[かぶ] 程よいバランスの良さと「これでいい」感。発売前のASUS ZenFone2 Laserを考えてみる。

[かぶ] 程よいバランスの良さと「これでいい」感。発売前のASUS ZenFone2 Laserを考えてみる。

スポンサーリンク

今、OCNモバイルONEのSIMを入れてほぼ不満なく普段使いしているASUS ZenFone 5。iPhone 6と2台持ちの現状は自分でもどうかと思ってはいるけれど、モデルとしては非常にバランス良く優れた機種だと今でも思います。この半年迷走していますが、それなりに得るものはあった、と。

ZenFone 2に関しては流石に様子見をしていました。4GBはやはりちょっと魅力的だったりしたのですが、如何せん価格や性能が自分の求める「これでいい」感に対して少し高く、良かったのが理由。これだと、これからも4万以上、もしくは上をどんどん見てハイスペックモデルを都度追いかけていくパターンにまたハマってしまうのではないか、と思ったのです。

そんな折、つい先日、ASUSが新モデルを発表。モデル名はZenFone 2 Laser。

UNLOCK THE FUTURE ~SIMフリースマートフォンのさらなる新境地~レーザーオートフォーカス、5インチ HD IPS液晶搭載「ZenFone™ 2 Laser (ZE500KL)」を発表

0955-201507_Asus Zenfone 2 Laser

来月8日に発売されるこの端末の魅力は「程よい」感。尖ってないところ。最新機種というよりも、ZenFone 5で満足している人にとっては普通にそれで良いと思えるバランスの良さが魅力かな、と思っています。

過剰な性能向上よりも、その時々の用途に合わせたバランスの取れた継続した正常進化が欲しい。

何が惹かれているのか、と考えた時、大きく変わらないことなのかな、と思いました。ZenFone 2とありながらも、どちらかといえばZenFone 5の正常進化型。CPUが数年前のものだの、ミドルだ、新鮮味がないだと言われながらもZenFone 5があれだけ一部で受け入れられたのは、別にそこまで要るのか、と思っていた層がいたということだと思うのです。

自分の用途を考えた時、手元に5万も10万もするスマホを持って、使っていることといえば半分以上は時間の消費(スマホって結局なかなか何かを生み出すことが出来ないとは最近よく言われている言葉)。実際、パソコン自体今更にCPUやGPUがますます進化したとして、果たしてそこまで要るのか、と。もちろん一部の人には必要であったとしても。例えば私であればほぼChromeboxでどうとでもなってしまうわけです。

0887-201507_Chromebox 01

けれど、とにかくスペックだけを求めていくと、もしかしたら2年後、5年後、Chromeboxはもう後継機がないかもしれない。Chromebookもなくなっているかもしれない。「これでいい」のに、なんか要らない機能や要らないものが色々ついてそれに合わせてハイスペックになって値段も高くなってしまう。そんなもの求めていないわけです。

スマホの世界もそれに似たところがあると思うんですよ。2年前のスペックだ、と鼻で笑われることがあったとして、その2年前のスペックですら全く不便を感じていない人もいるんです。それは求めているものが、単なるスペック表上の性能だけではないから。

ZenFone 5が販売終了になり、このクラスで良い人にとって、次はどうすれば良いのか。

0717-201503_Zenfone5 02

ZenFone 5が販売終了になり、ZenFone 2がかなりの期待とともに出てきました。これが素晴らしい、まさに待っていた、という人もいるでしょう。でも、5もそのまま継続して出してくれれば良かったのに、という層もいたと思うのです。とはいえ、端末としては充分でもOSであったり、細かい部分では派手でなくて良いからバランス良くその時その時のレベルには進化させて欲しい。1年後、ZenFone 5のバッテリーが切れてきた頃、恐らくそう感じると思うのです。

そんな中での今回のZenFone 2 Laserは、本当に性能を上げた、という印象よりも、より弱かった部分を潰した、あると便利だと思ったところをちゃんとそのまま持ってきた、といった姿勢が見えました。

オーバースペックは必要ない私でも地味に嬉しい正常進化。

例えば散々言われていた「カメラがショボい」。これはZenFone 2並に上げてきています。

そしてOSも今の流れに合わせてきちんとAndroid 5.02を載せてきた。当初ZenFone 5もLollipopは出すと言っていたのに、色々トラブルがあったのか結局このまま日本版は立ち消えになりそう。無理やり上げても色々不具合も出そうですし。けれど今回は最初からLollipopですから。ChromebookとChromeboxをメインで使っている私としては、Lollipopの隠れた機能の一つ、Smart Lock for Chromebookを試してみたいと思っていたんです。ZenFone 5でLollipopを待っていた唯一の理由がこれ。

Android スマートフォンで Chromebook のロックを解除する – Chromebook ヘルプ

0630-201502_Chromebook C720_01

Chromebookを愛用するようになって、Googleへの依存度が高くなったこともあり、iPhone以上にAndroidの便利な部分が目に付くようになってきました。それだけに、意外とこの地味なSmart Lock for Chromebookなどの機能にグッと来てしまうわけです。

そして、これが個人的に地味に嬉しいのですが、「デュアルSIMスロット搭載」。決して真新しいものではないのですが、同時使用は出来ないとしても、2枚のSIMを挿しっぱなしで切り替えて使うことが出来るというのはありがたいです。今DMM mobileのSIMも持ってますしね。SoftbankのSIMもあるといえばありますし。

デュアルSIMスロット搭載
4G/LTEに対応した、SIMスロット1とSIMスロット2 の、二つのSIMスロット※を搭載。仕事とプライベートと、電話番号やSIMカードのプランを分けて使用することも可能です。
※ microSIMカードスロットは、SIMスロット1、SIMスロット2ともに、4G/3G/2G回線に対応しています。ただし、SIMカードを2枚挿入して、4G/3G/2G回線を同時に使用することはできません。

ということで、散々気分が盛り上がったところでASUSからありがたいイベントが。

たまたまFacebookページを眺めていたらASUSがこんなイベントを開いてくれるようで、自称でも”ASUSマニア”とまで言えるかどうか分からないまでも、ZenFone 5とChromeboxは日々非常に気に入っている私としては折角なので申し込んでみました。

【自称"ASUSマニア"大募集】日本未発表ZenFone / ○○○Padの先行体験会を開催します!    3度の飯よりASUSが好き、誰よりも早く新製品を触りたい方、最新ガジェットを体験したい方、どこでも動画や音楽を思い切り楽しみた…

Posted by ASUS Japan on 2015年7月23日

昨日が締め切りだったのですが、ありがたいですね。今日連絡を頂きまして。

0955-201507_Asus Zenfone 2 Laser 01

しっかりブログ等でしっかりレビューすることが条件ですが(ちゃんと文字数や最低写真枚数まで指定されている)使う機会を頂けることになりました。これはChromebookやChromebox、そしてMVNOなど含め、「これでいい」から「これがいい」感が好きな私のような者の視点から色々と書いてみたいと思います。とりあえず6日に行ってこないとね。楽しみにしています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。