[かぶ] お気に入りのHuawei P9が最近非常に手頃になってきて切ない。

先日、Huawei P9用のOriginal Leather Case(Brown)を妻用に購入しました。

[かぶ] 一般的には「高い」と言われるスマホ用革カバー。でも私は好きです。Huawei P9 Original Leather Case。

2016.09.05

使用前に一度クリームを入れたところ、非常にシットリ(かつフンワリ)とした手触りが思いの外私自身が気に入ってしまいまして、結局自分用にNavyも購入してしまいました。

huawei-p9-leather-navy-brown-01

光の当たり具合によって黒にも見えたり青にも見えたりの表情がなかなか気に入っています。手触りとしてはiPhoneの純正レザーより好みです。日本での入手が若干面倒なのが難点ですが、P9を長く使いたい方にはオススメです。

ちょっと最近P9の実売価格が下がってきて手に入れやすくなっています。

で、先ほどの写真で気付かれた方もいると思うのですが、何故か私のP9もシルバーからグレーに変わっています。これ、ちょっと先日の楽天モバイルの限定販売の際に入手したため。楽天モバイルは評価も分かれるようですが、楽天スーパーポイントが常日頃結構貯まっている方には月額料金の支払いにポイントを全額充てられるため意外と便利です。わが家では毎月ありがたいことにそれなりにポイントが貯まっているので、全額充てられそうなため、一度試してみたいな、と思っていたところでした。

[かぶ] Huawei P9に感じた魅力。それは細かい蘊蓄抜きにして、「何も気にせず考えず」とりあえず綺麗な写真が撮れること。

2016.06.28

ZenFone 3のDSDSで使っても便利かも。

あまりこうした使い方はしないかもしれませんが、現在この楽天モバイルの音声SIMはASUSのZenFone 3に入れています。

[かぶ] ASUS ZenFone 3(ZE520KL)レビュー。日本発表、発売が本当に待ち遠しい、バランスの良いDSDSモデル。

2016.08.12

プランは3.1GBプランにしているのですが、実際手元に大分余っている状況なので、通信速度200Kbpsではあるものの、月々の料金が350円下がる「ベーシックプラン」に来月から変えようと考えています。

ZenFone 3がDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)という使い方が出来るため、片側のスロットにこの楽天モバイルを入れていても、データ通信に関してはもう一方のSIMに任せてしまうことが可能です。(楽天モバイルのSIMは待受用の番号として使用する)

音声SIMですと半年~1年以内に解約すると解約手数料が発生するため気軽に変えることが出来ませんが、データ通信専用SIMなら各社自由に選べます。月々の維持コストも安いので、手元にデータ通信専用SIMが使い切れずに残っている(このこと自体勿体ないとは思うのですが)という方もいるかと思います。そんな時に、音声SIMは最低限のコストで常に残しつつ、DSDSを活かしてデータ通信専用SIMを使い分けるという使い方も意外と便利かな、と思います。

asus-ze520kl-view-flip-cover-17

勿論今から新規で敢えてオススメ出来る方法ではありませんが、大手キャリアが大容量のパケットプランを続々発表してきている中で、MVNO各社のデータ通信専用SIMを使い分ける、という使い方も(結局はdocomoの回線が主ですが)あるよ、という話でした。

P9が楽天モバイル「秋の特価キャンペーン」にて一括税抜29,900円(但し音声SIM契約必須)です。

で、何故そんな話を出したかというと、先ほどの楽天モバイルが最近Huaweiをかなり推していまして、間もなく発売のhonor8といい、楽天モバイルの契約必須とはいえ端末価格が非常に心動く設定なのです。手元の楽天スーパーポイントまで充てるとかなり手頃になります。

実際、現在開催中の「秋の特価キャンペーン」対象端末にP9が追加され、一括価格29,900円(税抜)となっています。(キャンペーン期間:2016年9月16日(金)21:00~10月3日(月)9:59)

rakuten-mobile-campaign-01

「通話SIM」の契約が必須なこと、また事務手数料3,000円(税抜)がかかることから、音声SIM付きでのトータルでの1年間の最低コストとしては

端末料金 29,900円 + 事務手数料 3,000円 + 月額料金 1,250円x11ヶ月(初月無料のため) + 消費税 3,732円 = 50,382円

と極端に安いモノではないとはいえ、端末購入時、及び月々の料金には楽天スーパーポイントが使えるので、普段から楽天を使っている人には便利。

Amazonで端末単体で購入して現在このくらいの価格なので。

楽天モバイル自体の通信速度等が少々悩ましいとの話もあるので、メイン回線と考えると人によっては辛いかもしれませんが、+850円/月で「楽天でんわ 5分かけ放題オプション」をつける等色々な使い方は出来るかな、と。

即メイン回線のMNP先として薦められるかといえば難しいですが、端末もセットで検討するとなると楽天モバイルも使い方によってはオススメかな、と思っています。

価格の変動が大きいものの、P9自体は現時点でも変わらずお気に入りかつオススメ出来る端末の一つ。

huawei-p9-leather-navy-brown-02

楽天モバイルとHuaweiの組み合わせのみとはいえ、こうも端末の価格が下がってしまうと、却って手が出しにくくなってしまうのですが、P9自体の魅力は変わるわけではなく、個人的には非常に気に入っています。妻も気に入って使ってくれていますし、私も細かい部分を挙げれば多少気になる(ちょっと惜しい)ところもあるとはいえ、今回Original Leather Caseを結局海外から2つ購入したように、長く使っていこうかなと考えている一台です。ZenFone 3もあるので悩ましくはあるのですが。

実際、楽天モバイルのキャンペーン29,900円は別として普通に買う場合であればまだまだ実売5万円強はする訳ですし、購入時設定からある程度自分でカスタマイズしていかないと意外と(主に通知関連)省電力設定が効き過ぎて使いにくい部分はあるものの、この価格で使えるのは裾野を広げる、という点では良いのかもしれません。

[かぶ] Huawei P9を使い始めてから気がついた、両端の「誤タップ」と、アプリの「通知」が来ない悩みの対策。

2016.06.30

巷ではiPhone 7が発売されましたが、予想通りのシャッター音とスクリーンショット音(これは7というよりもiOS10の影響も大きいようですが)。むしろ更に大きくなっているようで、これから電車内でも静かな場所でも益々そこら中で大きな音が響き渡るようになるのかな、という気もしています。

私自身iPhoneは6sを持っていますがカメラは滅多に使っていません。スマホで撮るときはほぼP9かZenFone 3です。P9のカメラ、良いです。これなら気軽に楽しめます。

万人に薦められるかどうかは難しいですが、この時期オススメ出来る端末の一つとして(あとは28日発表のZenFone 3か)、これからも折に触れて取り上げていきたいな、と思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク