[かぶ] ASUS ZenFone 2 Laser 純正液晶保護フィルムを貼ったつもりが自分で剥がしていた件。

[かぶ] ASUS ZenFone 2 Laser 純正液晶保護フィルムを貼ったつもりが自分で剥がしていた件。

スポンサーリンク

何を言っているのか分からないと思いますが、自分でもしばし分かりませんでした。

0978-201508_ASUS ZenFone 2 Laser Film 01

ヨドバシ.comで注文していた純正保護フィルムが届いた。

今日、注文していた純正保護フィルムが届いたんです。

こうした保護フィルムの貼り方は私、高校生の頃は図書委員で、本の保護用のカバーフィルムを何百冊も貼っていましたので、完全に油断しておりました。今まで何台もガラケーからスマホ、その他諸々まで貼ってきて、大きな失敗をしてこなかったことも油断に繋がったのかもしれません。

端を合わせてビシッと決めました。

0978-201508_ASUS ZenFone 2 Laser Film 02

ここ最近ガラスフィルムのほうが多かったので、少しだけ緊張しましたが、ビシッと決めて気泡も出来ず、上出来です。早速上のフィルムを剥がします。写真の右下の2のシールを持って剥がしていけば良いだけです。

0978-201508_ASUS ZenFone 2 Laser Film 03

美しく決まりました。細かなホコリ等も間に挟まらず、完璧です。指の滑りも良好。もう貼っているのか貼っていないのか全くわからないくらいの出来です。

・・貼っているのか貼っていないのか分からない?

本当に貼っているのか、お前は

見事にフィルムも一緒に剥がしていた模様。

あまりにも綺麗に貼れすぎて不安になったので、よく表面を見ると、ホント貼ってないみたいなんですよ。もう何度も見たら、貼れておりませんでした。

で、改めて今度は片面を剥がしてしまった後なのでちょっと難易度が上がりましたが、改めて貼り直しです。で、もう一度2を剥がそうとすると、やはり先ほどと同じようにスルリと剥がれる。で、フィルムはやはり貼れていない気がする。

で、表面を貼ったり剥がしたりを繰り返している内に、ようやく2の上の面と、保護フィルムが分かれてくれまして。でもその頃には間に細かいホコリ等が色々。特に吸着面は既に剥がした後なので、指紋も若干・・。

0978-201508_ASUS ZenFone 2 Laser Film 04

何とか貼り終えた後の写真です。汚いね、うん。

実際は使っているとあまり気にならないのですが、こうやって写真に撮ると汚いです。上の面が特に。

貼れているか不安な方へのチェックポイントを2つ。

・貼った後、2の面を剥がしますが、あまりに簡単に音もなく剥がれるようならフィルムも一緒に剥がしています。フィルムが晴れていると少しベリベリって音がします。

・ブルーライトカットということもあり、部屋の中ではほとんど気づきませんが、晴れた日に外でスクリーンを見ると、かなり青みがかっています。あ、フィルムあるな、というのが分かります。

で、使用感ですが、ほとんど普段は気づかないくらいです。ええ、貼ったのか貼っていないのかわからないくらい。今回はちゃんと貼っていますが

ガラス面の保護というよりも、気持ちの部分かな。汚れであったり、指紋であったり。ガラスフィルムの場合は指の滑りを重視されて選ばれる方も多いようですが。

落とした時にはどんな保護フィルムしてようが割れる時は割れますしね。細かい傷除けくらいでしょうか。ただ、Gorilla Glass 4は傷に予想以上に強いですが。

0975-201508_Gorilla Glass 4

ブルーライトカットに関しては、でもZenFone 2 Laser自体にも画面カラーモードの設定でブルーライトカットのモードがありますし。若干指紋が付きにくくなったような気がする、程度です。外では上でも上げたように青みがかるので、ちょっと見づらくなったとも言えます。

ただ、そう書きながらも結構気に入ってはいるんですよ。View Flip Coverと同じように機能性以上に自己満足や気分的なものが大きいかもしれませんが、愛用するものってこの気分的なものが結構大きいと思いますし。

[かぶ] ZenFone 2 Laser 純正VIEW FLIP COVERを購入しました。

単体で送料も別で買うにはちょっと躊躇してしまうかもしれませんが、例えばポイントが余ってる、店頭で見かけた、などであれば、試してみる価値は充分にあると思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。