[かぶ] ASUS ZenFone Go(ZB551KL) 純正VIEW FOLIO COVER。白に黒の組み合わせは意外にマストバイです。

[かぶ] ASUS ZenFone Go(ZB551KL) 純正VIEW FOLIO COVER。白に黒の組み合わせは意外にマストバイです。

スポンサーリンク

ASUSのZenFoneシリーズと言えばお馴染みの純正カバー。今回発売されたZenFone Goにも同様にVIEW FOLIO COVERというものが発売されており、今月中旬に「アクアブルー」を購入し、このブログでもレビューしました。

今月末の帰省までメイン端末として使用中のASUS ZenFone Go(ZB551KL)。 私は基本的にスマホにケースやカバーを着けることは(ガラスフィルム等を除けば)ほとんど無いのです...

現在ZenFone Go(ブルー)にVIEW FOLIO COVER(アクアブルー)のこの組み合わせは実家の父の元へ巣立ちましたが、今回サンプルレビューをさせて頂いている関係で、手元にホワイトのモデルがあります。先週は集中的に使い方などを幾つか提案させて頂きました。

純正のVIEW FOLIO COVERは2色発売されています。恐らく本体色ブルーにアクアブルー、ブラックとホワイトにブラック、という組み合わせを想定(ホワイトにアクアブルーも面白いかもしれませんが)しているのだと思いますが、個人的にホワイトにブラックは果たして合うのだろうか、と疑問に思っていました。

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)専用 View Folio Cover ブラック

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)専用 View Folio Cover アクアブルー

ところが今回購入してみたところ、予想以上に組み合わせとして良好です。少々気になる点もありますが、個人的には意外にマストバイだと思いましたので、改めてご報告したいと思います。

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)専用 View Folio Cover ブラック

既に色違いをレビュー済みですので、細かい部分の写真等は省かせて頂きます。いきなりカバーをした状態の写真です。

1233-201604_VIEW FOLIO COVER ZB551KL-WH16 02

うん、普通の純正カバー状態です。丸窓が特徴的。私は時刻かせいぜい天気予報程度しか表示させていませんが、気に入っています。

元々液晶面が3色とも共通で黒いので、黒のカバーを着けても違和感がありません。

ZenFone Maxなどは背面カバー白のモデルは液晶面も外枠部分は白です。

1226-201604_ASUS ZB551KL-WH16 09

左が今回のZenFone Go(ZB551KL-WH16)、右がZenFone Max(ZC550KL-WH16)。当初は背面に合わせてこちらもMaxのように白かったら良かったのになぁ、と思っていた、ということは以前触れましたが、実際に使ってみるとMaxと側面部分の仕上げが違うため、これはこれでアリだと思うようになりました。

1233-201604_VIEW FOLIO COVER ZB551KL-WH16 03

背面カバーは白いものの、液晶面は縁も含めて黒なので、黒いカバーが違和感がありません。これをカバーを白にしてしまうと汚れも目立ちますし、膨張色でもありますので、何となく締まりのない全体像になっていたかもしれないな、と思います。

1233-201604_VIEW FOLIO COVER ZB551KL-WH16 04

既に前回、Farfalla製の強化ガラス液晶保護フィルムを貼り付け済みですが、今回のVIEW FOLIO COVERは背面カバー自体を取り替えるタイプではなく、通常の被せるタイプのカバーですので、角などもこのカバーが保護してくれます。傷を気にするタイプのスマホではないのかもしれませんが、たとえ手荒に扱わないとしても、傷が付きにくい、というのは気持ち的にとても楽にしてくれます。ガラス保護フィルムとこのカバーがあることで、より気にせずに気軽に使えるようになると思います。

背面から覗く白い背面は好みの分かれるところ。

1233-201604_VIEW FOLIO COVER ZB551KL-WH16 05

カバーの厚み等については前回アクアブルーのレビューの際にも触れましたが、それ以外に今回もし気になるとしたら、本体の白がカバーから見えてしまうこの部分です。

ちょっと逆パンダです。

慣れればこれもアリかもしれません。

1233-201604_VIEW FOLIO COVER ZB551KL-WH16 06

厚みがそれなりにあるので、カメラのレンズ面も直接触れない分安心感はあります。また、アクアブルーに比べてブラックは汚れが目立ちにくいので、その点も気楽に使いやすいかもしれません。また、黒なので全体的に締まった印象が出てくるので、アクアブルーほど厚みや大きさを感じにくいかな、と思います。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 10

本体色ブルー以上にこのホワイトにこそFolioカバーは着けてみて欲しいな、と思います。

思っていた以上に違和感がなかったので、着けた瞬間に気に入ってしまいました。

1233-201604_VIEW FOLIO COVER ZB551KL-WH16 07

ZenFone Goは本体自体それ程重くもなく、また手の収まりも良いので、少し厚みのあるブック型のこうしたカバーを着けるのは少々悩みどころではあるのですが、ここ一週間使ってきて、背面の白が折角綺麗なのに汚れが気になってしまうので、それだけが惜しいなぁ、と思っていました。もちろん透明のカバーを着けてもよいのですが、同じ着けるのであればいつも通り純正カバーを、と思ったところ、正解だったと思います。

カバーの開閉でスリープと解除が出来ますし、価格もそれ程高くはありません。カバーを考えられている方にはアクアブルー以上に、選択肢の一つとして考えてみて欲しいなぁ、と思います。(アクアブルーもなかなか組み合わせとしては綺麗なので、もちろん個人的には気に入っています。)

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)専用 View Folio Cover ブラック

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)専用 View Folio Cover アクアブルー

ASUS ZenFone Go (ZB551KL) | ASUS ZenFone Shop

https://office-kabu.jp/?p=14540

先日セットアップしたZenFone Go(ZB551KL-BL16)は、今朝無事実家の父の元に届いたようです。慣れない内は色々もどかしいとは思いますが、母同様、孫の写真や息子、娘、夫婦同士のコミュニケ...
ASUSの新作スマートフォン、ZenFone Go(ZB551KL)のサンプルレビューの2回目、また購入後のレビュー全体としては6回目になります。 ZenFone Go (ZB551KL) | ...
https://office-kabu.jp/?p=14826

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。