[かぶ] お気に入りのHuawei P9が最近非常に手頃になってきて切ない。

[かぶ] お気に入りのHuawei P9が最近非常に手頃になってきて切ない。

スポンサーリンク

先日、Huawei P9用のOriginal Leather Case(Brown)を妻用に購入しました。

日常で最も触れている(掌から常に感触が伝わる=感覚として伝わる)時間が長いモノの一つがスマートフォンです。もうしつこいくらい書いていますし、異論はあるでしょうが、当ブログではそれを前提に話を進めており...

使用前に一度クリームを入れたところ、非常にシットリ(かつフンワリ)とした手触りが思いの外私自身が気に入ってしまいまして、結局自分用にNavyも購入してしまいました。

huawei-p9-leather-navy-brown-01

光の当たり具合によって黒にも見えたり青にも見えたりの表情がなかなか気に入っています。手触りとしてはiPhoneの純正レザーより好みです。日本での入手が若干面倒なのが難点ですが、P9を長く使いたい方にはオススメです。

ちょっと最近P9の実売価格が下がってきて手に入れやすくなっています。

で、先ほどの写真で気付かれた方もいると思うのですが、何故か私のP9もシルバーからグレーに変わっています。これ、ちょっと先日の楽天モバイルの限定販売の際に入手したため。楽天モバイルは評価も分かれるようですが、楽天スーパーポイントが常日頃結構貯まっている方には月額料金の支払いにポイントを全額充てられるため意外と便利です。わが家では毎月ありがたいことにそれなりにポイントが貯まっているので、全額充てられそうなため、一度試してみたいな、と思っていたところでした。

Huaweiの新作スマートフォン、P9を入手して昨日から使っていますが、非常に好印象です。 Huawei P9 Smartphone | Huawei ちなみに私は昨年からスマホは...

ZenFone 3のDSDSで使っても便利かも。

あまりこうした使い方はしないかもしれませんが、現在この楽天モバイルの音声SIMはASUSのZenFone 3に入れています。

前回の最後で「ガラス筐体のスマートフォンが間もなく一台手元に」と書きました。予想通りの方もいると思いますが、ASUSのZenFone 3の5.2インチモデルです。 現時点では日本国内での...

プランは3.1GBプランにしているのですが、実際手元に大分余っている状況なので、通信速度200Kbpsではあるものの、月々の料金が350円下がる「ベーシックプラン」に来月から変えようと考えています。

ZenFone 3がDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)という使い方が出来るため、片側のスロットにこの楽天モバイルを入れていても、データ通信に関してはもう一方のSIMに任せてしまうことが可能です。(楽天モバイルのSIMは待受用の番号として使用する)

音声SIMですと半年~1年以内に解約すると解約手数料が発生するため気軽に変えることが出来ませんが、データ通信専用SIMなら各社自由に選べます。月々の維持コストも安いので、手元にデータ通信専用SIMが使い切れずに残っている(このこと自体勿体ないとは思うのですが)という方もいるかと思います。そんな時に、音声SIMは最低限のコストで常に残しつつ、DSDSを活かしてデータ通信専用SIMを使い分けるという使い方も意外と便利かな、と思います。

asus-ze520kl-view-flip-cover-17

勿論今から新規で敢えてオススメ出来る方法ではありませんが、大手キャリアが大容量のパケットプランを続々発表してきている中で、MVNO各社のデータ通信専用SIMを使い分ける、という使い方も(結局はdocomoの回線が主ですが)あるよ、という話でした。

P9が楽天モバイル「秋の特価キャンペーン」にて一括税抜29,900円(但し音声SIM契約必須)です。

で、何故そんな話を出したかというと、先ほどの楽天モバイルが最近Huaweiをかなり推していまして、間もなく発売のhonor8といい、楽天モバイルの契約必須とはいえ端末価格が非常に心動く設定なのです。手元の楽天スーパーポイントまで充てるとかなり手頃になります。

実際、現在開催中の「秋の特価キャンペーン」対象端末にP9が追加され、一括価格29,900円(税抜)となっています。(キャンペーン期間:2016年9月16日(金)21:00~10月3日(月)9:59)

rakuten-mobile-campaign-01

「通話SIM」の契約が必須なこと、また事務手数料3,000円(税抜)がかかることから、音声SIM付きでのトータルでの1年間の最低コストとしては

端末料金 29,900円 + 事務手数料 3,000円 + 月額料金 1,250円x11ヶ月(初月無料のため) + 消費税 3,732円 = 50,382円

と極端に安いモノではないとはいえ、端末購入時、及び月々の料金には楽天スーパーポイントが使えるので、普段から楽天を使っている人には便利。

Amazonで端末単体で購入して現在このくらいの価格なので。

楽天モバイル自体の通信速度等が少々悩ましいとの話もあるので、メイン回線と考えると人によっては辛いかもしれませんが、+850円/月で「楽天でんわ 5分かけ放題オプション」をつける等色々な使い方は出来るかな、と。

即メイン回線のMNP先として薦められるかといえば難しいですが、端末もセットで検討するとなると楽天モバイルも使い方によってはオススメかな、と思っています。

価格の変動が大きいものの、P9自体は現時点でも変わらずお気に入りかつオススメ出来る端末の一つ。

huawei-p9-leather-navy-brown-02

楽天モバイルとHuaweiの組み合わせのみとはいえ、こうも端末の価格が下がってしまうと、却って手が出しにくくなってしまうのですが、P9自体の魅力は変わるわけではなく、個人的には非常に気に入っています。妻も気に入って使ってくれていますし、私も細かい部分を挙げれば多少気になる(ちょっと惜しい)ところもあるとはいえ、今回Original Leather Caseを結局海外から2つ購入したように、長く使っていこうかなと考えている一台です。ZenFone 3もあるので悩ましくはあるのですが。

実際、楽天モバイルのキャンペーン29,900円は別として普通に買う場合であればまだまだ実売5万円強はする訳ですし、購入時設定からある程度自分でカスタマイズしていかないと意外と(主に通知関連)省電力設定が効き過ぎて使いにくい部分はあるものの、この価格で使えるのは裾野を広げる、という点では良いのかもしれません。

Huaweiの新作スマートフォンP9を入手して3日が経ちました。 入手直後の印象は既に上げていますが、基本的には一つ一つの動きも快適で充分に満足しています。良いですね、これ。 ...

巷ではiPhone 7が発売されましたが、予想通りのシャッター音とスクリーンショット音(これは7というよりもiOS10の影響も大きいようですが)。むしろ更に大きくなっているようで、これから電車内でも静かな場所でも益々そこら中で大きな音が響き渡るようになるのかな、という気もしています。

私自身iPhoneは6sを持っていますがカメラは滅多に使っていません。スマホで撮るときはほぼP9かZenFone 3です。P9のカメラ、良いです。これなら気軽に楽しめます。

万人に薦められるかどうかは難しいですが、この時期オススメ出来る端末の一つとして(あとは28日発表のZenFone 3か)、これからも折に触れて取り上げていきたいな、と思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。