[かぶ] 特に高解像度、Androidアプリ対応のChromebookで便利な「解像度を変更する」キーボードショートカット。

[かぶ] 特に高解像度、Androidアプリ対応のChromebookで便利な「解像度を変更する」キーボードショートカット。

スポンサーリンク

この文章は入手したばかりのSamsung Chromebook Proで書いています。最初は最大解像度(でありこのモデルの魅力の一つでもある)の2400×1600で入力していましたが、流石に文章を打ち続けるには目が辛いので1800×1200に下げました。でもこれだと、12.5”のASUS C302CAのFull HD(1920×1080)とそれほど変わらないんですよね。縦を取るか幅を取るかの違いです。

ただ、複数ウィンドウを開いて大まかな作業をしたりするのに最大解像度(2400×1600)は便利です。TweetdeckでColumn大量に開いてバックグラウンドで流しっぱなしにする時とか。

でも時々困ることがあります。それが今Chromebookといえば最大の話題でもあるAndroidアプリです。現在Androidアプリはウィンドウ最大化状態かアプリ固定のサイズでしか表示出来ません。これ、高解像度の時だと非常に不便なのです。最大化してしまうとアプリによっては無駄に空白部分が多く、フォント固定だとフォント自体小さくて読みにくい。かといってアプリ固定のサイズだとさっぱりわかりません。そのわかりやすい例が、私がスマホで妻と共有しているアプリ、TimeTreeです。

試しに最大解像度で開いてみましょう。

解像度2400×1600の時。画面にかなり顔を近づけないとさっぱり予定が分かりません。

このアプリ、サイズが固定なんです。最大化も出来ません。おかげで2400×1600なんて解像度で開くと、どこに予定が何と書いてあるのかすらさっぱり分かりません。まったく使い物にならないのです。

こんな時に役立つのが「Chromebookのキーボードショートカット」です。ようやく本題だ。

Chromebookはタッチパッドだけでなく、キーボードのショートカットもChromeブラウザでの操作に特化させて作られているので、大変便利です。しばらく使わないと忘れてしまうので、最初のうちは「Google Keep」あたりに自分がよく使うショートカットをメモしておいて常時表示させておくと良いかもしれません。私も今回ご紹介するショートカット、久しぶりだったのですっかり忘れてました

このショートカット一覧の最後の方に、こんなものがあります。

「画面の解像度を変更する」
Ctrl+Shift キーを押しながら + または – キーを押す

これ、一般的なChromebookではおそらく使うことはほとんどないと思うのですが、最大解像度3200×1800での表示が可能なHP Chromebook 13 G1Samsung Chromebook ProPlusなどでは非常に使えます。用途に合わせて簡単に解像度を切り替えられるからです。特にAndroidアプリに対応しているSamsungの2モデルは現時点では覚えておいて損はないショートカットです。

試しにここで一回、「Ctrl+Shift キーを押しながら + キー」を押してみます。

一瞬で解像度が一つ下の「1800×1200」に切り替わりました。アプリもそれに合わせて先程より「少しだけ」大きくなりました。

一瞬で「1800×1200」に切り替わりました。同じ画面のように見えますが、中央のTimeTreeアプリが少し大きくなったのがわかるかと思います。ただ、これでもTimeTreeの予定はまだ読みにくいです。そこでもう一回押してみます。

「1500×1000」です。ようやく少し使えるような大きさになってきた気がします。

「1500×1000」になりました。このあたりになるとようやくアプリの中の予定が凝視しなくても見られるくらいになってきた気がします。実はこのあと更に「1350×900」のキャプチャーも用意していたのですが、そろそろ私と妻の6月の予定が晒されるリスクが高まってきましたので、この辺にしておきたいと思います。ちなみに先程のショートカット一覧の一行下にあるように「Ctrl+Shift+0」を押すと「画面の解像度を既定値にリセットする」ことが出来ます。Samsung Chromebook Pro / Plusでは「1200×800」です。

このショートカットをうまく使うと、解像度によって動作が不安定になるAndroidアプリなどを使うときだけショートカットキーを数回押す(もしくは0を押してリセット=推奨の1200×800にする)ことで、安定する可能性があります。アプリ使用後はまた普段常用している解像度にまたショートカットですぐに戻せます。

文章入力メインのときには解像度を下げる、サイトを幾つか流し読み、比較するときには解像度を上げる、といった使い分けはどのモデルでも「簡単に出来るのであれば」意外と重宝するのではないか、と思います。

他にもいろいろなショートカットキーがありますが、ご自身の用途に合わせてぜひ色々試してみてほしいなぁ、と思います。

ちなみにタッチパッドに関してはこちら。

特にChromebookのタッチパッドは今まで頑なにマウスを使ってきた私を(Chromebookに限っては)出先ではマウスを持ち歩かなくさせたくらいです。

ちなみにこの文章、1000字を超えたあたりから、推奨の「1200×800」にして作りました。文章入力にストレスがないのは実際にはこのあたりの解像度なのかもしれません。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。