[かぶ] 暗いところでもオートでそれなりに綺麗に撮れるのがZenfone 3(ZE520KL)の魅力の一つ。

[かぶ] 暗いところでもオートでそれなりに綺麗に撮れるのがZenfone 3(ZE520KL)の魅力の一つ。

スポンサーリンク

今年のN響の第九は大変素晴らしかったです。気がつけば15年近く毎年聴きに行っているのだけれど、同じN響でも指揮者によって(当然といえば当然ながら)第九をどう表現するかは違ってくるわけで、そこに好みは出てきます。「指揮者はクリエイターであっても作曲家ではない」というのが今年の指揮者の考え。ベートーヴェンが作曲した頃の第九は今よりももっとテンポが早かったそうですが、そうした一つ一つを「分からないなりに」新たな発見とともに楽しめるのも毎年恒例の年末の第九の楽しみかな、と思います。

N響創立90周年記念|ベートーヴェン「第9」演奏会

さて。最近はDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)のおかげで2枚のSIMを一台のスマホで同時に待受出来る、ASUS Zenfone 3(ZE520KL)を使っているのですが、仕事用とプライベート用のSIMでスマホを複数台持つ必要がない、というのは非常に助かります。(実際はレビュー用、その他諸々で私はiPhone等も別途持っているのですが)

ただ、こうしたもともと複数台持ちをしている人にとっての不安要素が「バッテリーの持ち」と「使い勝手に不便がないか」という点だと思います。この点は私は今のところ不便を感じたことはありません。

一つにはやはりカメラが実用的になったことが非常に大きいです。

今までASUSのZenfoneシリーズをいろいろ使ってきて、どのモデルもそれぞれに魅力があり、価格を考えればそれなりに使え、満足度も高いな、と感じてきました。 「日本においては割賦契約、端末サポ...

もちろん全体的な性能が程よい高さでまとまっているため普段使いの処理速度にストレスを感じない、など他にも要因はあるのですが、それは改めて。今回もこのカメラ機能について。

今回第九を聴きに行ったように、世の中はすっかり年末モードです。年末というかクリスマスモードでしょうか。

街を歩いていてもちょっとした風景が綺麗だったりするのです。その一つがイルミネーション。今回はちょうどNHKホールに向かう途中の代々木公園のイルミネーションが非常に綺麗でした。

個人的には各社各モデル、カメラ性能にはいろいろこだわりがあって、様々なモードも用意しています。まるでプロ仕様かのように細かい設定まで自由に行えるものもあり、それはそれでカメラにこだわりのある人にとっては素晴らしい魅力だと思います。

ただ、個人的には私は以前から書いてはいますが、スマホに関しては標準モード、オートでどれだけ好みの写真が撮れるか、という部分がとても大切だと思っています。あ、良いな、撮りたいな、と思った時に、何も考えず、構図も何も分からないけれど、取り出してすぐ撮って、気に入れば誰かに送ったりSNSに投稿したり。そんな時に細かい設定を詰めて、どのモードで、といったことはあまり考えたくありません。

2016年2月5日発売予定のASUSの新作スマートフォン、Zenfone Zoom(ZX551ML-BK128S4)を一昨日から使っています。先日の発表会で先行販売という形でプレミアムレザーモデルを購...

細かい設定等は分からないので全くしていません。単にそのままズームさせただけ。それでもそれなりに撮れてしまいます。この「特に手を加えなくてもそれなりに撮れる」というのは大きな魅力です。

iPhoneが細かいスペック云々以前に人気があることの一つに、何もしなくても綺麗な写真が撮れてしまう、というのもあると思います。

実際に、今回のこのイルミネーションでも、先ほど上げたようにオートでそれなりに撮れて既に満足していたものの、「そういえばZenfoneもいろいろなモードがあったな」と思い出して「ローライトモード」に切り替えて撮ってみたのですが、

却って慣れないことをしてしまったあまり失敗しました。さっと取り出してさっと撮った先ほどのオートのほうが、すぐ撮れて時間もかからずそれなりに撮れる、という点でも個人的にはむしろそれだけでも十分だったくらいです。

とはいえ、ここで断っておきたいのは、私は様々なモードが実用的ではない、と言っている訳ではないということです。実際、それぞれのモードも試しに数回使ってみればそれぞれに便利で、またふとした時に「あ、折角だからこんなモードでも試しに撮ってみよう」と思ってみると案外楽しい(良い)写真が撮れてしまうのです。

あくまで今回伝えたかったことは、ひとまず私の用途においては、このオートでも気軽に、考えずにそれなりにフォーカスも合ってくれて、そこそこ綺麗な写真が気負わず撮れる、という時点で(更にシャッター音もほとんど出さずに)、このZenfone 3というモデルは十分に魅力的だ、ということです。

唯一惜しい点といえば、フォーカス音くらいでしょうか。オートフォーカスは良いのだけれど、ちょっと詰め甘かったですね、この音、少しうるさいよ。(こちらも修正して欲しかったなぁ、と思います。)

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。