[かぶ] 週末の帰省に持っていくChromebookを検討する。

この週末は帰省するのですが、今回幾つかやることもあるのでいつもどおりChromebookを持って帰ります。手元には3台のChromebookがあります。今までは帰省にはHP Chromebook 13 G1を持ち帰っていました。

今回もスペック諸々を考えれば明らかにこの13 G1なのです。

HP Chromebook 13 G1 Lenovo ThinkPad 13 Chromebook ASUS C202SA
サイズ 13.3″ IPS 3200×1800(1600×900) 13.3″ TN 1366×768 11.6″ TN 1366×768
重量 約1.29kg 約1.40kg 約1.20kg
バッテリー 約8.5時間 約9時間 約10時間
充電端子 USB Type C USB Type C 専用 ACアダプター
CPU (Octane 2.0) Intel Core m5-6Y57 (27214) Intel Celeron 3855U (15607) Intel Celeron N3060 (9201)
耐水・耐衝撃等 特になし 米国軍事規格 MIL-STD 810G準拠 耐水(約70ml)落下(約120cm / 約80cm)

CPU処理能力、RAMも8GB、更にIPSで最大3200×1800という高精細液晶パネルで、ChromeOSの特徴さえ把握していれば十分に普段からメインで使っていける名モデルです。重さも決して他2モデルより重いわけではなく、本体自体薄い分、嵩張りません。

ただ、数日の帰省にここまでのスペックが必要かという点はありますし、何より耐水・耐衝撃に関しては特にない、という点は不安が多少なりとも残ります(実際耐水耐衝撃に助けられる状況というのは今まで全く起きていないのですが)。

となれば、日常使い、持ち運びに気負う必要のないThinkPad 13 ChromebookかC202SAになります。どちらも画面サイズの違いはあるものの解像度は1366×768ですし、RAM、ストレージも共通です。

とここまで書いておいて既に感じられた(気づかれた)方も多いと思いますが、今回はおそらくThinkPad 13 Chromebookを持って行こうと思っています。キーボードの打ちやすさ、13.3インチという画面サイズ、更に充電がUSB Type-Cなので、別途専用のアダプターを持っていく必要がないからです。

あまり気負わず付き合える、という点でも、ひとまず擦り傷防止に純正の13インチWide リバーシブル・スリーブケースに入れておけば良さそうですし。重さに大きく影響しないというのは嬉しいです。

[かぶ] ThinkPad 13インチWide リバーシブル・スリーブケースをChromebook用に購入。

2016.12.14

あとはC202SAは妻が愛用中なので、留守中もいつもどおり気を使わずにどんどん使ってほしいな、という気持ちもあります。

そう考えると、普段から移動含めどんどん使っていきたい人にはThinkPad 13 Chromebookというのはやはり非常に使い勝手が良いのではないか、と改めて思いました。

