[かぶ] ASUS ZenFone Go(ZB551KL)の、例えばこんな使い方。(3) 「何でもそこそこ」使えるけれど、基本+αで何かの役割に特化させてみる。(音楽・映像編)

[かぶ] ASUS ZenFone Go(ZB551KL)の、例えばこんな使い方。(3) 「何でもそこそこ」使えるけれど、基本+αで何かの役割に特化させてみる。(音楽・映像編)

スポンサーリンク

ASUSの新作スマートフォン、ZenFone Go(ZB551KL)のサンプルレビューの2回目、また購入後のレビュー全体としては6回目になります。

ZenFone Go (ZB551KL) | スマートフォン | ASUS 日本

現在ZenFone Goは同時期に発売されたMaxと並んで売上でも上位に位置しているようで、相変わらず品薄状態が続いています。税込21,384円で「何でもそこそこ」使えてしまう、スペック自体は最新というわけではなくとも、細かい部分で作り込んでいるので安定安心して使える、というのが魅力です。

ASUS ZenFone Go (ZB551KL) | ASUS ZenFone Shop

ただ、その分、何か大きな特徴があるわけでは無いので、無難には使えるものの、可もなく不可もない。大きな弱点もない代わりに、これといった強みもない。使い方のイメージがしづらい悩ましい端末だとも思います。Maxのほうが5,000mAhの大容量バッテリーという分かりやすい魅力がある分、伝わりやすい。

そこでこのブログではそんな特徴のなさそうに見えるZenFone Goは、だからこそ「こんな使い方も出来るよ」「意外と使えるよ」といった使い方を幾つか挙げていきたいと思っています。その3回目です。

https://office-kabu.jp/?p=14540
https://office-kabu.jp/?p=14738

2回目の「災害への身近な備えとしての、コストを抑えたもう一台」から更に一歩。

改めて工場出荷時に戻して一から環境整備をするのも考えたのですが、前回作った環境が、更にこれから使い込んでいくにつれて思ったよりも面白い端末になりそうだったので、前回の環境に加える形で考えてみたいと思います。

前回の時点ではホーム画面1面で収まる程度の用途でした。基本的な用途は不自由なく使えつつ、それ以外はなるべく「防災」「備え」に振ってみようと考えた形です。

そこから今回、もう1面を増やしました。

1228-201604_ASUS ZB551KL-WH16 02

左側(1面)のアプリは全く変化がありません。右側(2面)にアプリが6つだけ増えました。

「何でもそこそこ」無難にこなせるけれど、一つくらい魅力を増やすと一気に使いやすくなります。

ZenFone Goは基本的なスペックは決して悪くはないので、普通に使う分には「そこそこ」こなせます。大きな欠点がありません。価格対比を考えればかなり頑張っています。ただ、だからといって欲張ってあれもこれもとアプリを入れて色々やろうとすると息切れしはじめます。動作も重くなるので、急に使いづらくなってしまうでしょう。そうなると欠点ばかりが目に付くようになってしまいます。それはあまりに勿体ないと思います。

ただ、基本的な用途は押さえた上で、+αで何かを加える程度であれば、かなり心地よく充分に使える端末です。そこで今回は定番の「音楽・映像」を加えてみました。

1228-201604_ASUS ZB551KL-WH16 03

加えたのは6つのアプリ。一部まったく縁遠いジャンルのアプリが混ざっているかと思いますが、この辺りは私の趣味が含まれています。趣味嗜好が含まれなければわざわざ私が使う必要はないと思うので。

ストレージ16GBを考えると、シンプルにストリーミング配信等を中心に考えた方が良いと思います。

1228-201604_ASUS ZB551KL-WH16 04

勿論microSDメモリを挿すことで32GBでも64GBでも増やせますが、アプリによってはSDに移せないものもありますし、あまり欲張りすぎても、ファイル転送等々考えると本格的な環境を構築するなら何もこのZenFone Goである必要はありません。

1228-201604_ASUS ZB551KL-WH16 05

例えばAmazonプライムミュージックは曲を端末だけでなくSD側に保存することも出来ますが、

1228-201604_ASUS ZB551KL-WH16 06

Amazonビデオは本体側にしか保存が出来ないので、16GBというストレージ容量を考えると1本程度、Wi-Fi接続でもしていればまだ良いですが、今回私はデータ通信専用SIMのみで運用しているので、ストリーミング配信も普通の画質になります。また保存しておけないのは少々辛くはあります。

折角の音と映像なので本体色に合わせてコンパクトワイヤレススピーカーを加えてみました。

折角端末価格も手頃なのですから、あまり追加で投資する必要もないと思います。

ここでは、本体スピーカー程度でも良い気もするのですが、折角なので手のひらサイズのコンパクトワイヤレススピーカーを加えます。

スピーカーは音の良し悪しも勿論大切ですが、それ以上に影響するのが「聴き慣れた音か」ということだと思います。 今までどんな音楽を聴いてきたか、ということ以上に、どんなスピーカーで聴いてきたかが大き...

