[かぶ] 現状Zenfone 3(ZE520KL)の2.5Dガラス用保護フィルムとしてはWANLOKがベターかな、と思う。

[かぶ] 現状Zenfone 3(ZE520KL)の2.5Dガラス用保護フィルムとしてはWANLOKがベターかな、と思う。

スポンサーリンク

ASUS Zenfone 3(ZE520KL)が今までのZenfoneシリーズと大きく違う特徴として、従来の背面が湾曲した良く言えば「Zenfoneらしい」、惜しいといえば「若干格安スマホっぽい」ケースから、前面背面ともに美しい2.5Dガラスを用いた、という点が挙げられます。

Zenfoneシリーズのケースの美しさはこの価格帯(3〜4万円)のスマートフォンとしては仕上げはとても頑張っているな、と感じています。この傾向は今年はじめに出たZenfone Zoom辺りから出始めていました。Zenfone Zoom、Zenfone Max辺りから側面仕上げが綺麗になってきたなぁ、と思っていたら、今回の3では更に両面ガラスにしてきた、と。

こうなるともう、そこまでケース自体の美しさにこだわらない人であれば、iPhoneも高価格AndroidスマホもZenfoneも大して違いはなく、更に保護フィルムだケースだカバーだといろいろ付けてしまうのであればどれも変わらないよね、とも言えます。

とは言いながら、今回の美しさの一つの特徴でもある、縁周りが軽く丸みを帯びている2.5Dガラスでは、通常の保護フィルムや強化ガラス保護フィルムが使えません。フチ周りが浮いてしまってみすぼらしくなってしまうのです。iPhoneでも6からこの悩みはあって、一回り小さい保護フィルムが各社から出されましたが、そこはAndroid、更にZenfoneともなると市場規模を考えるとなかなか選択肢がないのが悩みです。

私も購入後、幾つか試してみました。中には最初は良いかな、と思っていたのに使っているうちに縁周りが浮き出したり、といったこともあったりと悩ましく、結局強化ガラス液晶保護フィルムは諦め、表面コーティング剤を使うようになりました。

間もなく日本でも発売日とモデルが発表されると思われるASUSの新作スマートフォン、ZenFone 3。先日5.5インチ版のZE552KLが技適を通過した、と話題になりました(ZE520KLは不明)。 ...

これ、最初は良かったんですけどねぇ。

https://lifestyleimage.jp/?p=17529

こちらも効果がハッキリと目に見える訳ではないので、自信を持ってお薦め出来るかといえばまだ様子見といったところです。個人的には気に入ってはいますが。

ということで、今回のZenfone 3、そのまま表面コーティング剤という方法も考えたのですが、先日買ったまま結局使わず放置していたガラスフィルムが一枚ありましたので、そちらを貼ってみました。

一部ではお馴染みWANLOKの枠有りタイプのもの。確かにフチ周りの浮きを見た目目立たなくさせるには、その部分に色を付けてしまって全体を覆うのが一番ではあります。

今回はもともと黒モデル用に購入していたので、手元の白に貼るとパンダになるかな、と心配していたのですが、

うん、背面が黒なのでちょっと不自然感があるものの、

ここ数日使っているうちに慣れてきてしまって、案外これも良いのではないか、と思い始めています。妻の反応も悪くありません。

実際、ASUS純正のZenfone用カバーであるVIEW FLIP COVERなどは、本体が色違いで数モデルあるにも関わらず日本展開は黒だけ、といったことも今まで結構あって、その場合ケースだけ黒、中の本体は白みたいなことも日常だったので、実際それほど相性は悪くはないのかもしれません。

とはいえ、もちろん白モデルを考えている(使っている)方にはこの保護フィルムもちゃんと白がありますので、白をおすすめします。

WANLOK製、頑張ってるなぁ、と思うのは、ユーザーからのフィードバックがあるたびに改良改善しているのか、度々マイナーチェンジしているんですね。私の購入したのは既に2ヶ月近く前なので改良前のものかもしれませんが、悪くないです。多少指さわりがなんとなく軽く、浮いているような印象(特にタップ時)なのは、これ液晶画面部分がおそらく薄い空洞になっているのではないか、と思っています。(角度を変えてみてみると、細かいドットが見えるので、おそらくTPU素材の透明の本体カバーの背面などと同じような仕上げ=気泡やムラが出にくい、になっているのかな、と思います。)

Gorilla Glassを採用しているんだから、ガラスフィルムなんて不要、という意見も聞きますが、実際Gorilla Glassも細かい塵や埃などによるスレキズには弱かったりするんですよね。傷が気にならない人なら構いませんが、傷がつくのが心配でついつい扱いが必要以上に丁寧に(若干気を使ってしまう)なってしまうのであれば、いっそこうしたガラスフィルムなどを貼ってしまったほうがストレスなく使えるかなぁ、と思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。