[かぶ] ZenFone 5からZenFone 2 Laserに替えて便利になった、MicroSDに関する小さなこと。

[かぶ] ZenFone 5からZenFone 2 Laserに替えて便利になった、MicroSDに関する小さなこと。

スポンサーリンク

小さなことなのですが、これだけでも人によってはZenFone 5からZenFone 2 Laserに替えても良いのではないか、と思うことがありますので、ちょっと触れてみたいと思います。

それは、Android OSが5.0になったことで、今まで厳しかった一部のアプリでも保存先をMicroSDに指定できるようになったこと。

これは4.4(4.3)のZenFone 5では地味に面倒だったことなので、個人的には非常に助かりました。特に感じたのが、写真関連のアプリにおいてです。

0983-201508_My Camera Tools 01

私の写真撮影の環境。

と偉そうに言えるほどカメラや写真にこだわっている訳ではないのですが、現在GRD3、iPhone 6、ZenFone 2 Laserで写真を撮っています。GRD3では以前ご紹介したEyefi mobiを入れることで、今まではiPhone側に転送した上でGoogleフォトに一緒にアップするようにしていました。

[かぶ] Eyefi mobi 16GB導入。おかげで眠っていたリコーGRD3がZenfone 5とコンビで復活したよ。

0752-201504_Zenfone5 Photo 01

これは、ZenFone 5ではEyefi mobiアプリ上でMicroSDカードに転送した写真を保存できなかったことから、気がついた時には端末本体のストレージを圧迫し始めたからです。

以前から触れているように、ZenFone 5は画質云々以前にシャッター音が嫌がらせのように大きくて、その時点で使う気を無くしていました。撮れた写真自体もiPhoneのほうがすぐに使いやすく、それならGRD3かiPhoneで済ませてしまったほうが楽だからです。

ただ、今iPhoneは128GBの6 Plusではなくて、16GBの6なのです。こまめに消していかないとすぐにいっぱいになってしまいます。(なにせ現時点で空き容量が4GB強しかないので)

ZenFone 2 Laserになって、Eyefi mobiでMicroSDが使えるようになった。

Android OSのバージョンの関係なのですが、これに今朝気づいて(すっかり忘れていた)早速MicroSD上のフォルダを転送先に指定しました。

0983-201508_Eyefi mobi Android

これなら、安心して使えます。ここ数日、ほぼ写真もGRD3かZenFone 2 Laserを使っていたので、この2つをまとめて一つの端末で管理できるのはありがたいです。SNSへの投稿もほぼLaserからにしていますし。

LightroomもMicroSDに保存できるので、再度導入。

ついでに今まであまり使ってこなかったAdobeのLightroom mobileも見てみたところ、こちらもMicroSD上に保存が出来るようです。

0983-201508_Lightroom Android

写真自体ではなく、コレクションのデータ等の保管先ではあるのですが、以前一度iPhoneに入れた時に気がついたら結構容量を食っていた、ということがあったので、使わずにいたのです。これも今回自然に使えるようになって大変ありがたい。ZenFone 2 Laserで撮影した写真のみコレクションに自動登録されるように指定しています。

ZenFone 2 Laserに写真からSNS関連まで任せられるようになったので。

今回iPhoneを16GBとコンパクトにしたことで、アプリの取捨選択をするようになりました。これが意外と心地良いのですが、どうしても今までは(ZenFone 5より)iPhoneのほうが便利な部分が多く、ついiPhoneにアプリが増えてしまっていました。まぁそれでも良いのですけどね、普通は一台で使うわけですから。

ただ、私の場合はiPhoneを家族との連絡及びApple Watchのためだけに使いたかったので、こちらに銀行のオンラインバンキングのアプリやGoogleの2段階認証アプリ、ワンタイムパスワードアプリなどを入れていました。結構iPhone側は重要な情報が入っているのです。

iPhoneのカメラを使わない訳ではないのですが、おかげで用途をくっきり分けることが出来るようになったのはとても助かります。

0983-201508_My Camera Tools 02

Smart Lock for Chromebook等も使っている私の場合は、Googleへの依存度が高いのでAndroid端末が使いやすくなってくれればくれるほど、非常に使いやすくなるんですね。それならiPhone要らないじゃん、と突っ込まれそうですが。

[かぶ] ASUS ZenFone 2 Laser レビュー(Smart Lock編)私にとってはこれだけでも充分魅力的。

地味ながら正統進化してくれているところがLaserの魅力です。

ZenFone 5を使っている人から見れば、まだ5から1年も経っていない訳で、わざわざ買い換える必要はないと思うのです。ただ、意外と細かい部分で地味に進化しているので、そうした小さな部分が意外と人によっては効いてくるところかもしれません。

そもそも2台持ちが必要かどうかは別として、今回実際に10日程使ってみたことでその価値に気づけたというのは幸運だったのかな、と思っています。こんな機会でもなければわざわざ5購入から半年も経っていない状況でLaserに替えよう、とは思わなかったと思います。

まだまだ色々細かい部分でジンワリと魅力が出てきそうですが、ひとまず今朝目が覚めて気がついたので書いてみました。良いですよ、ZenFone 2 Laser。

タブレット | ZenFone 2 Laser (ZE500KL) | ASUS 日本

ZenFone 2 Laser | ASUS ZenFone Shop

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。