1228-201604_ASUS ZB551KL-WH16 01

今回は本体色(ホワイト)に合わせて、AnkerのA7910をBluetoothペアリングしました。

MVNOのデータ通信専用SIMのみでも充分に綺麗な音楽とラジオが楽しめます。

1228-201604_ASUS ZB551KL-WH16 07

例えば先ほどのAmazonプライムミュージック。私は元々JAZZ好きですので、プライム会員であれば無料で有名どころのアルバムがダウンロード出来ます。ストリーミング再生でも音切れ等はほとんどありませんでした。動作も重くなりません。

超ジャズ入門 (集英社新書)posted with ヨメレバ中山 康樹 集英社 2001-09 Amazon楽天ブックス 何かにつけ...

映像は映画等は画質は少々落ちるものの、データ通信専用SIMのみでも見ることは可能です。

1228-201604_ASUS ZB551KL-WH16 08

いや、普通に何の問題もなく見れます。ただ、データ通信専用SIMのみで見ようとしたら、あっという間に月の容量オーバーです。素直にWi-Fi環境で予めダウンロードしておくなり、容量の少ないYouTubeなりの一般的な短め小さめの動画にしておきましょう。(Wi-Fiであれば何の問題もない、ということです。)

BluetoothスピーカーとWi-Fiを併用する時に念のため気をつけておきたい一つのこと。

ZenFone Goの対応するネットワークは「802.11b/g/n」です。気をつけておきたい、というのは速度面ではなく、Bluetoothとの干渉です。「802.11b/g/n」は「2.4GHz帯」、意外とBluetoothの機器と干渉することがあるんです。スピーカーだとそれが音飛び音切れに繋がります。

勿論自宅であれば端末自体だけでなく、他にも2.4GHz帯を使っている機器があって飛び交ってはいるのですが、一つの端末で2.4GHz帯でWi-Fi接続しながら、もう一方でBluetoothでペアリングして音を流す、となると、組み合わせによっては少々ストレスが溜まります。

ちなみに先ほどから何度も触れていますが、今回のテストレビューでは今のところWi-Fiは常時OFFで使っているので、ストリーミング再生でも全く影響は受けませんでした。(Wi-Fi常時ONのZenFone Maxで聴くとわが家では音が時々切れることがある)

ストリーミング再生アプリなどを入れておくと一気に使い勝手が上がります。

前回の時点で災害時のためにNHKラジオアプリは入れてありましたが、音楽や映像を楽しむ、という意味でも充分に使えると思います。気をつけたいのは本体ストレージ容量16GBという点と、Wi-Fiが「802.11b/g/n」の2.4GHz帯のみ、という点だけです。ただ、外で4G等で繋ぐ分にはそもそも高額スマホでなくてもZenFone Goで全く不便なく使える、ということです。

1228-201604_ASUS ZB551KL-WH16 09

また今回は映像視聴時に、手元にあったスマホスタンドに無理矢理立たせましたが、今回のZenFone Goは純正カバーがスタンドにもなるVIEW FOLIOカバーです。

今月末の帰省までメイン端末として使用中のASUS ZenFone Go(ZB551KL)。 私は基本的にスマホにケースやカバーを着けることは(ガラスフィルム等を除けば)ほとんど無いのです...

購入したアクアブルーは既に実家の父の元にありますので、今回は本体色との組み合わせも考えてブラックを改めて注文しようかな、と考えています。

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)専用 View Folio Cover ブラック

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)専用 View Folio Cover アクアブルー

何か気がついたらASUS ZenFone Shopではアクアブルーが現在在庫切れになっているのは、やはり今回ブルーの端末を買った人が多かったからでしょうか。(2016年4月21日現在ブラックは在庫有り)

あれもこれも、と欲張らない限り、シンプルですっきり使えて「分かりやすい」面白い端末です。

1226-201604_ASUS ZB551KL-WH16 06

ZenFone Maxのような特化している部分がない分、大きな欠点もないけれど大きな魅力も見つけにくい。そのためネットで使い勝手を調べようとしても意外と出てこないのがこのZenFone Goというモデルだと思います。

ただ、その分、使い方に全く拘らなくてもサッパリスッキリ使えますし、凝りたい人であれば何を入れるか厳選する楽しみがあります。実際、色々な使い方(パターン)を試してみたくなってしまいたくなるのですが、その度に初期化するのは流石に大変なので、想像して楽しむだけに留めています。如何に自分に特化させたスマホを作るか。それも凝りに凝ってあれもこれも入れようとするよりも、「これ」と決めた部分に集中させてみる。

価格競争力もあり、データ通信専用SIMだけでも充分使えそうな予感もある、使い甲斐のありそうな端末だと思っています。

だからこそ、色々な方のさりげない使い方を覗いてみたくなるのですが、、皆さんどんな感じで使われているんでしょうねぇ。

ASUS ZenFone Go (ZB551KL) | ASUS ZenFone Shop

https://office-kabu.jp/?p=14540
https://office-kabu.jp/?p=14738

ようやくガラス保護フィルムの本命が23日に発売開始です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。