[かぶ] 三谷商事が教育機関向けのセミナー「Google Chromebookを活用した学校向けICT戦略セミナー」を開催。今回も参加申し込み済みです。

[かぶ] 三谷商事が教育機関向けのセミナー「Google Chromebookを活用した学校向けICT戦略セミナー」を開催。今回も参加申し込み済みです。

スポンサーリンク

今年7月28日に開催された、三谷商事株式会社主催の教育機関向けのセミナー「学校のためのChromebook徹底活用セミナー」、ありがたく個人で参加させて頂くことが出来、こちらで得た情報はその後の当ブログの文章にも色々と活用させて頂きました。

個人ではなく完全に教育機関向けのセミナーではあるのですが、先日こんな情報が流れてきまして、大変に個人的に興味を持ちました。(私は残念ながら教育機関の人間では全くありません。) Chromeboo...

ちょうどこの辺りの文章ですね。

東急ハンズが「現在導入している社内のWindows PCの約9割を2020年までにChromebookへの置き換える」と宣言したことに対して、ネット上では様々な反応を目にします。一般的な反応としては「...
先日書いた「東急ハンズ」の話が予想以上に多くの方に読んで頂き、シェアして頂いたようで、大変嬉しい反面、ちょっと次に何書こうか躊躇してしまった部分はあるのですが、引き続き似たようなテーマで書いてみたいと...

当日はど真ん中最前列の席に陣取り、メモしながらじっくり聴かせて頂いていたこともあり、終了後にGoogle Japanの方からも「真剣に聴いて下さりありがとうございます。」と言われてしまいました。折角名刺も頂いたのに、その後お話を伺っての成果(といってもこのブログでの文章ですが)等も含めてお礼のご連絡が出来なかったこと、未だに少し悔やんでおります。(今更遅いですか。)三谷商事株式会社の皆さまにも、突然の個人参加希望にも関わらず快く受け入れて下さり、今も感謝しています。

ということで、今回も勝手に甘えさせていただき、参加申し込みをさせて頂きました。今回は11月7日の午後開催です。

前回と全く同じ内容であっても、復習と振り返りとして参加しようかな、と思ったのですが、今回はありがたいことにまた全く違うテーマでのセミナーとなるようです。

セミナー タイムテーブル

セミナー タイムテーブル

今回は既にChromebookでの対応も発表しているインターネット学習教材『すらら』(主催)、そしてiOSやAndroidアプリでもお馴染みMetaMoJi – メタモジ(共催)が参加です。これらのニュースは以前目にしてはいたものの、果たして教育現場で、またChromebookを用いてどのように行っていくのか大変興味を持っていましたので、今回の話は本当にありがたいです。

また前回もお話をされた光明学園相模原高等学校からまた別の先生が登壇されるそうで、こちらも改めて現時点でのクラウド型学習についてお話を伺えそうで楽しみなところ。

そして、前回はGoogle Japanの方がお話をされた冒頭のG Suite for Educationに関する話、今回は会場が別(前回はGoogle Japan社内)ということもあり、シネックスインフォテック株式会社の方が話されるのですが、共催がASUS JAPAN株式会社でもありまして、各種最新モデルのChromebookの展示を行う予定も行うとのこと。この辺りも楽しみの一つでもあります。

ということで、今回も「ごめん、教育関係者の申込で一杯なので、やっぱり無理」と言われない限り、来月7日にじっくり話を伺ってきたいと思っています。またその内容をある程度文章に出来たら良いなぁ、と思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。