[かぶ] 【PR】EC Technology どんぐりデザイン ワイヤレススピーカーレビュー。小さいけれどそれなりの音量で流せば音の広がりもあるかわいいヤツ。

[かぶ] 【PR】EC Technology どんぐりデザイン ワイヤレススピーカーレビュー。小さいけれどそれなりの音量で流せば音の広がりもあるかわいいヤツ。

スポンサーリンク

最近は多くの製品提供レビューの依頼を頂くのでありがたいのですが、正直追いついていない状態です。それが非常に心苦しく申し訳ない気持ちです。

依頼には2パターンあって、次から次へと新製品を先方から指定頂く場合と、「色々あるから好きなの選んで」という場合です。今回ご紹介するEC Technology社の場合は後者です。

後者の場合は基本レビュー内容に悩むことは少ないように見えるのですが、届いてみたら想像していたものと大分印象が異なったり、面白そうで書けそうだと思ったら予想以上に手強かったりとなかなかこれはこれで曲者だったりします。まぁ贅沢な悩みですね。

今回は非常に幅広い商品ラインナップの中から、EC Technology社としては比較的多くのモデルを出しているワイヤレススピーカーの中でもちょっと異色の製品。どんぐりです。

ポータブル Bluetoothスピーカー EC Technology どんぐりデザイン ワイヤレススピーカー コンパクトなサイズ 可愛い 飾り物 ウッドカラー

今回提供頂いた商品はこちら。

最近では2千円台でもそれなりに「お、この音良いね」と思わせてくれるスピーカーが数あります。手のひらサイズで考えてもOMAKER社やAnker社などが魅力的なモデルを出しています。そうした中で出力3W、見た目はかわいいけれど果たして実力はどうなのか、といった点が気になるところですが、早速試してみたいと思います。

中身も使い方も至ってシンプル。本体での操作は電源ON/OFFと充電のみ。

pr-ec-technology-donguri-wireless-speaker-01

小さな箱に入って届いた今回のどんぐりスピーカー。付属品は充電ケーブルと説明書。最初からスピーカーにはストラップが付いています。説明書は日本語対応。

pr-ec-technology-donguri-wireless-speaker-02

手のひらサイズのかわいいヤツ。

pr-ec-technology-donguri-wireless-speaker-03

前面には電源ボタン(Power button)とIndicator lightがあり、充電中から動作中まで色や点滅等で教えてくれます。

点滅 Bluetoothペアリングモード
点灯 ペアリング成功/音楽再生中
点灯 充電中
消灯 充電完了

簡単にまとめるとこんな感じです。勿論電源OFF時は消灯しています。

pr-ec-technology-donguri-wireless-speaker-04

本体にあるのは後は充電用のMicroUSB端子のみ。操作も電源ONとOFFくらいしかなく、音量の調整等はスマートフォン等で行う必要があります。至ってシンプル。

pr-ec-technology-donguri-wireless-speaker-07

充電中ですが、こうして撮るとちょっと怪しい雰囲気のどんぐりです。

このスピーカーは小音量で聴いてはダメ。あまりに物足りないから。

レビューとしても非常に難しい製品だな、と感じます。製品ページにも説明として

3Wオーディオドライバとパッシブ型サブウーファーにより、コンパクトなサイズから深い音質と重厚なバスサウンドをお楽しみいただけます。音質を犠牲にすることなく小型化を実現します。

と書いてあるのですが、はじめて聴いた時にはあまりの物足りなさに「かわいいだけのスピーカーなのだろうか」と少し残念に思ったのが正直なところ。出力3Wだし、多少「床置き」と「ストラップで吊した」状態で違いがあるかなぁ、というくらいでした。

確かに手のひらサイズで丸みを帯びた本体は引っかかりもなく、ポケットなどに適当に入れて持ち歩ける気軽さはありますし、ストラップでカジュアルなリュックやバックに結びつけても良いでしょう。一瞬スピーカーとは分からないアクセサリー的なところが唯一の魅力かな、と誤解していたくらいです。

ところが、何気なくボリュームを上げたところ、それなりにしっかり鳴ってくれるのです。吊して流せばそれなりの広がりを見せてくれます。最近まで気付きませんでした。これ、見た目に騙されて小音量で数回聴いて「損したな、この程度か」と思ってそのまま使わずにいたら勿体ないかも。

気になる点もありますが、こんなスピーカーと一緒に出かけるのも良いのかなぁ、という製品です。

pr-ec-technology-donguri-wireless-speaker-06

外観から過度の期待は必要ありませんが、基本的にデザインを考えてもどこかに吊して使うのが使いやすいかな、と思います。それなりの音で楽しめます。

唯一気になったのは、スピーカーのそばにスマホを置いて音楽を流していたのですが、時々接続が切れることがあるのです。実際にAmazonでのレビューを見ても、初期不良等もあるのかもしれませんが、中には「6時間の間に19回電源が落ちました。」という方もいるようで、そこはお馴染みBluetooth、相性の問題もある程度考える必要があるかな、と思います。実際にBluetoothのバージョンはBluetooth V2.1+EDRということで、当時は安定しないこともBluetoothの特徴の一つでしたので。

非常にかわいいヤツですので、個人的には先日触れたNIZYU KANOのキャンバスリュックにASUS Chromebook C202SAと一緒に放り込むか、リュック自体に結びつけて連れて行きたいな、と思わせてくれるスピーカー(アクセサリー)です。実際、この製品をレビューに選んだのも、その辺りのイメージが先行していたのが理由です。

過度の期待はせずに、けれどスペック云々ばかり拘らずに、こんなスピーカーと一緒に出かけるのも良いのかなぁ、と思わせてくれる製品でした。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。