[かぶ] 今回のCOMPUTEXで見かけたその他のChromebookなど。これからの教育市場はきっと面白くなる。

今回のCOMPUTEXにおける目玉となるChromebookは既にご報告した3つのモデルですが、他にも幾つか気になるモデルがありましたので、まとめてご報告したいと思います。

Acer Chromebook Spin 11

Dream. Create. Share. Become

  • Wacom Electro-Magnetic Resonance (EMR) Pen
  • Military Grade Impact Resistance (MIL-STD-810G Method 516.6)
  • Antimicrobial Corning Gorilla Glass
  • 360° Hinge

このモデル、既に発表もされているのですが、AcerのサイトだとC738Tのページになってしまっているんです。Acer、世界トップシェアを誇る王者でありながら、サイトの作りだけは非常に残念です。

個人向けにあまり考えていないからなのか、ごく一部のモデルを除くとほんとやっつけ仕事です。そもそも品番が分かりづらいんです。例えば昨日ご報告したAcer Chromebook 11だって、Chromebook 11って今までに何モデル(何十モデル?)と出ているので、型番で区別するしかないのです。この辺り、カスタマイズを主体とした教育市場を想定しているからなのかもしれませんが。

一応その中で上記のサイトでスペックの出ている「Chromebook 11 R751T-C0WN」によれば、

Display 29,5 cm (11,6″) HD (1366 x 768) 16:9 IPS
OS Chrome OS
Graphic Intel® HD Graphics 500 med Delt
Processor Intel® Celeron® N3450 processor Fire-kernet 1,10 GHz
Memory 4 GB, LPDDR4

Apollo Lake世代の4コア、N3450を積んでいたりと実用性は充分だと思うのですが。

といったところ。ただ、今回残念なことに、Acerのメインブースながらガラスショーケースの中に飾られていて、更に液晶がはめ込み画像というガッカリ感。惜しい。あまりに惜しい。

ただガラスショーケースの中に置いてあるだけの寂しい状態。実物が触れられないのが残念です。

Wacom Electro-Magnetic Resonance (EMR) Pen」など期待出来る部分もあるだけに、出来ればこちらもChromebook 11同様展示して欲しかったな、と思います。

前述のように(未だC738Tと同ページであるように)力を入れているのかいないのかいまいち良く分からないモデルです。

ASUS Chromebox 2 CN62

Siimple, speedy, silent, stylish

Chromebox自体以前から出ていますし(私も日本発売モデルを持っています)、このChromebox 2という名前も初めてではありません。ただ、このChromebox、種類が多すぎるんです。サラッと米Amazonで検索しただけでもCPUの違いなどから幾つも出てきます。その中で今回注目したのが、CPU部分です。(ChromeboxはRAM等を増設出来る場合が多いので。)

展示モデルは「Core i3」でした。ただ、液晶モニターに繋がれていないので、実際に動かすことは出来ませんでした。

今回展示されていたのが、Broadwell世代ではあるのですが、Core iモデルだったんです。どちらも既に米Amazonでも発売はされています。

多くの方にとってはミニPCとはいえ、これだったら普通にWindowsなどを使った方が良いのではないか、と思われるのではないかと思います。実際日本においてはかなり冷ややかな目で見られている気もします。ただ、Chromeboxって非常に便利で快適で使えます。

インターフェースの多さ、更にLAN端子など、コンパクトなChromeOSの軽快さも活かしながらも十分に実用的です。

Chromeboxに限らず、ChromeOSの大きな魅力は以前から何度も触れていますが、本体はあくまで「仮の入れ物」に過ぎず、Googleアカウントさえあればどこでも最新の状態に即座に復帰して作業を続けられるという点があります。

[1351-201610] ChromeOSとはGoogleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまで仮の入れ物の内の一つです。 | Life Style Image
ここ最近Chromebookについて続けて書いてきています。このブログでは過去79回(この文章が80回目)色々な形でこの興味深いChromeOSというものについて触れてきていますが、最近は書くたびにありがたいことに以前に比べかなり多くの方にアクセスを頂けるようになりました。 そこで今回は、Googleの公式見解ではありませんが、私なりにChromeOSと、その代表的なツールでもあるChromebookの魅力と思想について書いてみたいと思います。 私が実家や出先でネットに繋いでの作業がしたくなったとき。 最初に一般的にもよくありそうなこのパターンについて考えてみたいと思います。今まででしたら、実家に帰った際には父なり母なりのマイコンピューターを借りて、調べ物をする必要がありました。 父や母はWindows PCなのですが、それぞれにバージョンも違えばスペックも違い、ましてアップデート等は不安なのでほとんどやっていません。また、使い方には先ほど「マイコンピューター」と敢えて書きましたが、それぞれの個性がありますので、下手なものは触れませんし、削除したり環境を自分が使いやすいように変えることも簡単には出来ません。 一般的には今まででしたら、PCというのは一人一台、それぞれの「マイ」コンピューターがあります。その箱(入れ物)の中に基本的には自分の環境も全て保存してあり、そちらが主。従としてのオンラインや外部ストレージのバックアップがあります。 最近はWindows PCもユーザー(アカウント)を作成して、複数人で一台のPCを共有することも出来るようになりました。ただし、その場合もシステム本体も含めあくまでPC本体にベースがあり、何か環境に手を加えれば、そのPC本体を使っている全てのユーザーに影響が出てしまいました。 あくまで自分の手元、自分のパソコンという入れ物で大切なものを保管し、作業するのが一般的な形。 環境もシステムも大切なデータも、基本的にはあくまで自分の手元、さらに言えば自分のパソコンの中で管理するものであり、それ以外のパソコンで使う際には、あくまで他人の環境を借りて、その中で自分のデータのみを動かす、というのが基本だったと思います。お金を貯金するのか、タンス預金するのかの違いですね。自分の手元に全て蓄えておくのが今までのパソコンの考え方です。

