[0459-201412] Shoe*さんの2014年のThe Best BuyはREGAL W10BDJ。私にとってもこの靴はREGALの実力を再認識した一足です。

[0459-201412] Shoe*さんの2014年のThe Best BuyはREGAL W10BDJ。私にとってもこの靴はREGALの実力を再認識した一足です。

スポンサーリンク

このブログでも何度かご紹介しているShoe*さんが今年のベストバイとして、W10BDJを挙げられています。
W10BDJ – The Best Buy of 2014 | Shoe*
私も過去数回この靴についてはご紹介していますが、Shoe*さんの言われるように、大変素晴らしい靴だと思っています。
slooProImg_20140709020143.jpg

トリッカーズのカントリーラインに似ているけれど、日本の職人さんがあくまで既製靴の枠内で、本格的なカントリー仕様のフルブローグを作ったらここまでできる、を具現化した靴。
Offの日はかなりの割合でこのW10BDJを履いた。
軽く雨に降られることもあったけれど、今のところ目立ったシミもないし、国産キップのアッパーは比較的質が良いのか、革が硬くなるようなことも無い。

私もこの靴を半年前に入手して以来、休日の定番靴の一つとなっています。一つといったのは、他に三交製靴のラギッドシューズがあるからですが、ラギッドシューズが手縫いならではの履き心地の良さがあると言えるなら、このW10BDJも不思議な程に私の足にしっくりきて、最初から非常に快適でした。
[0360-201411] 5ヶ月後のリーガルW10BDJ。履く中で変わったこと、気付いたことを改めてご報告。
どちらがより素晴らしい、という話ではないのです。ラギッドシューズは小さな工房で職人さん一人が一足一足こつこつ丁寧に作り上げていくことで生まれる馴染みの良さ。W10BDJはそれを量産靴で、グッドイヤーウェルト製法という大量生産できるようにした製法で作り上げた。その分底材であったり、甲革にコストをかけられた。その事で生まれる全体としての履き心地と履き馴染みの良さです。
slooProImg_20140809234621.jpg

と、そんなくだらないことをウダウダ書きましたが、単に嬉しいのです。時々こういう、リーガルで靴を知り、グルリ廻ってまたリーガルに帰ってきた時初めて分かる、あぁ、リーガルも出してくれてたんだ、こういうモデル、って思ってしまうような、多分売れ筋とは少しズレているかもしれないけれど、少しワクワクさせてくれる靴があるということが、嬉しいのです。

Shoe*さんも書かれているのですが、

W10BDJはやっぱりこのタン色がいい。
カントリーテイストで気楽なoffに履くには明るい色のほうが肩の力が抜ける。経年による色合いの変化も楽しみだし。
(中略)
傷ついても気にしない。
雨に降られても気にしない。(お手入れはする)
ソールが減っても気にしない。(適度にリペアする)
そういう靴。

まさに、そういう靴だと思います。休みの日も気軽にこれを選び、気負わず履ける一足。休みの日、となると突然スニーカーやサンダルになって、年齢不詳の少年になってしまうことが多いと思うのですが、これは革靴、と変に気負わず履けるのです。
とともに、これが足元にくるだけで、だいぶ上まで、気持ちまで変わってきます。
ちなみに私は先日購入したREGAL純正のプレミアムデリケートクリームをこのW10BDJにも使っています。
slooProImg_20141201171613.jpg
[0378-201412] リーガルの新製品プレミアムデリケートクリームは、ガラス革の靴のキラーアイテムになるかもしれない。
このクリーム、コロンブスが作っていますが、ほぼ同素材と思われるクリームを純正でも出しています。

まだ長期間使っていないので分かりませんが、非常に便利です。つま先と踵周りにこのクリームを使っておくだけでも、だいぶスレ傷等の防止、保護になりそうな印象です。

W10BDJも、表面的なところだけを見ればイギリス靴のコピーのように思えてしまうけれど、見れば見るほど日本の靴作りが世界に通用出来るということを示していると感じる。こういう靴が長く続くことで、日本の靴がもっと世界で評価されるのでは無いだろうか。

私の中でも気になっているのが、これだけしっかり作られて、ネットでも評価が高い靴が、一般受けせず、結果として数年で消えてしまうのではないか、ということ。実際オールソールが税込み21,600円(だったはず)、中底も含めると25,920円(だと思う)とのことで、それだけコストもかかっていると思うのです。私としては今、考えられるREGALの新しい定番の一つとして出し続けて欲しいのですが、難しそうな気もするのです。
0360-201411_W10BDJ_06
2014年もあと1週間ほどで終わり。2015年のREGALが、この流れを変えずに、こういう方向性での靴作りも続けてくれることを願っています。
そのためにも、これからも定期的にW10BDJを推し続けますし、来年も素晴らしいモデルが出たらどんどん盛り上げていきたいと思っています。
Shoe*さんもこれからも素晴らしい国産靴をどんどん紹介、発信し続けていって欲しいなぁ、と思っています。
W10BDJ【REGAL SHOES ORIGINAL】リーガル 取り外し可能キルト付き 革底ウイングチップ: REGAL(紳)| シューズ・ストリート(靴・通販)
#ちなみに、W10BDJ推しの点、またベタ褒めの部分が似ていますが、決して同一人物ではありません。お会いした事すら一度もないんです。こういう方が同じようにブログで発信されていることを、大変心強く、嬉しく思っています。これからもよろしくお願いします。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。