[かぶ] AcerのLTE通信モジュール搭載Chromebook、C732が発売。現時点で文教法人市場のみの展開。

[かぶ] AcerのLTE通信モジュール搭載Chromebook、C732が発売。現時点で文教法人市場のみの展開。

スポンサーリンク

いきなり結論から入ります。一応個人ユーザーも買えなくはないのですが、個人的には現時点ではもう少し待ちだと考えております。そんなこと書くと日本エイサーの人に怒られちゃいそうですが、たぶん分かってくれると思う。もちろん「オススメしない」という意味ではありません。既にこのモデルに関しては過去に何度か触れていますので、今回はそのあたりの理由を中心に今回は書いてみたいと思います。

何故発売が遅れたのか。何故ドコモのmoperaのみの対応(一応現時点では)なのか。

以前このモデルを借りてレビューをされている週刊アスキーが早速昨日発表と同時に記事をアップされています。

ちょっと誤解を生みそうな表現とタイトルではあるので、その点は不安ではあるのですが、内容自体は結構基本的な部分から触れられていて、「Chromebookってどうなの?」という方にとっても分かりやすい良い記事なのではないか、と思っています。ただ、この記事についてツイートされている方の反応を眺めていると、幾つか誤解もありそうだなぁ、という点がありました。というか、たぶんその辺サラッと流し読みしちゃったのかもしれないけど。

ただし、試用機ではSIMカードは、現状NTTドコモのMoperaしか動作しなかった。日本エイサーによると、後々ほかのNTTドコモ系MVNOも、Chrome OSの更新により利用できるようになる予定とのことだ。

今回のモデル(C732)を私が初めて目にしたのは今年2月に渋谷ヒカリエで開催されたSYNNEX ICT Conference 2018の会場です。

本日、渋谷ヒカリエ Hikarie Hallで開催中の「SYNNEX ICT Conference 2018」に参加してきました。昨年Google Cloud Next Tokyoに参加した際に名刺交...

一番の理由はGoogle側からの指定があった「LTE通信モジュール」。こちらを一般的なモジュールにすればそこそこ価格も下げられたのですが、どうやらそのモジュール自体がかなり高品質なもののようでして。スマホでもハイエンドに近いモデルで採用されているような(まだモジュール名は伏せられていましたが)。そうしたこともあって、担当者も「正直かなり快適です」と言われていました。通信モジュールに関してはかなりの自信がある、というか、これ積んでるんだから、普通のドコモ回線ならサクサクでしょ、といったことなのかもしれません。

会場で日本エイサーの担当の方、かなり自信持ってたんです。ハードウェアに。にも関わらず、突如発売が延期され、今回急遽発売日当日に慌ただしく発表された。このあたり、前述の週刊アスキーの記事の「後々ほかのNTTドコモ系MVNOも、Chrome OSの更新により利用できるようになる予定」という部分からも、かなりOS側の対応に苦慮したのではないか、と思われるのです。そして、昨日発売となった訳ですが、現時点では「moperaのみの対応(今後MVNOも対応予定)」とのことです。これ、何となくハードウェア側は問題ないけど、OSのアップデート待ちのような気がするんですよね。

元々現時点では個人向け市場を想定していない理由。

これ、完全な推測ですが、このMVNO、ドコモ系のSIM対応が万全でないので、文教法人市場のように一括納入、SIMもまとめてご契約、保守もしますよ的な体制なら全く問題がないことでも、個人向けに一般家電量販店等で扱うとなると、何かとトラブルが起きそうな気がするんです。そもそもドコモmopera契約のMicro SIMを別途契約してこのモデルを量販店で購入するという層自体がどの程度いるのか分かりませんが。

まぁその分購入する層が非常に限られるので、そのあたりの諸々の事情もわかった上で、忖度した上で購入してくれる知識豊富なPCユーザーなら問題ないのですが、今回発売の反応一つ眺めてみても、意外とネット上でもこの辺の情報はあまり共有されていなさそうだったので、いざ手元に届いてみたら使えたり使えなかったり不安定とかなっちゃうと、いきなりイメージダウンになりそうな気もしてしまうのです。一応想定価格は8万前後とのことなので、Chromebookとしても高価格帯に入りますから。

ということで、その辺りわかった上で、mopera契約のドコモのマイクロSIMをお持ちの方で、初物を試してみたい、という個人ユーザーの方には、スペック的にはなかなかスタンダードな良モデルだと思います。現時点で販売店舗は楽天やYahoo!に出店している一部のお店に限られていますが‥この辺のお店、大丈夫かな?ちゃんと記載できてるのかな。

現時点(文章作成時点)で最安値はYahoo!ショッピングの税込78,200円。もう一店舗はYahoo!ショッピングだと8万弱(税込79,131円)なのに楽天市場だと同じお店が税込93,544円 なのがよく分かりませんが、一応現時点では文教法人向けのみの展開ですので、今後MVNO対応などが進むに連れて徐々に個人向け、量販店等にも並び始めるのではないか、と期待しています。

と妄想たっぷりに書いてみましたが、そこまで書きつつ、一応私の手元には7月3日頃に届く気がするので、届きましたら使用感を改めてご報告したいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。