAのほうが遥かに楽でした。このSamsung Chromebook Plusと比べると、ASUS C302CAは非常に優等生です。 先程から触りながら、印象をTwitterで散々呟いておりました。その過程でようやく少し自分の中でまとまってきたかな、と思いましたので、こうしてこの文章を書いています。とは言え、まだまだまとまりがないと思うのですが、感じたことをそのままの流れで書いてみたいと思います(細かい部分は回を改めて触れていきます。) 米Amazonにおける発売直後のレビューの状態がこのモデルの現状をうまく表している。 直後は☆3つと1つしか無かった米Amazonのレビュー欄。だいぶ☆5つが増えてきました。 発売されてから発送、海を渡ってくるため、日本ではこの数日、各所に次々と挙がるレビューを眺めているしかありませんでした。そして、今回意外だったのが予想以上に評価が低かったということです。
[かぶ] Samsung Chromebook Plusレビュー。今回は外観をASUS C302CAと比べながら見ていきます。
前回は使い始めて数時間の印象を書きましたが、最初期の米Amazonレビューを除けば、その後は総じて好評価で、徐々に☆5つが多くなってきているのを眺めていると少しずつ不安になってきます。 もしかして私のモデル(と環境)固有の症状であって、単なる初期不良や相性が悪いだけだったのではないか、と。ただ、この辺りはこれからしばらく使い続けてみないと現時点では何とも言えないと思いますので、今回は改めて外装等一般的なレビューをしてみたいと思います。 Samsung Chromebook Plus (XE513C24-K01US) 尚、言い訳をしているようですが、私の現時点でのSamsung Chromebook Plusに対する評価は悪くはありません。私、それ程現状のAndroidアプリには期待していないので、むしろ今まで通りのChromebookとしての使い方をしたときに快適かどうかのほうが大きいのです。それは、液晶の見やすさであったり、持ち運びのしやすさや処理の軽さ、あとは「使いたい」と思える満足出来る質感かどうか、など。その点ではSamsung Chromebook Plusは非常に良好です。 まずは大まかなスペックです。詳しくはSamsungの製品ページをご覧下さい。 Model Samsung Chromebook Plus (XE513C24-K01US) CPU OP1, Made for Chromebooks (Hexa-core 2GHz , 1MB l2 Cache) Memory 4GB Display 12.3″ (3:2) LED (2400×1600) 400nit Glare Panel Storage 32GB eMMC Wireless Marvell 88W8997 (802.11 ac/a/b/g/n) Power 30W AC Adapter 2cell/Li-Ion 5140mAh Interface USB 3.1 Type-C x2 Dimensions / Weight 280 x 221 x 13.9mm / 1.07kg Price $449

今日は普段よくお世話になるカフェに持ち出してみました。このカフェ、平日昼間は半分貸切かと思わせるほどの快適さなのですが、流石に土日ともなるとそこそこ混んでいます。そうした中で今日はサイトの更新その他諸々を行いました。

ラップトップPC、特にChromebookとしてはGoogle Chromebook Pixel以来ともなるAspect Ratio 3:2、最大解像度2400×1600という縦にも広い高解像度画面と鮮やかで美しい液晶のおかげで非常に気持ちよく使うことが出来るのですが、処理速度的には従来の普及価格帯のChromebookとそれほど変わりません。(Octane 2.0スコアで10,000弱。)タッチパッドもこのCPUが原因なのか、そもそもの構造上の何かの問題なのか、若干反応が鈍く、その点もまだ慣れていない現時点では少々手強いのですが、大きさと軽さは魅力的。全体としてはなかなか良いモデルです。

ただ、昨日もふと思ったことではあったのですが、今日も持ち出してみて改めて感じたことがあります。

それがバッテリーの持ちがいまいち良くないこと。

今日は3時間弱、このSamsung Chromebook Plusで作業していたのですが、既に残量が26%。これではASUS C302CAにも遠く及びません。

[かぶ] ASUS C302CAは明るさ「最大」の私の使い方で約5時間で残量26%。充分に満足な使い心地です。

2017.02.09

バッテリーに若干の不安を抱えていたHP Chromebook 13 G1よりも減りが早い印象です。

海外のChromebook関連のコミュニティやレビューを眺める限りでは、このモデルの魅力の一つが長時間持つバッテリーのはずなのですが、何故か私のところではそれほどよくありません。今日も26%になってしまったので、少し早めに切り上げて、早々に自宅に戻ってきてしまいました。

単なる個体差とも考えられますが、もう一つ思いついたのが、私自身液晶の明るさを最大に近い状態で使用している、というのが挙げられます。あまり明るすぎても目に悪いとは思うのですが、暗いとどうも見にくい気がしてストレスに繋がるので、目に眩しくない程度にはなるべく明るめに設定して使っています。

これはこのSamsung Chromebook Plusに限らず、他のChromebookでも同様なのですが、Samsung Chromebook Plusの液晶は400nits。もしかしたらこの輝度の高さもバッテリーの急速な減りに大きく影響しているのかな、とふと思いました。

まだハッキリとはわからないのですが、この状態であればモバイルバッテリーなりACアダプターを常備していないと、外での普段使いは少々手強いかな、という気がしています。モデル自体は非常に気に入っているんですけどね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク