[1160-201601] Amazon fireタブレット純正カバー到着。これは推奨ではなく必須アクセサリです。

[1160-201601] Amazon fireタブレット純正カバー到着。これは推奨ではなく必須アクセサリです。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員なら4,000円引きの4,980円で買えることから、その価格の安さばかりが注目されがちなFireタブレット 8GB。実際私も手元にZenPadがあることから、「冷静に考えれば買う意味が分からない」と以前書きましたが、届いて使ってみて、その考えが誤りだったことに気付かされました。

[1158-201601] Amazon fireタブレット 8GB。これは廉価版Androidタブレットではなく、プライム会員限定Amazon専用端末。

もうすっかり気に入ってしまって、既に私の用途においてはメインタブレットなのですが、そうした中で必須アクセサリの一つ、純正カバーが今日到着しました。

[1159-201601] Amazon fireタブレットが素晴らしい。気がつけばアッサリと格上のタブレット端末に取って代わってしまった凄いヤツです。

早速取り付けてみましたが、流石純正です。2,690円という価格は、折角実売4,980円という価格で買ったのに、と考えるとC.P.が悪いように感じられるかもしれませんが、それは実質0円でiPhoneを買っておいて、ケースに1円でも払うのが勿体ない、と言っているようなもの。価格を考えると非常に良く考えられていて、質感も悪くない、やはりfireタブレットには必須のカバーです。写真付きでご報告します。

1160-201601_fire Tablet Cover

幾ら安いとはいえ、傷や汚れが気になってしまっては、折角の良端末も宝の持ち腐れ。

確かにfireタブレットは実売5千円です。コストを考えてか、本体はプラスチック製だったりと、質感が良いわけではありません。とはいえ、やはり使っていると、何となく傷が付きそうだったり、汚れが目立ちそうで気を使ってしまいます。

1158-201601_Amazon fire Tablet 06

勿論単なる道具ですから、傷を気にしていても仕方がありません。普段私はiPhoneやZenfone Zoomには一切ケースを付けません。折角コストをかけられて作られたケースの手触りや重量バランスを失いたくないからです。何となく勿体ない気がしてしまう。けれど、かえってこうした低価格の端末ほど傷を気にしてしまうのですから不思議なものです。

手触りも良好。安っぽくもなく、またスタンドとしても使えて好印象です。

1160-201601_fire Tablet Cover 01

実際に今回届いたケースは本革でも、コストのかかったケースでもありませんが、実物を見てみるとこれがまた悪くない。手触りもサラサラしていて思っていたよりも気に入ってしまいました。

1160-201601_fire Tablet Cover 02

流石に純正カバーだけあって、サイズもピッタリですし、無駄に重くしていたり、無駄にかさばったり、ということもありません。保護するところは保護しながらも、操作性は全く邪魔していません。

1160-201601_fire Tablet Cover 04

ほとんど使うことがない(私も恐らく全く使わないと思う)カメラ部分もしっかり守りながらも、デザイン上は悪くないな、と感じます。

1160-201601_fire Tablet Cover 03

スピーカー部分。このスピーカーはコストを下げた結果としてモノラルスピーカーになっています。あまり評価は良くありませんが、音量を最大にしても音割れはしませんし、昨日今日とAmazonプライムビデオを観ていたのですが、映画を観る分にはこの7インチという大きさとタブレットで観ることを考えると決して悪くない。いや、もしこのタブレットにかなり上質なスピーカーが付いていたら却って違和感を感じてしまうかもしれません。

1158-201601_Amazon fire Tablet 07

確かにスピーカーは音が良いに越したことはありません。けれど、そもそもこのタブレットを使って音を聴くのはどんな状況が考えられるでしょうか。家であれば本格的に音も楽しみたいのであれば、画面も大画面を求めたくなると思います。また、出先であれば、例えば電車や新幹線の中であればそもそもスピーカーは使わないと思います。イヤホンになるでしょう。

そう考えると、このタブレットのみでイヤホンを使わずに音を出したいときというのはさほど音質(だけでなく音量も)を求めないのではないか、と思います。であれば、中途半端にコストをかけて値段が上がるよりも、適度な音が出れば良いのでは無いかと思います。

1160-201601_fire Tablet Cover 05

カバー部分は磁石になっています。背面に折り返した時に裏側で磁石で固定されて、折り曲げることでスタンド代わりになります。これが意外と使いやすい。

1160-201601_fire Tablet Cover 06

主に使うのは横に倒したとき。Amazonプライムビデオなど映像を見るときです。角度も悪くありません。

1160-201601_fire Tablet Cover 07

純正スタンド、反射防止フィルム、microSDメモリは推奨ではなく必須です。

1160-201601_fire Tablet Cover 11

本体が安いだけに、ついアクセサリなども買わずに済ませたくなってしまいますが、安いからこそ折角なのでこうした純正アクセサリも揃えて欲しいな、と思います。

純正スタンド、反射防止フィルム、microSDメモリは推奨ではなく必須。いっそのこと、これら3つも合わせて10,000円で販売すれば良いのに、と思ってしまうくらいです。それくらい使い勝手も快適度も違います。

1158-201601_Amazon fire Tablet 05

もちろんこれらが無くても気軽に使い倒す、という目的であれば充分かもしれません。けれど、それは勿体ない。通常こうしたアクセサリは折角の本体の魅力を損なってしまい、あくまで保護のために仕方なく、という部分が多くなってしまうのですが、fireタブレットの場合、アクセサリが本体の魅力を上げてくれます。長く使うなら必須です。

1160-201601_fire Tablet Cover 08

まずは私のように本体だけ。プライム会員価格4,980円で、というものありですが、使ってみると思った以上の使い勝手の良さに、結局はこれらを揃えてしまう(メモリは最初から買うでしょうが)と思いますので、ここは素直に最初から揃えてしまったほうが良いと思います。益々使用頻度が上がりそうです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。