[かぶ] HP Chromebook 13 G1レビュー。ただ高いだけじゃない。Pixelってこんな感じだったのかも。この癖のあるモデル、人によっては見事にハマります。
待ちに待った、HPのChromebook 13 G1が到着しました。まさが自分がラップトップとして13インチ(13.3インチ)を持ち歩くことになるとは想像すらしていませんでした。11.6がギリギリかな、と考えていたくらいですので。 ただ、結果として今日届いてみて、これは無駄に持ち歩きたくなる(それではどこかの大学生と同じになってしまいますが)モデルだと思います。Chromebookが気に入ってしまって、ほぼメインこれで良いでしょ、と思えている方にとってはこのモデルは非常にオススメです。 ただ、若干癖があります。どんなモデルでもそうですが。それを魅力と捉えるか、もしくは気になってしまう惜しい点と捉えるかによって使い勝手は大きく違ってくると思います。一回では到底書ききれる内容ではありませんので、ひとまず使用初日の印象と使い勝手について触れてみたいと思います。 HP Chromebook 13 G1 (W0T01UT#ABA) 今回手元に届いたモデルはCPUにIntel Core m5-6Y57を搭載、8GBのRAMと32GBのストレージを積んだ「W0T01UT#ABA」です。 HP Chromebook 13 G1 (ENERGY STAR) | HP® Official Store 注文は米Amazonに出店しているSellerの一つ、Technology Galaxyからです。(その他日本への発送に対応しているSellerとして有名なところとしては、Fatech InternationalやJF3 Technologyなどもあり。送料や発送方法、期間と販売価格のバランスを考えて選ばれると良いと思います。) 2016年9月27日に注文、28日に追跡番号とともに発送通知が発行されたものの、実際にSellerがUSPSに製品を持っていったのが30日。そこから到着まで6日です。 今回のモデルの基本的なスペックは下記の通り。 モデル名 HP Chromebook 13 G1 型番 W0T01UT#ABA CPU Intel Core m5-6Y57 (Skylake-Skylake-Y) RAM 8GB LPDDR3-1866 SDRAM ストレージ 32GB eMMC 画面サイズ 13.3
[かぶ] Lenovo ThinkPad 13 Chromebookレビュー。私にとってはいまだ大人の翼なこのモデルはキーボードとCPU、価格のバランスが絶妙です。
以前、2016年に発売されたハイスペックのChromebookを3つ取り上げました。 その時に最も惹かれたモデルがAcerのChromebook 14 for Workだったのですが、12月に入り、何故か手元にあるのは残りの2モデルのほうでした。一つはこのブログでは何度も取り上げているHP Chromebook 13 G1、そしてもう1つが今回ご紹介する、Lenovo ThinkPad 13 Chromebookです。 Lenovo ThinkPad 13 Chromebook 正直なところ、このLenovoのモデルに関しては「ThinkPad」というブランド価値はあっても、Chromebookの中ではそれ程魅力を感じていませんでした。海外での幾つものレビューを見る限りでもキーボードは確かに素晴らしいものの、それ以外がどうも劣っている、平凡にまとまっているように感じられたからです。 同価格帯の他2モデルに比べて少ないストレージ容量(16GB)、更に液晶もIPSパネルのFull HD(1920×1080)もしくはTNパネルのHD(1366×768)で、当初はHDのものしか発売していませんでした。実質Amazonで購入出来たモデルは最下位モデルのみのため、CPUもCeleron 3855U、更に液晶も前述のTNパネルのHD。 それが偶然とはいえ入手を決めたのは、単に先月末から続いた米Amazonのサイバーマンデーセール前後の価格変動によって、このモデルが急激に安くなった($200を切った)からです。 あとは最近ちょっとThinkPadに興味がわき始めたのもあります。ということで、前置きからして既に「何となくThinkPadだし」程度の気分で考えていたのが正直なところ。にも関わらず、結論から言えば、良い意味で見事に予想を裏切られた素晴らしいモデルだと思います。これは良い。 感覚に依る部分もあるので、今回のみでは書き切れませんが、これからも定期的に取り上げていきたいと思っています。ひとまず今回は一般的なレビューです。 まずはスペックから。 モデル名 Lenovo ThinkPad 13 Chromebook 本体サイズ / 重量 322 x 223 x 19.8 mm / 約1.40kg CPU Intel Celeron 3855U 1.6GHz
[かぶ] ASUS C202SAレビュー。現時点でChromebookに必要なスペックを過不足なく綺麗にまとめた、スタンダードな良モデル。
ここ最近、単に新しい、というだけでなく、今までのChromebookとは少し違ったモデルが続々と発表されています。それらは薄かったり、美しいアルミ筐体だったり、高精細ディスプレイ(高解像度)搭載であったり、Androidアプリ対応、タッチパネル対応、など、今までの「手軽」「手頃」なChromebookとは少し方向性が違います。 それらは確かに魅力的です。私も毎日新しい情報を楽しみにしていますし、幾つかのモデルは実際に惹かれてもいます。また、実際にAndroidアプリには未対応ですが、高価格帯、ハイスペックのChromebook(HP Chromebook 13 G1)を普段使い、メインとして愛用しています。 とはいえ、Chromebookの魅力が「価格」にあることも確かです。気軽に買えて(試せて)、気軽に使える、あくまでサブとしてのネット閲覧中心のラップトップPCとしてのChromebook。それは大きな魅力だと思っています。 先日、Chromebookを精力的に展開している2つのメーカー、ASUSとAcerの現行モデルを幾つか取り上げました。それらは決して目立った、魅力的な新機能があるわけではありませんが、今までのChromebookの魅力を活かした良モデルだと思っています。 私自身、この内の一つのモデルが大変気になっていまして、Twitter等でもここ最近呟いてきました。それが、ASUS C202SAです。 今回、このモデルを米Amazonから注文、入手しましたので、使い勝手などをご報告したいと思います。結論を簡単に書けば、 2016年時点でのChromebookに必要なスペックを過不足なく綺麗にまとめた、スタンダードな良モデル だと思います。 ASUS C202SA-YS02 4GB Dark Blue 以前も取り上げましたが、まずはスペックから。 ASUS C202SA CPU Intel® Celeron® Dual-Core N3060 (第4世代 Atom – Braswell) RAM 4 GB LPDDR3 Display 11.6

スポンサーリンク

スポンサーリンク