このスタイルにおいて、自宅などの高速LAN環境を活かしつつ、更にCore iの高い処理能力をChromeOSで動かすことが出来るのであれば、まさに以前から触れているシンクライアント的な活用の仕方がしやすくなります。これ一台で済ませる必要はありませんが、職場や教育市場に限らず、個人の環境においても、ハイスペック、かつ拡張性も高いこうしたモデルは魅力的です。

日本で発売されていたこともあって、基本的に技適認証も通っています。より国内でも今後導入されていって欲しいな、と思っています。

今回展示されていたモデルがほぼ新作もしくは現行のモデルだった中で、このChromeboxの「Core i7-5500U」や「Core i3-5010U」のようなモデルが合わせて教育市場向けとして展示されていたことは、個人的にはとても嬉しい出来事でした。

ASUS VivoBook E201NA

The Best Learning Companion

最後はChromebookではないのですが、ASUSの教育市場向け展示の中で唯一のWindows 10モデルです。ただ、スペック的には非常に面白い、ちょうどChromebookとも競合しそうなモデルでしたので、少しご紹介したいと思います。

  • Windows 10 with support for full version Microsoft Office & Cortana with far-field technology
  • Tough , ruggedized construction fully tested for outstanding durability
  • 1.8mm key travel with extra-large Precision Touchpad for unrivaled typing comfort and intuitive control
  • Durable and flexible 180-degree hinge
Display 11,6″, WXGA 1366 x 768, Anti-glare
OS Windows 10 Home / Windows 10 Pro / Windows 10 S
Processor Intel® Celeron® N3350 / Intel® Pentium® N4200
Memory 2GB / 4GB / 8GB onboard
Storage 32GB/64GB/128GB eMMC / 32GB eMMC + 32GB SD Card / 64GB eMMC + 64GB SD Card
Interface 2x Type-A, USB 3.1 Gen 1, 1x HDMI, 1x SD card slot
Connectivity 802.11ac, Bluetooth 4.1
Colors Dark blue / Flash blue

今回こちらのスペックを眺めていて気がついたのですが、

OSに他のASUSのWindowsモデルにはなかった「Windows 10 S」の表記がありました。

これ、おそらく教育市場向けにはWindows 10 S搭載モデルとしても考えているのではないか、と思います。会場で10 Sについて聞いてみた限りでは「まだ具体的なモデルのプランは出来ていない」と言っていたのですが、恐らくこんな感じのモデルが出てくるのではないかなぁ、と思っています。

ちなみに既に技適マークありです。

ちなみに既に技適マークも付いていました。だからといってこれがすぐに日本で発売される、という意味ではないのですが、今後の日本での展開次第では十分にあり得るのかな、と思います。

外観の印象としては、Chromebook Flip C213NAというよりもむしろC202SAに近い印象を受けました。

Chromebook Flip C213NAと同様に品番の末尾にNAは付くものの、頭文字はE。外観などはC202SAと使い回しているような印象も受けたくらいです。

私が過度に期待しすぎているだけなのかもしれませんが、この辺りのスペックのモデルにWindows 10 Sを入れてみるとなかなか面白い使い勝手になるような気がするのです。価格的にもそれなりに抑えられますし、Chromebook C202SAなどと同様、教育市場向けのタフな作りは一般向けとしても気軽に使える魅力があります。

パームレスト部分などの模様は独特のもの。これだけで印象が意外と変わるのが不思議です。

この辺りのスペックのWindows 10 Sモデルが、Chromebookと同様な快適な動作をするようだと面白くなってきますね。

前述のように「まだ具体的なモデルのプランは出来ていない」とはいうものの、ASUSも元来こうしたモデルは得意としている筈。ちなみに当ブログ経由では今も変わらずC202SAが非常に売れているように、また今回のC213NAの反応が良いように、こうしたモデルを求めているのは何も教育市場に限りません。是非引き続きこの方面も充実させていってほしいな、と思います。

Microsoftが本気出し始めて、俄然教育市場が面白くなってきました。

2017年5月のASUS Solution Guideです。COMPUTEX会場のASUSブースにも置いて(配布して)いました。

今回のCOMPUTEXのASUSブースで配られていた冊子の一つ、「ASUS Solution Guide」のChromebookのページには、現行のC302CAと一緒に、既にChromebook Flip C101PAが普通に並んでいます。

Chromebookはこの2モデルが挙げられています。5月版ですし、C101PA自体は既にその方面では受注可能なのかもしれません。

今回のCOMPUTEXでもMicrosoftの教育市場にかける意気込みと、更にこの分野でしっかりシェアを奪っていく、そんな勢いも感じました。これはChromebookとChromeOS、Googleにとっても良い機会だと想います。

単にお互いの弱点ばかりをあげつらうような不毛な争いをするのではなく、両社がそれぞれ自分たちが持つ強みやその方向性をしっかりとユーザーに理解、認知してもらえるような展開の仕方をして切磋琢磨してくれることを、一ユーザーとしてとても期待していますし、楽しみにしています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク