[かぶ] ASUS ZenFone Go(ZB551KL) VIEW FOLIO COVERを購入。色合い含め好印象ですが、幅と厚みが増すのが悩みどころ。

[かぶ] ASUS ZenFone Go(ZB551KL) VIEW FOLIO COVERを購入。色合い含め好印象ですが、幅と厚みが増すのが悩みどころ。

スポンサーリンク

今月末の帰省までメイン端末として使用中のASUS ZenFone Go(ZB551KL)。

税込2万円強(21,384円)で買えるASUSの新作スマートフォン、ZenFone Go(ZE551KL)。スペックだけを見ると、普段からスマホを愛用している方にとっては物足りなさもあるかもしれません...

私は基本的にスマホにケースやカバーを着けることは(ガラスフィルム等を除けば)ほとんど無いのですが、ZenFoneシリーズに関しては純正のCOVERが好印象のため、今回も早速注文してみました。

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)専用 View Folio Cover ブラック

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)専用 View Folio Cover アクアブルー

ZenFone Goでは「VIEW FLIP COVER」ではなく「VIWE FOLIO COVER」です。使い勝手がかなり違うな、と感じました。写真多めでご報告したいと思います。

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)専用 View Folio Cover アクアブルー

今回のFolioカバーは現時点で2色展開です。私は今回本体色ブルーを使っていますので、色を合わせてアクアブルーを選びました。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 01

アクアブルーという名前の通り、淡い青。光の当たり具合によっては本体同様、若干薄緑がかった色にも見えます。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 02

View Flip Coverとの違いは、背面カバー自体を交換しないこと。

と書くと分かりにくいですが、一般的なスマホに被せるタイプのカバーです。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 05

冒頭で触れましたが、私がASUS純正のカバーを気に入っている理由が、ZenFone自体が背面カバーを外すことが出来る(外してSIMやMicroSDメモリを挿すため)ことを活かして、背面カバー一体型のカバーだったからです。背面カバーごと換えるため、色展開が少ないと折角の本体色が意味がなくなってしまいますが、利点として正面の丸窓付きのカバー部分の厚みしか増えないので、本体の大きさ(幅)や厚さがあまり変わらないことが挙げられます。純正カバーならではの一体感が魅力です。

ZenFone 5の時には何となく余分なモノのような気がして買わなかった純正VIEW FLIP COVERですが、数少ない純正アクセサリでもあり、試す前に「余分」と評価するのもどうかと思い、本日購入し...

ところが今回は通常の覆うタイプのカバーです。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 06

勿論完全に覆ってしまうタイプならではの良さもあるのですが、このタイプであれば純正で無くても各社から色々なカバーが出ているので、その点は少々残念でした。

厚みがかなりあるので、本体を傷からは守ってくれるものの、サイズ感が変わります。

ZenFone Go自体が税込2万円強、気軽に無造作に扱えるという性格もあるのかもしれませんが、今回のカバーはかなり厚みがあります。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 04

無造作に置いても本体に傷が付くことはなさそうな厚みです。特に背面部分はその厚みが顕著です。計ってみたところ、厚みは3mmありました。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 10

3mmと書くと大したことはないように思いますが、Flip Coverであれば背面の厚みはほとんど変わらないので、そちらに慣れてしまった私には結構気になります。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 11

なお、背面部分は、手のひらの収まりが良いように本体同様に滑らかな曲面になっています。

両サイドは厚みはそれ程変わりませんが、それでも上から被せるタイプのため、ほんの僅かな厚みでも、元々5.5インチのスマホということもあって、大きさと厚みを感じます。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 08

View Flip Coverを私は評価していますが、ただ背面カバー自体を交換するため、傷の付きやすさは変わりません。それに比べて覆うタイプの今回のFolio Coverは、傷が気になる方にはこのように電源部分や充電端子部分も置いた時や落とした時に直接触れにくくなっているので、傷は付きにくくなるかもしれません。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 09

今回のZenFone Goの綺麗なブルーの背面色が隠れてしまうのは残念ですが、このアクアブルーとの組み合わせは悪くはないな、と思います。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 07

画像を見た第一印象ではかなり安っぽい色のような気がしたのですが、その点はホッとしました。ただ、傷や汚れが付いた時には目立ちそうです。

スタンドとして横置きも可能です。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 12

今回はFolioカバーということで、背面部分を曲げることで、横置きのスタンドとして使うことも可能です。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 13

ZenFone Goを横置きスタンドとして使う用途を今のところ私の中では特に見いだせていないのですが、普及価格帯、入門機として幅広い層に希求していくことを考えると、背面カバーが外しにくいこともありますし、こうした分かりやすい通常カバーのほうが受け入れられやすいのかもしれません。

前面の丸窓を活かしたASUS Coverは健在。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 14

正面カバーの開閉でロック、ロック解除が出来るのは相変わらず便利ですし、閉じている時に丸窓上に「時計」や「天気」「音楽プレーヤー」「カレンダー」などを表示出来るのは面白いな、と思います。ただ、左右にスライドさせるよりもカバーを開いてしまった方が楽なので、私自身は「時計」と「天気」だけしかONにはしていません。

Laser同様、背面ボリュームボタンへのアクセスを考え、丸窓はくり抜かれています。

この丸窓部分が特に透明のカバーがあるわけではないので、Laserの時から一部では不評でした。穴が空いていたら液晶自体を守ってくれないじゃないか、という意見です。

また、穴が空いていること自体が何となく格好悪い、という感想もあるようです。

ただ、ここを透明のカバーで覆ってしまうと、カバーを折り返した時に、背面ボリュームボタンを操作できなくなってしまうんです。Androidアプリの中には例えばKindleやFeedlyなど、ボリュームボタンで「進む」「戻る」が出来るものがあり、重宝しているので、ここは私としては開けていて正解だと思っています。

ただ、今回もLaserの時同様、惜しい(残念)と感じる部分がありました。詰めが甘い、とも言えます。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 15

上部カメラレンズ部分に丸窓部分の縁が一部かかってしまっているんです。少しずらした状態で撮らないと、撮影時に縁が写ってしまいます。

あと数㎜窓が大きくなる(もしくは窓の位置が上に少しずれる)だけでこうしたことは起きないことを考えると、ここは改善して欲しかったな、と思います。

販売価格2,894円。純正として精度は良いものの、色とデザインが限られているのが悩み。

1222-201604_ZB551KL VIEW FOLIO COVER 14

気になる点ばかりを挙げましたが、モノとしては悪くありません。ASUS純正だけあって、本体との一体感もありますし、色も悪くありません。私自身は結構気に入っています。

単純に毎回このカバーは買っているので、どうしても「今回もここは改善されなかったのかぁ」とか「ここは前回の方が良かったなぁ」といった比較になってしまうのですが、普通にカバーが欲しい方にとっては「充分に良いじゃん」と感じるのではないか、と思います。

元々このタイプのカバーが欲しい方は蓋が付いている(ブック型の)使い勝手は分かった上で選ぶでしょうし、厚みが出ることも、傷を防ぐ、といった点から考えれば、きちんと役割を果たせているとも言えます。

毎回きちんと純正のカバーを出し続けている姿勢にも好感を持っていますし、現在妻が愛用中のMaxも(何故か後発のGo用より遅れていますが)間もなくView Flip Coverが発売予定です。(ただ、黒だけ、という点と、価格が2,354円と妙に安いのが不安なところ。Maxは本体自体の仕上げが綺麗な分、気になります。)

ASUS ZenFone Max (ZC550KL)専用 View Flip cover ブラック

1207-201603_ZenFone Max ZC550KL View Flip Cover

あとは、こちらはView Flip Coverながら、画像を見た限りでは今回のGoのFolio Cover同様、覆うタイプのような気もして気になっています。こちらも購入予定なので、届いたらまたご報告したいと思います。

追記:2016年4月25日 更新 VIEW FOLIO COVERブラックも購入しました。

今回のサンプルレビューで本体色ホワイトを使っていることもありまして、VIEW FOLIO COVERも改めてブラックを購入しました。白に黒の組み合わせがどうかな、と購入までは少し心配だったのですが、実際に使ってみるとこちらはかなり好印象です。

ASUSのZenFoneシリーズと言えばお馴染みの純正カバー。今回発売されたZenFone Goにも同様にVIEW FOLIO COVERというものが発売されており、今月中旬に「アクアブルー」を購入し...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。