[0882-201507] 結局は革の表情なんて言っても自己満足の世界なんです。けれど、靴を磨くことは自分と靴と相手に対する礼儀です。

[0882-201507] 結局は革の表情なんて言っても自己満足の世界なんです。けれど、靴を磨くことは自分と靴と相手に対する礼儀です。

スポンサーリンク

昨日から今日にかけて、革と水(雨)の関係について、ちょっといつもと違う感じで書いてみました。いつもと違う感じで書いてみたつもりが、なんだいつもと同じじゃん、と感じるかもしれません。結局書いているのは私なので。
PEI88_ajisaitosenro20150305090347-thumb-1000xauto-18232
[0875-201507] 梅雨時は確かに憂鬱な季節ではあるけれども、靴好きと革靴にとっては贅沢な時間でもあると思う。
[0878-201507] 革と水がなかなかうまくいかない理由。この時期雨が元気すぎて面倒になっちゃうんですね。

革といえばエイジングだ味だと言われますが。

興味のない他人から見れば汚いだけなんです。同じ趣味を持つ人からはいいね!と思ってもらえるかもしれませんが。それは靴好きが集まった時に円になって足元だけの写真を撮ってネットで公開するのと同じです。同じ趣味同士であれば微笑ましい光景ですが、通りすがりの人から見れば怪しい集団ですし、たまたまフォローしていた友人知人からすれば全く面白みも何もありません。これ、自戒・自省の意味も込めて。でも、結局そういった自己満足の世界なんです。
TSU86_M023269-thumb-1000xauto-14673

けれど、自分の履いているモノ、使っているモノを綺麗にすることは。

結局は自分自身に対する礼儀でもあるんですね。そして自分の仕事道具、もしくは生活の道具としてのモノに対する礼儀。そして何より、相手に対する礼儀です。
OOK86_alpha15142320-thumb-1000xauto-16115
礼儀なんて固い言い方をすると、すぐに眉をひそめたり毛嫌いする人もいるかもしれませんが、これって別に大げさなことでもなんでもない。
だから、思う存分にお手入れをして欲しいと思うのです。それも、せっかくなら楽しんで。
それがお店にいた頃からの(この文章からだけだと偉そうですが、当時は別にそんな上から目線ではありません)想いです。

昨日からお手入れ中の三交製靴ラギッドシューズ。

実際には何日もかける必要はないのですが、今回はのんびりゆっくりやってみました。と言っても2日程度です。本当はこれくらいはのんびりやるくらいがちょうど良いかもしれません。実際に靴の前にいる時間自体は大してありませんし。
0882-201507_Sanko Shoes 01
前回、タピールのフレーゲクリームを表面に薄く塗った状態で放置しておきました。そこから先ほどブラシと乾拭き(磨き)をした状態です。テクニックも何もありません。普通にブラシ。普通に乾拭き。
0882-201507_Sanko Shoes 02

黒い靴って変化が分かりにくいように思いますが。

実際は意外と表情があるんですね。黒と言ってもホント様々。黒も奥が深いです。
0882-201507_Sanko Shoes 03
タピールって塗った直後にブラシや乾拭き(磨き)を焦ると、まだ表面に落ち着いていない(馴染んでいない)ためか、引っかかるんです。磨き用のグローブが。無駄なクリームもまだ表面でどうして良いか分からず浮き出てしまっているような感覚です。
0882-201507_Sanko Shoes 04
なので、レーダーオイルもフレーゲクリームも、放置しておくくらいがちょうど良いです。今回半日放置していましたが、それだけでブラシもグローブも滑らかです。
0882-201507_TAPIR
この後つま先やかかと周りなど、光沢を出してさらに表情を出したければレーダーバルサムを使うという方法があるのですが、これも同様。薄く指で伸ばしたら、半日以上放置。それが一番(時間はかかりますが)簡単です。下手に塗った直後にあれこれ手を加えようとしても、表面でまだ落ち着いていないので、時間と手間がかかる割に仕上がりがうまくいきません。

今回使ったお手入れ一式はこちら。

0882-201507_Todays Care

汚れを落としつつ、オイルを加えたければレーダーオイル。久しぶりにお手入れをする場合や、水洗い後などにも良いと思います。あとは今回みたいな、ちょっといつもより少しだけ手間かけようかな、という時。あまり使うとベトついて後がちょっと面倒(べとつきが取れるまで時間がかかる)ので、布にでも薄く取ってマッサージするように塗り込んでいく感じで良いと思います。

今回、少し艶も出しておきたかったので、栄養分も含ませつつ、フレーゲクリームを使いました。タピールはそれぞれのモノが、説明を見ただけだと用途が重なっているのでわかりにくいのですが、要はどれ使っても大して問題は無いとも言えます。

フレーゲクリームを塗るときにも、ペネトレイトブラシを使いたければ加えても良いですし、指で塗っても問題ありません。指のほうが調整はしやすいかも。天然成分ですしね。

ここ最近オススメしているコロンブスのHGグローブシャイン。セーム革の面と両面あるので、この革の面をうまく使いこなせるようになると、艶が出しやすくなります。写真で黒くなっているほうがセーム革の面です。

ブラシ。私のはブラックではなく無色ですが、特にコダワリなければどちらでも構わないと思います。ブラシとグローブは普段からマメにしておく癖をつけるだけで全く靴の寿命が変わってきますので、これだけでも習慣化してほしいな、と思います。

ちょっと補足と、いつもの「足し算ではなく引き算」。

0878-201507_Sanko Shoes 04
今回、写真を撮った後も更に念を入れてブラシとグローブでの磨きをしているのですが、それだけしていても、改めて履いた日には履き皺周りなどに黒い粉が付くことがあるんです。クリームの残りです。余分な分が、表面で固まっていた部分が出てくるんですね。それらは気にせずどんどんブラシとグローブで落としてしまいます。
ここ最近書いている「靴のお手入れは足し算ではなく引き算」の通り、どれだけ意識してもなかなか適量のお手入れって出来ず、たいてい過保護だったり余分なモノが出てきてしまうんですね。だから、どれだけ引いていけるか。
この辺りはあくまで私の中の想いなので、既に靴好きな方はご自身の方法でいつも通りやられたほうがうまくいくと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。