[0711-201503] こうした文章の一つ一つがいつか大切な記録になっていくかもしれない。そんなことを思いつつ、三交製靴ラギッドシューズのお話。

[0711-201503] こうした文章の一つ一つがいつか大切な記録になっていくかもしれない。そんなことを思いつつ、三交製靴ラギッドシューズのお話。

スポンサーリンク

三交製靴ラギッドシューズについては、先週15日に触れてるんです。3日前ですね。
[0709-201503] 靴が好きなあなたへ。次の一足を買うときにちょっと寄り道してみて欲しい、三交製靴ラギッドシューズ3足10万円の安心感。
にも関わらず、3日と空けず再び取り上げる理由は、単に昨日何気なく撮ったプレーントゥが思った以上に素敵だったのでブログで使いたかったからです。
0711-201503_Sanko Shoes 01
ということで、またか、と思うかもしれませんが、お時間のある方はちょっとだけまた付き合って下さい。

雑誌「Men’s Precious」のブログで紹介されてたんです。

あ、このブログが、じゃないですよ。ラギッドシューズが、です。あの高級高額ブランド目白押しの島地勝彦さんを敬愛する30代〜50代が好みそうな男性ファッション誌「Men’s Precious」。


ちなみに私は買ってはおりませんが、店頭でさらりと立ち読みします。島地勝彦さんの著書は結構好きです。2冊買いました。


どちらも面白いです。私、最近は衝動買いもかなり落ち着いて、すっかり冷めた大人になってしまいましたが、そんな私の衝動的な20代から30代を、それで良いんだよ、と言ってくれる祖父のような存在です。実際に亡き祖父がそう言ってくれるかは分かりませんが。私の場合周りに迷惑かけてる気もしますし。

いつか消えてなくなってしまうであろう、ものづくりの風景。

フラッシュバック – 山下英介の「おしゃれ探偵が行く!」
マナスルシューズをきっかけに知った「大正野郎」が取り上げられていたり、と勝手に親近感を覚えながら読ませて頂きました。
[0626-201502] 山田芳裕「大正野郎」は大正浪漫かは別にしても、誰もが何かを思い出す素晴らしい漫画です。


とともに後半部分の写真と文章を読んでいて、分かってはいたはずなのだけれど、改めて思い、ちょっと寂しくなりました。
フラッシュバック – 山下英介の「おしゃれ探偵が行く!」

昔と全く変わらない、
でも永遠であるはずもなく、
いつか消えてなくなってしまうであろう、
ものづくりの風景。

そうなんですよね。果たしていつまでこの靴が続いていくだろうか。90余年続いてきたこの会社も、後継者がいない以上、また一度は作るのを止めたくらいですし、あと10年も20年も続けられる訳ではないと思うのです。その頃には三交製靴だけでなく、こうしたものづくりの風景はどこでも見ることは出来なくなってしまっているかもしれない。
slooProImg_20140523161825.jpg

ここ最近、ブログで取り上げている方が増えている気がします。

勿論今までも、何年も前からマナスルシューズを紹介されている方はいましたし、検索をすれば時々見かけることは出来ました。だからこそ、私もその存在を知ることが出来たわけですし。
そうして、同じように細々と繋がってきたのかもしれません。
そして、まぁ単純に私がこれだけしつこく取り上げるということは、私自身相変わらずコマメに検索したりもしてアンテナを張っているからとも言えるのですが、先程も軽く検索してみたら、数件新しく取り上げている方が見つかったり。
三交製靴ラギッドシューズ|道具|いろいろ歩いて行くブログ
こちらのOtterSFさんはペッカリーの茶を購入されたようです。私が最初に買ったのもペッカリーの茶でした。

酒蔵日記:ラギッドシューズ(旧商品名マナスルシューズ)の三交製靴に伺う

私は丸善が販売していたマナスルシューズを3足持っています。「登山靴の確かな履き心地と丈夫さを、ビジネスシューズにも」と言うユニークな発想で生まれたラギッドシューズ(旧マナスルシューズ)との出会いは金沢大和の中に、20年前に丸善が店を出したのがご縁でした。

吉田酒造社長の吉田隆一さんのブログ。吉田さんは20年来マナスルシューズを愛用されてきた方です。今回オールソールに出しながら、新たに一足買い求められたようです。
革とスニーカーの頃 : 帰ってきた「喫茶と軽食さくらい」
以前もご紹介した、さくらい伸さん。

という訳で、ラギッドシューズをもう一足買い足そうと考えている。茶のレザートートを仕事で使うことが多いこともあって、茶もひとつ欲しいとは思うものの、写真で見る限り、さほど雰囲気のある革ではないような気がするのだが、どうなのだろう。三交製靴で茶の靴も見ているはずなのだが、その時点では黒一択という感じだったので残念ながら記憶に残っていない。ちなみにネットを検索していてたまたま見つけたこの丸善時代の茶のプレーントゥは味が出まくっていて驚く。現行のもの↓とは革も異なるのだろうか。

私も茶色の革のタイプは持っていませんし、履きこんでもいませんので分かりませんが、確かに松本にある靴屋、ヤマザキ屋のブログで紹介されていたこちらのプレーントゥはかなり味が出ていますね。
松本の靴専門店「ヤマザキ屋」 スタッフブログ:丸善オリジナルシューズ お手入れビフォー・アフター
ヤマザキ屋には以前からお世話になっているのですが、また次回行った時に訊いてみようと思います。

こうした文章の一つ一つがいつか大切な記録になっていくかもしれない。

0711-201503_Sanko Shoes 02
勿論そんな大きな志をもってブログを更新しているわけではなく、ブログを通して色々な方と出会えたり、きっかけにして話が出来たりと交流ができることが何より嬉しいのですが(お返事が一部遅れてしまっております。ごめんなさい。)そうして私にかぎらず色々な人が色々な場所でさり気なく触れたこうした記録の一つ一つが、いつか貴重な記録になるかもしれません。
何十年後かに、いや、その時には勿論今と同じようなネットが存在するか分かりませんが、画像や文章が何らかの形で誰かの目に留まるかもしれない。
あ、ラギッドシューズってあったなぁ。三交製靴、当時お世話になったなぁ。良い靴だったなぁ。
ふと思い出した時に、写真とともに残っていたら、嬉しいなぁ、と思うのです。
slooProImg_20140523161949.jpg
そんなこともあり、それ以前に単に書きたいだけなのですが、これからも折にふれて三交製靴ラギッドシューズのことを書き続けていきたいなぁ、と思っています。
また長くなっちゃいましたね。お付き合い頂き、ありがとうございます。
熟練の職人が手縫いで作り上げた、頑固な紳士靴ラギッドシューズ(旧マナスルシューズ) – ラギッドシューズ(マナスルシューズ) 三交製靴株式会社

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。