[かぶ] ASUS Chromebook Tablet CT100PAが9,494円(19%)オフの39,786円で発売中。(2019年10月10日 Amazon.co.jp)

[かぶ] ASUS Chromebook Tablet CT100PAが9,494円(19%)オフの39,786円で発売中。(2019年10月10日 Amazon.co.jp)

シェアする

ここ最近、Lenovo公式サイトでの週末限定特価、更に今月に入ってのビックカメラにおけるChromebookの20%ポイント還元などが話題になってしまって若干大人しめの印象があったAmazon.co.jp。それでもここ最近における日本のコンシューマー向けChromebookの一翼を担っているだけあって、さり気なく魅力的な価格設定をしているようです。

ASUSのタブレット型端末であるCT100PAが文章作成時点で9,494円(19%)オフ39,786円になっています。

ちょうど現在ビックカメラにおいて20%のポイント還元で実質価格的には近くなっていますが、

https://office-kabu.jp/chromebook/chromebook-info/bic-chromebook-201910-01

Amazonは直接価格が下がっている分、購入がしやすくなっています。

Chromebook TabletはChrome OS TabletもしくはAndroid Tabletの代替としてイメージしていると、実際に使い勝手が微妙にズレて違和感を感じるかもしれません。あくまでChromebook Tabletという名前の通り、ChromebookのTablet Mode。ベースはChromebookです。iPadやAndroid Tabletと違って素性がタブレットではないため、UIなどが多少洗練されていない部分もありますが、その分PCならではの使い勝手をそのままタブレット型端末に持ってこられる、という長所もあります。この辺り、非常に感覚的な部分ではありますが、意外と見過ごされがち(で実際にAndroid Tablet代わりに購入して「期待外れだった」と思われる方もいらっしゃる)なので、念のため触れておきました。ただ、ハマる方には非常にハマる、魅力的な端末でもあります。

Acer Chromebook Tab 10はChrome OS端末初のタブレット型のモデルです。入手から1週間が経ちましたので、現時点での使用感をご報告したいと思います。従来のイメージ通り、タブレットではなくタブレットライク(Chromebookのタブレットモードのみを取り出した)なモデルです。まだまだ未完成な部分も多いのですが、その分私たち使い手の試行錯誤や工夫の入り込む余地が大きく、そうした情報を他のユーザーと共有しながら楽しめるという魅力もあると思っています。

この文章を書いてから既に1年以上が経っていますので、その間にだいぶ使い勝手も改善されてきているようですね。

私はこのCT100PAは持っていませんが、以前発売直後に海外から輸入してAcer Chromebook Tab 10を気に入って使っていた経緯があります。事情があって一時的に手放してはいますが、また近いうちに買い直したいと思っていたところでしたので、今回の約1万円引きは海外からの購入と比べてもほぼ同じですし、保証と手間を考えると非常にオススメだと思っています。

Chromebook初のタブレット端末、Acer Chromebook Tab 10。世間一般的には恐らくMicrosoft Surface GoやApple iPadを選ぶと思うのですが、そんな中で私が敢えてこのTab 10を選ぶ理由。それは決して「あっと驚くような意外な使い方」や「素敵な使いこなし方」があるからではありません。単純でシンプルな理由。それが「鞄に放り込んで気軽にどこでも取り出せる、つまり500g程度でギリギリのサイズ(10インチ程度)の電子書籍リーダー兼、基本UIがPCの端末。」ということです。

文章作成時点(2019年10月4日 1:00現在)では残り9点となっていますが、いつまでこの価格が続くかは分かりませんので、気になる方は早めに検討、押さえておくことをオススメします。

最初にこの文章を作成した2019年10月4日の後、一時的に在庫が10近くまで増えたのですが、その後一気に売れたようで、再入荷待ちになりました。それがようやく今回再入荷したようです。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

購読を解除されたい場合も上の「購読する」から解除が可能になりました。